さなこの日記

5年目に突入したロンドン生活☆
引き続き、そんな日々を気ままに綴っていきま~す!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ついに。。。

2013年07月16日 | ご報告
8月末に、本帰国することになりました 

4年と8ヶ月のロンドン生活、毎日楽しくて、本当にあっという間でした 

帰国まであと少し、最後まで、ロンドンを満喫します 

最近は、例年にないくらい、夏日が続いていて、

私も R も 若干、バテ気味ですが・・・・。

日本に帰ったら、こんなもんじゃないんだ・・と自分に言い聞かせて、

がんばりま~す 


ちなみに、

5年前に持ってきた大量のトイレットペーパーは、どうなったかというと・・・・
5年前の記事

4年目くらいで、底をつき、一時帰国のときに買い足した 

ティッシュボックスも、同様・・・

これらを収納していたスペースは、いまや、ガラガラと思いきや、

それなりに、荷物も増えてるのでぎっしり  (とくに食器類)

これから始まる、引っ越し準備が、憂鬱だぁ・・・・




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

In the Night Garden

2013年06月13日 | お気まま日記
BBCの人気子供番組・In the Night Garden のLIVEに行って来た

毎日、夕方6時半頃から、1日のシメとして流れるこの番組・・・・

なんだかよくわからないキャラクターが、いっぱい出て来るので、

最初は何が良いのか、全くわからなかったが、

子供たちは、なぜか、一瞬にして釘付けになるのだ~ 

子供のツボを押さえてるのだろうね 

でも、毎日見ていたら、私も、愛着が湧いて大好きになっていた 

BUT・・・・

いざ会場に入ると、毎度、親の期待に反して、ヒーヒー泣き出してしがみつく R .....

やめてぇ~~ 何ヶ月も前からチケットを取って、楽しみに待っていたのにぃ~(私が・・

これは、絶対に喜んでくれると思ったのに~~っ 甘かったかしら・・・?! 

