エコバッグ・レジバック・作り方

・エコバッグ・レジバッグ 新着ニュース 2008-04-13

 使う側の視点でデザインすれば、利用率と意識も高まるだろうという発想ですね。

 松山市のスーパー、フジでは学生さんがデザインした1)レジ袋タイプのエコバッグ・レジバッグ、2)レジかごにセットできるタイプのエコバッグ・レジバッグを販売開始したそうです。

 取り組みとしては良いと思います。

 ですが、ショッピングを楽しんでもらおうとする視点から言えば、スーパー側がデザインしたエコバッグも同時にリリースして、継続的に改善を続けて欲しいとも思いました。

 ショッピングを楽しむのはお客様ですから、お客様自ら工夫をするのも楽しいものです。ですが、ショッピングを楽しんでもらおうという姿勢をお店側もアピールする良い機会だったと思います。

 そして、今に留まることなく常に使いやすく楽しいバッグやショッピングスタイルを提案し続けて行きますよ!という取り組みを常に示してくれたら、ますますお客様も楽しみを見出せるようになると思います。

 そうすることで「エコ」という言葉を意識せずに、「便利になりたい」、「心地良く暮らしたい」という「お客様が一番期待しているシンプルな欲求」を自然な形で満たして行けるようになると思っているのですが。

 正直な感想としては、本サイトで紹介したいと思えるエコバッグ・レジバッグではなかったことが、私としては一番残念なことでした。



引用:Yahoo!ニュース
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200802140319.html

学生特製のエコバッグ発売 '08/2/14

 スーパーのフジ(松山市)は13日、学生がデザインした2種類のエコバッグの販売を始めた。携帯型とレジかご対応型で、若い世代も持ちやすいデザインにして買い物袋の持参率を上げ、レジ袋の削減を図る。フジグランやヴェスタの各店で取り扱う。折り畳みに便利な携帯型は縦37センチ、横45センチ、幅17センチ。レジかご対応型は縦27センチ、横44センチ、幅30センチ。商品を入れるかごにそのままセットする。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

究極の芸術品 エルメス/Hermesのブランド・バック 専門サイト

・エコバッグ・レジバッグ 新着ニュース 2008-04-12

 昨年以上に、レジ袋の削減・撤廃に向けた取り組み、政策が強化されていますね。楽しんで自ら実行できるように仕向けてもらった方が良いのになぁ。

 どうして、上から見下ろすようなやり方をするんだろう。

 楽しく使いましょうよ。素直に。自分達から。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000098-mailo-l21

各務原市:環境問題に本腰 温室効果ガス削減へ、市民推進本部設立 /岐阜
4月12日13時1分配信 毎日新聞


 各務原市は11日、市民、事業者、行政が協働して温室効果ガス削減などの環境問題に取り組む「環境行動都市市民推進本部」を設立した。温室効果ガス(二酸化炭素)の削減、ごみの再資源化率アップなど、市内のすべての立場の人と団体を巻き込んだ環境行動都市を目指す。
 この日、市役所で自治会や各種団体、企業などの代表者ら32人が第1回会合を開いた。本部長に森真市長、副本部長に三丸文也市会議長、星野鉄夫・各務原商工会議所会頭、自治会連合会の中村勝一会長の3人を選んだ。
 09年3月までに温室効果ガスを3484トン削減することを目指し、紙ごみの100%リサイクルやレジ袋有料化、不用品リユースマーケットなど55施策を行っていく。また、全市民と企業に具体的な行動目標を盛り込んだ環境チャレンジ宣言をするよう求める。
 5月18日には、環境行動都市の実現に向けた「環境行動都市市民推進大会」を開催。市民やボランティア団体、企業、行政が参加し、地球環境保全に向けた共通認識を持つための環境宣言をする。【宮田正和】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

究極の芸術品 エルメス/Hermesのブランド・バック 専門サイト

・エコバッグ・レジバッグ 新着ニュース 2008-04-08

 タイガースファンでなくとも使いやすい、落ち着いた新しいデザインでエコバッグ・レジバッグが新規リリースされました!

http://www.afpbb.com/article/pressrelease/contribution/2369825/2775876

 以前からタイガース・モデルのレジかごバッグの存在は知っていたのですが、何せ私、野球はあまり興味が無くて・・・。



 でもこれなら気軽に使える落ち着いたデザイン。レジかごタイプだから見逃せません!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

究極の芸術品 エルメス/Hermesのブランド・バック 専門サイト