さなだアセスメント!

真田自治州の別館。
レビュー内容へのツッコミ・コメントは Twitter @sanada_noriyuki にどーぞ。

きららキャラット No.142

2017-07-31 02:22:59 | きららキャラット
>リアルのお仕事が忙しくて更新できる気がしないので、雑感のみの予告だけ。
>本更新は 30 日頃になるんじゃないかと。


30 日の 26:30 更新だからセーフ!(アウトだよ)

冗談はさて置き、先月号のキャラットレビューをば。
きららキャラット142号(2017 年 8 月号)の表紙は、NEW GAME@得能正太郎。
メインとなっているのは、ひふみん+紅葉のおっぱいコンビ。おっぱいキャラに水着を着せるのは反則っしょ(笑)
青葉も端っこの方にちょっとだけ顔を出してるんだけど、今回は前に出さないのが正解かと。



☆今月のビッグ・スリー!
 ・まちカドまぞく(伊藤いづも)
 ・キルミーベイベー(カヅホ)
 ・エクソシストと首輪の悪魔(池内たぬま)
 
 今月号のビッグ・スリーは以上の3作品。
 次点はなるのさん:ノナとパルムがじゃれついている絵が眼福すぎてつらい(ぁ
 アリス、ういんどみるの2作品から終了コースの雰囲気が出ているのが気がかりっちゃ気がかりか。
 
 
 @まカドま
  前号の振り返り:優子、ミーツ、桜さん(※雑な説明)
  
  桜と会ってコレで解決かと思いきや、まさかまさかのヘビーな展開。
  優子にかかってた呪いって、ガチで重い奴だったんだねぇ……と再確認させられた感がある。
  もっとも、当人たちがあっけらかんとしているので、ヘビーさはだいぶ薄まってはいるんだけどね。
  
  そして今月号では、もう1つ重要なイベントを消化。
  いやー、このタイミングで桃を×××させるとは思わなんだ(※ネタバレ防止のため伏字)
  このシーンで優子が発した「意味が分からない!」というツッコミが笑いのツボに入って危なかったわ(ぁ
  
  ところで、思いっきり話題転換になっちゃうんだけどさ。
  今月号もキャラ紹介に杏里がいるのって……やっぱ、例の考察は正しかったってオチなんだろうか。
  ……担当さんのうっかりミスだったら、伊藤さんは担当さんを土に埋めた方が良いと思うよ(笑)
 
 
 @キルミー
  やすなが懸賞で粘土を当てたってコトで、粘土をネタにアレコレ。
  
  中盤までも十分面白かったんだけど、この話の真骨頂はやすなが粘土を纏う後半から。
  ……自分で書いていて「粘土を纏うってなんやねん」となったのはナイショだぞ(ぁ
  
  もうね、やすな(粘土装甲)VSソーニャ(粘土装甲)の図がアホ過ぎてどうしようもない(笑)
  一応ソーニャのツインテールが出てるから個体識別できるけど、パッと見、どっちがどっちか分かんないもん。
  粘土装甲を纏い、目元だけ光らせながら肉弾戦に挑む絵……あれ、私が読んでるのってキャラットだよね?(混乱)
  
  そして、この大オチである(笑)
  この「カキーン」という効果音の描き方を含め、ギャグまんが的にはお見事としか言いようがない。
  思いっきり笑わせてもらって大満足:なんだかんだ、ポテンシャルは高い作品なんだよなー。
 
 
 @エク魔
  アルマ、ついにおかしくなる(ぁ
  
  2ページ目から始まる、怒涛の「白アルマ」ラッシュ。
  屈託のない笑顔でのあいさつ、妙に女性的な物言い……もう、完全に「誰だお前」状態なのですがそれは。
  秀翔が思わず「頭のねじ外れたの?」と言ってしまうのも分からいでか。
  
  この状態には使い魔(コウモリ)もガクブル……かと思いきや、割と受け入れちゃってるっぽい。
  まあ、アルマも基本的に美人さんだし、あの笑顔を見せられたら堕ちてしまうのはしゃーない(笑)
  