SHOWが始まっても、しばし、しがみついていたが、

大好きなキャラクターが出て来ると、さすがに、ヒーヒーは言わなくなり、




少しずつ、体勢も前向きになり、眼差しも真剣に  ほっ 

最後の方には、笑顔で、手を叩いて喜ぶ姿を見て、

あ~~~、来てよかった  と、やっと思えた。。。

記念に買った、このおもちゃ 


R も気に入って、よく遊んでいた、、、、、が、

数週間後に、ワタクシ、踏みつぶして、壊してしまった。。

え~~~んっ、、ごめんなさ~~い 

母さん、かなりショックです 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

再・Whipsnade zoo

2013年06月01日 | イングランド
郊外にある、Whipsnade zoo へ再び 

去年行った時 は泣いて終わったので、今回はリベンジだ~~

ロンドンZOOには、ちょくちょく通っていたので、かなり動物好きになっているはず 

とりあえず、テンションUP のために、大好きな汽車ぽっぽを見せると 


大きな汽笛とモクモクの煙に、びっくり・・・。

ちょっと、近すぎたかな・・・

気を取り直して、大好きな TIGER へ 

ねんね!ねんね! と指を差す  

象さんは、前回同様、癒しのパオ~~~ン 



Rは、初めてのチーター この凛とした姿には、惚れ惚れするわっ

『チータ』って、言いやすいらしく、1発で、連呼するようになった 

でも、同時に・・・・タイガー も チーター になってしまった 

まあ、似てるといえば似てる気もするけど、 水玉か、シマシマか・・っていう違いは大きい 


その後も、どの動物にも興味を持って、真剣な眼差し 
  
来てよかった 




広~~~い園内からの眺めは、ほんとに素晴らしい 

ロンドンから車で40分の場所とは思えないっ

たぶん、ここに来るのは、もう最後・・・・

この景色、、、、忘れるなよぉ~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖水地方2

2013年05月26日 | イングランド
湖水地方2日目  

朝から快晴で、それだけで、気分があがる 


羊さんも、ゆったりとお散歩  


車が近づくと、ちゃんと歩道(羊道?)に、移動してくれた 


う~~ん、これは何湖だったかな・・・ グラスミア湖かな・・・
 

グラスミアの街
 
 
賑やかなウィンダミアと違って、穏やかな自然に囲まれた、小さな村である 

グラスミアと言えば、イギリスの詩人・ワーズワース だそうで、

彼が過ごした家や、博物館が、一番有名な観光名所になっている 

グラスミアで、ランチを済ませた後、車で北上し、宿泊予定のホテルがある街へ 

アルズウォーターという名の湖畔に佇むホテル


湖の周りは、フットパスになっていて、ハイキングをする人も多かった 

私達は、ここで、しばしボール遊び 

車に乗っている時間が長かったので、R も、勢い良く駆け回る 

しかも、今ブームの、石ころ&スワン&水 もあるので、

いつまで居ても、飽きないご様子  私も同じだけど  


自然って、本当に素晴らしい 

とにかく、お天気に恵まれたので、

美しい!美しい!を連発・・・次第には、もう言葉も出ないくらい・・・ 

イギリスの田舎は、どうしてこんなに美しいのでしょう 

まあ、晴れていればだけど 


最終日は、ほぼ帰るだけなので、通り道にあるストーク・オン・トレントへ寄り道 

ウェッジウッドのファクトリーショップ  1ヶ月前にも来たばかり・・

でも、これが最後になるかなぁ・・。

ウェッジウッドさん、、、本当にお世話になりました 

この5年の間に、あなたが増え続けて、もう食器棚はキュウキュウですよ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖水地方 1

2013年05月25日 | イングランド
5月末のバンクホリデー3連休 

来英中の母も一緒に、まだ行った事のない、湖水地方に行って来た 

ピーターラビットが生まれたところでもあり、1度は行ってみたいと思っていた 湖水地方 ではあるが

車だと、4、5時間かかるし、お天気が悪いと、イマイチな印象で終わることもあるようなので

ちょっと足が遠のいたりもしていた・・・・

でも、結論!!!

行って良かった~~~~

お天気に恵まれた3日間で、ほんと~~~~っに、美しい自然を堪能できたのであ~る 

まず、初日は、湖水地方の入り口と言われる、ウィンダミアへ 

動物好きのR が、さぞ喜んでくれるだろうと、早速、ピーターラビットの展示館へ 
(THE WORLD OF BEATRIX POTTER ATTRACTION)


ディズニーランドのアトラクションのような感じだけど、歩いて回る 
  
そこで、R さん、まさかのヒーヒー泣き 

えっ・・・ うさぎさんだよ? ダックだよ??

抱っこしても、一向に泣き止まないので、仕方なくテラスに避難。。。

そういえば、ディズニーランドでも、ピノキオや IT'S A SMALL WORLDで泣いていた 

要は、狭い空間で、何かを見るのが嫌なのね。。。

せっかく喜ぶと思ったのに~~っ 親の心、子知らず 

でも、R からしてみりゃ、子の心、親知らず・・・なんだろね 

気を取り直して、 一番有名な、ウィンダミア湖へ 

湖水地方というだけあって、大小沢山の湖が、点在しているのである 

スーワーンーっ

石ころで、しばし、遊ばせてから

蒸気機関車を見に、少し車で移動  でも、ここもウィンダミア湖 

来た来た! シュポシュポ~~~~!!

