サナダ虫 ~解体中~

Go on and fuck yourself

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「砂漠」【小説】

2010年08月14日 | 批評 「読」 
「砂漠」(著:伊坂幸太郎)を読んだ。


麻雀とボウリングと超能力と通り魔と泥棒の対決小説。(何)


感想。

①麻雀牌の絵柄まで載ってるー!

②蛙倒立??

③なんてことは、まるでない。


大学未経験の私から見ると、本当に「大学生!」って感じ。(何)

20歳前後の若者にオススメかな。

無意味で下らない毎日・・ではあるけれど、

彼らは結構トンデモナイ事件に巻き込まれまくっているので、かなり刺激的な毎日だろう。

簡単な叙述トリックもあって、伊坂らしさも窺える作品。

★★★★☆
『小説』 ジャンルのランキング
Comment   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うぷ | TOP | ★シフォンワンピース★ »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

2 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
伊坂幸太郎 「砂漠」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
>入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく―。 いかにも伊坂氏らしい青春小説。 主人公・北...
砂漠 (うませんの独り言)
――その気になればね、砂漠に雪を降らせることだって余裕でできるんですよ 主人公・北村とその仲間たちの大学生活を描いた青春小説。 ...