  なお、アルマが変になった原因は風邪だった模様。
  病気の時って割と素が出やすいので、もしかしてコッチの方が素だったりするんだろうか。
  だったら常に病気モードでいた方が読者的にはありがたい……いや、なんでもないです(ぁ
  
  ところで、この話の萌えポイントは、終盤に秀翔がデレたシーンって理解でおk?(笑)
  アルマのちょっと意識したようなリアクションも秀逸:ラブコメとして一歩関係が進んだ感があるね。



☆アテンション!
 ・リラのお菓子な魔法(路那)
 
 今月のアテンションは、リラのお菓子な魔法@路那。
 
 個人的にメッチャ好きな作品だったので、6月号の最終回告知はマジでショックだった。
 レビューが遅れたのも、このショックのせい……ってコトにしたらダメっすか?(ぁ
 
 
 @リラ魔
  予告通り、今回で最終回。
  他誌への移籍も、単行本化もナシ……なんでや!
  
  最終回はトラブルシューティング的な内容で、この作品らしいお話で〆た印象。
  背景がちょっと白っぽかった点を除けば、概ね手堅くまとめてきたなーってのが率直な感想だろうか。
  リラの記憶喪失は解決できなかったものの、ポジティブに、後味よく終わらせた感のある最終回だった。
  
  うーん……この最終回だけ見ても、なんで打ち切られたのかがよく分からんね。
  少なくとも、全8話で終わってしまうような作品のクオリティじゃないと思うんだけどなぁ。
  まあ、憶測でアレコレ語ってもしゃーないんで、必要以上の考察は避けるけど。
  
  とにかく、この短期連載で路那さんの作風は堪能できたから、個人的には「次」に期待したいトコロだ。
  コレはお世辞でもなんでもなく、次回作に期待したいね。



☆CO-HYO!
 安定はしているんだけど、なんか物足りない印象。
 要するに「いつものキャラット」なんだけど、特別定価の割には……ってなカンジ。
 せめて、まりスケがもーちょっと持ち直してくれたら良いんだけどねぇ。
 
 愚痴はこれぐらいにして、新連載+最終回レビューをば。
 
 新連載の1本目は、正義ノ花道@ウロ。
 変身ヒーローもの+学園ラブコメという設定で、割とカオス路線の作品といえる。
 のっけから謎の美少女(?)が「あなた、ヒーローになりなさい」とか言っちゃうのは実にイイ(ぁ
 ただ、肝心の悪役があまりに小粒で、今ひとつリアクションを取りづらいのが難点かなー。
 いっそのこと、対抗馬として「暗黒科学部」的な組織を出すのもアリなんじゃないだろうか。
 
 新連載の2本目は、ふじょ子とユリ子@モル。
 腐女子と、その腐女子に恋をする女の子というコンセプトの作品だ。
 絵はカワイイしストーリーの組み立ても悪くないんだけど、今ひとつパッとしない印象があるんだよねぇ。
 メインキャラ2名に固執せず、別属性の新キャラを2~3人ぐらい足した方がベターなのでは。
 
 一方、リラのお菓子な魔法@路那が今月で最終回。
 書きたいことはだいたい「アテンション」で書いちゃったので、これ以上は何も言うまい。
 他誌でも構わないので、ファンタジー路線を捨てずに頑張って欲しい:いや、ホントマジで。
 
 ではでは、次号予告ッ!
 
 表紙&巻頭カラーは、NEW GAME!@得能正太郎。
 カラーはNG、Aチャン、ネコにゃん、ゲスト2作品の計5作品が予告されているゾ。
 ちなみに、小惑星が2本立て……この雑誌、2本立てが好きだよねぇ(苦笑)



ではでは、また次回の更新で。



真田紀行
『雑誌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【予告】きららキャラット No... | トップ | 【予告】きらら No.165 »
最近の画像もっと見る

きららキャラット」カテゴリの最新記事