最初は、喜んでいたが、乗れないとわかると、ウェーーーンっ 

ごめんなさいね 

しかし、本当に、綺麗 


湖水地方も、ブルーベルが、あちらこちらで満開で、

今年は行きそびれた!と、思っていたから、嬉しい 


1泊目の、ホテルに到着  

窓を開けると、そこは、川 


  
この旅行は、かなり直前に決まったので、ホテルを選ぶ余地は、ほとんどなく

どんなホテルなのか、若干不安だったけど、

雰囲気もお食事も、なかなか  でした~

明日も晴れますように~~~ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マナー・ハウスにお泊まり  

2013年05月18日 | イングランド
来英してきた母と一緒に、ウィンザーにある マナー・ハウスへ1泊旅行 

昔は貴族の邸宅だった マナー・ハウス  一度は泊まってみたいと思っていたので、ワクワク   

どこに泊まろうか、とっても悩んだが、多くのマナーハウスは、

週末は最低2泊以上 という決まりがあったので

1泊でも泊まらせてくれる、オークリー・コートに決定 


テムズ川沿いに佇む、この古めかしい外観は、ドラキュラの撮影にも使われたという、


早速、アフタヌーンティーをするべく、ティールームへ 

とっても優雅なお部屋で、この空間にいられるだけで、幸せ  

しかも、R もちょうど寝てくれた  シメシメ 
 
3段トレイのお皿が、全部違う柄で、見ていて楽しかったな~

お味は、まあ普通  スコーンは、通常の倍くらいの大きさで、1個食べるのもやっと・・・。

ケーキは、結局、手をつけなかった (あまり惹かれる感じのものでもなく・・・)

母と私がアフタヌーンティーをしている横で、出張帰りの J は、ビールとオイスター 

これはこれで、美味しそう~~~ (私は食べられないんだけどね・・・)

食後は、お庭をお散歩 


思いもかけず、ブルーベルに出会えた  今年はずっと寒かったから、例年より遅いね 


広いお庭では、ボールを追いかけたり、テムズ川を通る、多くのボートにバイバイしたり、

白鳥やダックに餌をあげたり、R の大好きなことが沢山できた 




お庭で2時間近く過ごした後は、ディナータイム 
  
噂通り、とっても美味しいお料理で、R もパクパク  お豆、大好物なので・・・ 

朝食も同じ場所だけど、お外が明るいと、また違った雰囲気 

ピンクのハイチェアに座ると、なんだか、可愛らしく見えるなぁ。。。。

一瞬、女の子のママになった気分を味わえた 

憧れのマナーハウス  アフタヌーンティーもできて、ゆったりと過ごせた 一晩だった 

1つ、ちょっと気になったのは・・・・

客室は、あのメインの建物ではなく、離れにある長屋だったこと。。。。

昔の使用人達のお部屋だったのかな 

もちろん、お部屋の中は、豪華にできているのだけどね 

ひひ~~~ん 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーフードリゾット

2013年05月07日 | お料理教室
5月のお料理教室 

徐々に、R も預けられるのに慣れてきて、こちらも集中して楽しめるようになった 

前菜は、スモークドマカレル・パンチェッタとウォータークレスのサラダ 

こちらではポピュラーな、サバの燻製と、

パンチェッタ(ベーコンのようなもの)とクレソンを合わせたサラダ 

サバとパンチェッタは、油分が多いので、ドレッシングは、酸味の効いたもので、さっぱりと 

食べ応えのあるサラダだし、とっても美味しい 

メインは、 シーフードリゾット 

あさり、えび、ホタテが入っていて、シーフード香が高い 

決めては、サンドライトマトが入っていることかな! 味が引き締まる 

はろ~エビ君 

お隣に座っていたお友達が、エビが苦手だったので、その子の分もパクパク 

デザートは、 マンゴ&ラズベリー クランブル 


クランブルは,フルーツに、生地をふりかけるだけなので、本当に簡単で、しかも、美味しい 

アイスを添えて、温かいうちに頂きます 

これまた、お隣に座っていたお友達が、お腹いっぱいになってしまったというので、

その子の分も、パクパク 

あ~~~、美味しかった  さすがに、満腹 



5月は、いまいち、快晴の日がなかったけど、

少しずつ 暖かくはなっている  
(でも、ブーツを履く日もあったけどね!!!)

そんな中、久々にリージェンツパ-クに行くと、

芝生が、お花畑になっていた~~~

遠くから見たときは、花びらが舞っているのだと思ったが

よくよく見ると、小さいお花が、一面に咲いている 

歩くのをためらってしまうよ~~っ

鳥さんみたいに、軽ければいいけどね。

Rも・・・・・まあ、よし 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

熱性けいれん

2013年05月06日 | お気まま日記
『熱性けいれん』 

育児書には、必ず書いてある、この症状・・・・。

さらっと読んではいたが、まさか、自分の子がなるとは・・・

朝はとっても元気だったのに、お昼頃から、熱が出始め、あっというまに、40度 

解熱剤を飲ませたが、それが効いてくる前に、けいれんは、起こった 

夕方6時、寝かせようと思って、抱っこしていたら、

突如、白目をむいて、唇まで青ざめてきた R  

何か、おかしい!!!あっ、あっ・・・どうしよう!!!! と狼狽えていると、

硬直しながら、手足をビックビックさせてきた。

あっ、これは、あの、けいれん??? と、思いつつも、対処法がわからない 

それよりも、「このままだと、死んでしまう~~~っ!!!!」という恐怖でいっぱいで、

すぐに、救急車(999)に電話 

でも、気が動転して、何も言えない。 ひたすら、エマージェンシーと叫び続けたが、

こりゃ、私には無理だ!と思い、J に電話 。

「 R がなんかおかしいから救急車呼んで!!!!!」とだけ言って、電話を切り、

裸足で家を飛び出して、同じマンションのお友達のお宅を、ドンドンドン!

たとえ、救急車がすぐに来ても、もう間に合わないのではないか?! というようなマイナスな思いでいっぱいで

やだやだ!!助けて!助けて!!! と、叫び続けていた。

すると、J から、折り返し電話があり、

「よく考えたら症状もわからないのに、救急車は呼べない」と言い出す 

 どこまで冷静なわけ? とりあえず何でもいいから呼んで~~~っ

と、怒り狂っていると、

少しずつ、 R の意識が戻って来た 

「あ~~~、よかった・・・とりあえずよかった・・・」

お友達にもお礼を言って、一度、家に戻ると・・・

 お巡りさん2人が、我が家を捜索中・・・・

・・・・あれ??? もしや、999 ちゃんとつながっていた???

こちらのエマージェンシーコールは、110番も救急車も一緒なので

電話をかけたら、まず、「アンビュランス、プリーズ!」 と、言わなければならないことは、知っていた 

それを言わずに、ひたすら、叫び続けていたから、お巡りさんが来てくれたのだ。

ドアは開けっぱなしで、無人の家・・・・。きっと何かの事件と思ったことでしょう・・・。

でも、状況を説明すると、救急車を呼んでくれるとのこと 

それにしても、約5分程度しか経っていないのに、随分早い 

しかも、私は名前も住所も言っていない。

家の電話でかけてよかった!!!!

救急車を待っている間も、冷たいおしぼりを持って来てくれたりと、何かと親切なお巡りさん。

私も、だいぶ冷静になってきていたので、

土足で上がりこんでいるお巡りさん達を見て、(仕方がないのだが)

日本だったら、こういう時、お巡りさんは靴脱ぐのかな~~? なんてことを考えながら、

さらに、

待てよ??? もしかして、このお巡りさん達、偽警官だったら、どうしよう???

なんていう疑惑まで湧いて来て、

とりあえず、目につく貴重品は、さりげなく、片付けたりしてみた 

なので、「救急車が来るまで、上のソファで座っていていいよ」と言われたが

彼らのそばを離れるのが嫌だったから、「こっちの方が涼しいから、ここでいいです 」と、

階段に座って待つ私・・・・。

どこまで、疑い深いんだか・・・・

結局、30分くらい待たされたが、無事に、病院まで連れて行ってもらった 

R も、私も、初めての救急車である。

本当にありがたい  

R は、その後は、けいれんを起こすことはなかったけど、

今までの人生で、最大の恐怖の5分間だった 

もう少し、救急の対処法をリマインドしておかなければ・・・・。

『けいれんが起きている間は、あまり動かしたりせず、冷静に観察していましょう』だそうだ・・。

思いっきり、抱きかかえて、走ってしまった 

いやいや、あの状態を、『初めて』目の当りにしたら、

冷静でいるなんて、絶対に

無理  無理 









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリトヴィッチェ国立公園 

2013年05月05日 | クロアチア
2日目は、いよいよ、プリトヴィッチェへ 

残念ながら、雨の予報は変わらずで、朝から雲行きは怪しかったけど、レッツゴー 

ザグレブからは、車で2時間弱かかるので、早起き早起き 

到着すると、いきなり、こんな景色で、テンションあがるっ 

200㎢の中に、大小16の湖と92カ所の滝があるという、と~~~っても広い公園で

回り方は何コースかあるのだが、私達は5時間コースで行く事に 

ちなみに、道はこんな感じで  ちょっとした山道もあるので、バギーは厳しいし、

かといって、5時間も歩ける体力は、R には無いので

おんぶで行くしかない   しかも、私が・・・・

この時期、またママっこぶりがひどくて、J ではダメだったのである・・・・。

しかも、帽子を嫌がってかぶらないから、傘を差すしかしかなく、なんだかややこしい 

では、ここからは、頑張って歩いた道のりを、ざざっとご紹介 

雨でも、こ~~~~んなに美しいエメラルド 

晴れていたら、一体どれだけ綺麗なんだろう?!

お魚も見えるよ 


頑張れ、私 


階段は、かなりきつい・・

しかも、長い~~~

ファイト  私 


最近、ほとんどおんぶなんてしないので、かなり飽き気味の R


でも、滝の迫力には、目が釘付け 


途中、遊覧船にも乗ったり、ランチをしたりで、あっというまの5時間 

最後には、さらに素晴らしい景観が待っていた 




久しぶりに、こんな大自然に触れたな~~

お天気はちょっと残念だったけど、来てほんと~~~~っによかった  と思える場所だわ 

おススメしてくれた、お友達に、感謝感謝です 

そして、私、頑張った  自分でほめちゃうよ 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザグレブ

2013年05月04日 | クロアチア
5月最初のバンクホリデーは、クロアチアの首都・ザグレブへ 

目的は、世界遺産の『プリトヴィッチェ湖群国立公園』 

お友達に『すご~~~~~く良い!!!!! 絶対行くべし!!!』と強く勧められて、

帰国前に行っておきたい場所 ナンバーワン に入っていた 


しかも、今回は、嬉しい事に、超仲良しのお友達と旅の行き先が重なり、

一緒に、旅行することができたのであ~る 

ロンドンから、ザグレブまでは、飛行機で2時間弱 

お昼頃に、ザグレブの市内に到着して、ざっくりと観光 

でも、とりあえず、ランチから 
  

ハンガリーでよく食べたグヤーシュがここにもあった 


これは、シュトルクリ

小麦の生地にチーズをはさみ、サワークリームをかけ、オーブンで焼いたもの 

どれも、素朴なお料理だけど、とっても美味しい 

R は、眠いのもあって、グッズグズ。。。。。たまたま隣りに、公園があったので、助かった~~



街中は、トラムが、結構なスピードで走っている 

電車男は、大喜び 

最近は、水も大好きである 
 
「みーみー

ちなみに、ミルクもミーミー、お耳もミーミーだから、紛らわしい。。。。

夕ご飯は、伝統料理が頂けるレストランへ  

あれ?観光は??? って、感じだよねぇ・・・・

実は、ランチのあと、Rが、わりとすぐに寝てくれたから、

カフェのテラスで、ずっと読書をしていた 

R のお昼寝中は、私達も、リラックスすることにしているので 





 
クロアチア料理、なかなか美味 

夜の街は、お昼間より活気があって、賑やか 



初日は、良いお天気だったなぁ~~~

いよいよ、明日は、プリトヴィッチェ 

晴れてくれますように  (予報は雨・・・・)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スイス~氷河特急の旅~

2013年04月27日 | スイス
旅行続きの4月・・・

最終週末は、氷河特急を乗りに、スイスへ 

2泊3日、電車三昧の旅なので、R もきっと喜んでくれるだろう  と、期待をこめて 

ロンドンから、チューリッヒに入り、そこから、早速、1時間ほどの列車移動 
 
それまで曇っていた空が、途中から急に晴れて、

おっ~~っ!これぞ、スイス 


14時過ぎには、Chur(クール)という街に到着 


翌朝、ここから氷河特急に乗るので、今晩は、この街にステイ 

クールは、『イタリアからのアルプス山脈を越える峠道の集まる地点』らしいので、

この街を目的に来ている人は少ないが、中継地点として宿泊している人が多いような印象を受けた 

そんなわけで、特に観光をする所もないので、ぶらっと街を一周して、

パブで、休憩  

そして、場所を変えて、ディナー 

トラディショナルなお料理を3品  


メインは、形状こそ違うが、どちらも、クリームベースで、

具も大体一緒(ほうれん草にベーコン)だった。。。でも、とっても美味しい 
 
味も、濃いくらいにしっかり 

2日目 いよいよ、楽しみにしてた氷河特急 


車内は、景色がよく見えるように、窓が大きくなっている 

クールから、BRIG(ブリーク)という街まで、4時間の旅 

スイスワインでカンパ~~~イ


残念ながら、曇り空だった・・・・。


トンネルを出ると、一面真っ白で、眩しくて目が開けられないほど!!!


ランチは、食堂車に移動して、また違った雰囲気 



4時間なんて、長~~~い  と思っていたが、意外にあっという間 

喜んでいた R も後半はずっと寝てくれたので、私ものんびり、車窓の景色を堪能できた~(曇りだけど・・・)


到着した街・ブリークは、クールよりも小さい 



R が遊べるところを探しつつ、街を散策 
  
遊べる場所は、これくらいしかなかった 


レストラン探しも兼ねて・・・フムフム 
 

夜は、こちらで
 

今が旬の ホワイトアスパラ に、チーズフォンデュ 
 

3日目   夕方のフライトでロンドンに戻る予定だったので、

15時くらいまで、・・・・何しよう ?? ブリークにはいられないね~~ ということで、

電車に乗って、ツェルマットへ  (お天気微妙~~

マッターホルンに憧れて、多くの人々がやってくる街・ツェルマット 

もちろん、私達も一目でもマッターホルンを見たい  

ただ、時間的に登山列車に乗って、近くまで行くのは無理なので、

ツェルマットから見えるところを探すしかない~~

とりあえず、観光案内所に行くと,

妙高の時間を差した時計が  姉妹都市なんだね~~~。

しかも、街並は、なんだか日本の温泉街のようで、日本語も溢れていた 
 
カレーライス、一皿1500円! の看板もあったりで・・・。円、使えるの?!

こんな神社も 


想像してた街と、全然違ったが、なんだかちょっと懐かしくなる街だな~~~


結局、マッターホルンは、う~~~すら見えたのだけど、

雨も降って、空も曇っていたので、写真には写らなかった・・・・

帰りも、また2時間以上、電車の旅 

今回は、過去の例に無いくらい、歩かない旅行だったので

体もとっても楽チンで

しかも、R も体調も悪くならず、ご機嫌でいてくれたので、助かった 

列車の旅・・なかなか良いぞ 

ますます、電車男になってきている、R でした~~

『でぃ~~~んしゃ! でぃ~~~んしゃ! 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

春到来~桜~

2013年04月26日 | お料理教室
4月中旬、ようやく、春らしい陽気になってきて、近所の公園の桜も、満開に 

毎年思うけど・・・まさかロンドンでこんなに桜が見られるなんて・・・っ

久々の快晴の中、リージェンツパークへ行くと、

あらまぁ~~~綺麗っ


「ダック!ダック!」と、近づいていく R (ダックじゃないけどね

しばし、睨み合いタイム 


春らしくなったとはいえ・・・・曇っていると、なんだか寒々しいのが、こちら 

久々にロンドンZOOへ 

はっきり『きぃりぃん!』言えるようになった、キリンさんとご対面 

あ~、キリンって、ほんと可愛い 




でも、いちおう、春らしい陽気だった4月末、楽しみにしている、お料理教室へ 

前菜  フレンチ・オニオン・タルト

パイ生地が、ぽろっと崩れるくらい、とっても薄~~~い  

チャツネを添えると、より美味しい 

メインは、 チキンのアーティチョーク包み 
 
アーティチョークとハムを、チキンのムネで巻いて、オレンジ・バルサミコソースをかける 

手が込んでいそうに見えて、実はとっても簡単で、見栄えのする一品 

こういう,メニューはとっても助かるわ~

この日は、付け合わせに、ロスティーポテト  

スイスの代表的な じゃがいも料理で、こんなに感じに すりおろしたポテトを

たっぷりの油で、ジューシーに薄く焼き上げる 

間違いなく、美味しいよね 


デザートは、珍しくさっぱり系の、 フローズン・ソヤ・ヨーグルト

マカダミアナッツクッキーと一緒に 

前菜・メインが、わりとしっかりめだったので、

デザートは、これくらいでちょうど良い感じかな  お口もさっぱり~

さて、前回は、1時間泣き続けた R ・・・・、

今回は、このお宅に向かう途中から感づいて、

家の前に着いた時から、ウェ~~~ン  (よく覚えてたね。。

でも、15分くらいで泣き止み、その後も、泣き声はほとんど聞こえなかった~~~

家でも、シッターさんに預けることが、何度かあったので、

だんだん慣れてきたかな? 

とはいえ、再会した時は、まだまだ、うぇ~~~ん!と泣いてくれるけどね 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーク

2013年04月13日 | イングランド
4月の2週目の週末は、ロンドンから北に向かって、車で約3時間の街、ヨークへ 

城壁に囲まれた、歴史を感じさせる、中世の街並 

イギリス最大のゴシック大聖堂があることでも、有名な街である 

こちらが、そのヨーク・ミンスター 

カンタベリー大聖堂に次いで、英国で2番目に格式が高い教会らしい 

でも、私達の一番のお目当ては・・・・

国立鉄道博物館

電車男にはたまらない場所である 

親の期待通り、中に入るなり、『でぃんしゃ!でぃんしゃ!』と叫び通し 
  
広い上に、それほど混んでいないので、自由に走り回ることが出来て、大興奮の R さん 

もちろん、大人にとっても、興味深いものばかり 


ミルクのタンク  こういうものも、昔は列車で運んでいたのね 


食堂車 の食器  これまた可愛らしい 


あれ?? ワンワン・・・・


展示されいてる列車に挟まれて、カフェがあるので、ここで休憩 



そして、新幹線コーナーへ 

この新幹線、中にも入れるようになっていて、

乗ってみると・・・・

そこは、日本だった 不思議な事に、匂いまで、日本の新幹線の匂い 

こんな文字を見ると、ちょっとホッとする 


外に出ると、汽車ぽっぽが、ちょうど発車直前 

汽笛を鳴らして、モクモクと動き出した汽車ぽっぽに、びっくりしてヒーヒーな R

ちょっと、間近すぎたかな 

いや~~~、それにしても、こんな素晴らしい博物館が、無料だなんて、、、

本当にありがたいことである 

コベントガーデンにある、トランスポートミュージアムよりも、規模は断然大きいので

もっと、近くにあったら、なお良いのに・・・


なので、せめて、お土産でも買おう  ということで、

トーマスの絵本10冊セットを購入 (半額だったしね

早速、夕食の時、読書タイム 
 
とても落ち着く雰囲気のパブで、夜でも子供OKだったので、助かった 


翌日は、朝9時から、あの Betty's へ 
 
ヨークで最も有名な、老舗のティールームである 


何店舗かあるのだけど、前日の午後に来た時は、どちらも行列だったので、お土産だけ買って退散 

でもちょうど、今回は、ホテルのブレックファストをつけていなかったから

朝食タイムを狙って行ってみると、

開店前から、列はできていたが、オープンと同時に入れた !  わ~い 


朝から、アフタヌーンティーも頂けるようだったけど、朝食気分だったので、

普通にサンドウィッチ 
 
お味も、普通  

で、もちろん、これだけじゃ足りなくて、パフェを追加 

(フルーツたっぷりのパフェは、フルーツのほとんどが、R のお腹に。。。)


『ヨークと言えば、大聖堂とBetty'S 』言われるくらい有名なティールームで、
(・・勝手に思っているだけかもだけど)


ずっと行ってみたいと思っていた所だったので

実現できて、ヨーク滞在は、もう大満足 


帰路のドライブに備えて、R のお散歩 

水仙がちょうど綺麗だね  

今年は寒いからねぇ。。。。。 

4月だけど、ダウンを着たいくらいの気候である 

春よ~~~ こいっ 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Dior cafe

2013年04月10日 | お気まま日記
ハロッズにできた、期間限定の Dior の展示場 
 

なかなか、興味深い 
  

でも、一番のお目当ては、併設されている、Dior Cafe

予約なしで行ってみたら、案の定入れなかったので、いつなら空いてるか?と聞くと

翌週なら空いている  とのことだったので、

数日後、再び、ハロッズへ 




雰囲気は、結構カッチリだったけど、ハロッズなだけに、観光客も多くて、

ちょっと、ホっ  

とはいえ、かなり落ち着きの無い R なので、

サクサクっと頂いて、早々と退散。。。。

寛ぐのは、やっぱり、すぐ隣りにある、ディズニーカフェ 

前の週に来た時も、ここでお茶をしたので、

立て続けに、ミッキーの耳が増えた  5個目?!


ハロッズに行く時は、大抵、通り道のハイドパークを、お散歩  (4月だというのに寒々しい)

いっぱい歩いて疲れて頂かないと・・だからね 

この直後・・・・

鉄棒のように、前回りをして、顔面から芝生に落ちたのでありました。。。

チャンチャン 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

トーマスに会いに!

2013年04月06日 | お気まま日記
最近、かなりの電車男になってきた R の為に、『トーマスに乗ろう!』 イベントに行って来た 

今回の場所は、イングランド南部のウィンチェスター に程近い、ALRESFORD という街  
 
トーマスの絵本から出て来たような、可愛い駅  

この街にある、MIDHANTS RAILWAY (WATERCRESS LINE )が、昔ながらの蒸気機関車を残して行こうという目的で

年中、色々なイベントを期間限定でやっているのである。

トーマスはその中の1つ  

£15 のチケットは乗り降り自由なのだが、私達はとりあえず、

端っこの ALTON駅から乗り込み、もう1つの端っこの ALRESFORD 駅まで行く事に  

終点から終点まで乗っても、40分くらい 

乗り込んだ汽車は、トーマスではなく、顔は見えなかったけど、たぶんこんな感じだと思われる 
 
(すれ違った汽車)

でんしゃに夢中の R


トーマスに乗ることができるのは、途中の ROPLEY 駅 にて 

トーマスは、この駅で、100メートルくらい走って、またすぐにバックして戻ってくるのである。

沢山の人を乗せる為に、短距離を行ったり来たりしてるのね 


私達は、それを上からずっと眺めていた  (つまり、実際はトーマスには乗っていない・・・

でも、大興奮の親を見て、それまでは、トーマスにはあまり興味がなかった R も

ポッポーと指を差して、楽しそうなご様子 

他にも、いろんな 仲間がやってきたりするので、とっても楽しい 



この場面に、J は釘付け 


日帰りだと、バタバタして忙しいかと思い、一泊の予定で来たのだが

14時頃には、元の駅に戻ってきたので、日帰りでも余裕だったわ~~ 

でも、せっかくなので、ここからさらに南にある、ポーツマスへ行ってみる事に  


イギリス海軍の軍港がある街  あの、ポーツマス条約が結ばれた所だもんねっ 

海がきっらきら 


嬉しい事に、アウトレットがあったので、しばしショッピング 

そこにあったバスの乗り物に乗って(動いていない状態で)、とっても喜んでいたので、

ならば・・・と、お金を入れてあげると・・・

動き出した瞬間から、おお~~~~泣き 

よって、動いている空のバスを、抱っこされながら眺める・・・という結果になった 

う~~ん、、まだ早いのかな。。。

夜は、ALTONに戻り、ホテル近くの パブでディナー


パブといっても、ダイニングルームはかなりカチっとして雰囲気で、
 
 出て来るお料理は、バリバリ、フレンチ   (店員さんもフランス人の方)


これは、COQ AU VIN

赤ワインでした作ったことがなかったから、白いものが出て来て驚いた~~~

白ワインでも作るんだね 

かなり、美味しかった 

こんな田舎街で、こんなに美味しいお料理が頂けるなんて、

イギリスも、なかなかすごいぞ 



翌日は、J の希望で、アランドルへ  

何が目的かって・・・・

2年前に買いそびれた、アンティークのカメラを、今度こそ購入する。。。らしい。。。。

で、無事に、戦前のカメラ(1930年)を手に入れた・・・・。

フィルムを入れれば、まだ使えるかも・・との事だが、一体そんなフィルムをどこで手に入れるのか 

まあ、飾っておくだけだね・・・

J が アンティークショップにいる間、R と私は 川辺でまったり 


やっぱり、この街、好きだわ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加