さなだアセスメント!

真田自治州の別館。
レビュー内容へのツッコミ・コメントは Twitter @sanada_noriyuki にどーぞ。

きららキャラット No.135

2016-12-28 02:58:57 | きららキャラット
2000 円を突っ込んだ有馬記念は、420 円しか回収できず……残念ッ!
1・2・4・7のワイド&三連複ボックスを買っていたんで、サトノダイヤモンドさえ来なければ……(泣)

たらればを言っていてもしゃーないから、本題のキャラットレビューをば。
今回は時間の都合(+体調の問題)により、作品別感想をカットした簡易版でお送りします(申し訳ない)

きららキャラット135号 (2017 年 1 月号) の表紙は、ひだまりスケッチ@蒼樹うめ。
編み物をしているゆのは絵になるねぇ……でも、編み物って室内でやるものだから、上着を着てるのは変じゃね?(ぁ



☆今月のビッグ・スリー!
 ・Aチャンネル(黒田bb)
 ・まちカドまぞく(伊藤いづも)
 ・異なる次元の管理人さん(榊)
 
 今月号のビッグ・スリーは以上の3作品。
 次点はまりスケ:実に「らしい」話でファンとしてはニヤリ。これで8ページあれば文句ナシだったんだけども。
 BSは店長×苺香がなんだかとってもイイ感じ。本格ラブ路線に走る可能性はあるのだろうか。



☆アテンション!
 ・満天荘に気をつけて!(とのはち)
 
 今月のアテンションは、初登場ゲスト・満天荘に気をつけて!@とのはち。
 オーソドックスを地で行くタイプのアパートメントコメディで、とにかく堅実な作風が持ち味だ。
 まだまだ荒削りな印象は否めないものの、仕事は丁寧だし、磨けば確実に光りそうな雰囲気はあるんだよねー。
 このままキャラットに定着して欲しいという期待も込めつつ、アテンションに選出してみた。



☆CO-HYO!
 今月のキャラットはまずまず。
 上位陣は軒並み好調だったんだけど、若手・ゲスト勢が今ひとつピリッとしなかった……ってトコロだろうか?
 元々そーゆー傾向のある雑誌とはいえ、今月号はそれが顕著に出ちゃってたかなーというのが率直な感想だ。
 特に、ゲスト勢は来月号での巻き返しに期待したいね。
 
 最終回だった作品についても触れておこう。
 
 予告通り最終回だった、ジューンフレンド@徳之ゆいか。
 先月号の予想にも書いた通り、手堅い内容の日常系ENDだった。
 花嫁修業がテーマではあったものの、設定自体はそれほど活かせていなかったというのがシリーズを通しての総括かな。
 話はそつなくまとめられる作家さんなんで、ぜひとも新作でリベンジして欲しいトコロだね:ひとまず、お疲れ様でした。
 
 あと、ことこ・ア・カペラ@かやはらが事前予告ナシで最終回だった。
 先月号がカラーだったことを踏まえると電撃的とも言えるんだけど、まあ、連載化そのものが見切り発車だったからねぇ。
 絵かストーリーのどちらかが突き抜けていれば、あるいはもうちょっと延命できた可能性もあったんだけれども。
 何はともあれ、お疲れ様でした。
 
 それじゃ、次号予告。
 
 表紙&巻頭カラーは、これが初表紙となるブレンド・S@中山幸。
 ここ最近は常に上位に掲載されている作品ではあるものの、このタイミングでの表紙はあまりに唐突と言わざるをえない。
 個人的には大発表(おそらくアニメ化の発表)があるんじゃないかなーと踏んでいるんだけど、どうだろうか。
 カラーはBS、すわすわ、ういんどみる、ゲスト2作品の計5作品が予告されているゾ。



次回の更新は(たぶん)年明けになるから、今年の更新はここまで。
年内最後の更新がグズグズになってしまって申し訳ないんだけど、また来年も「さなだアセスメント!」をヨロシクです。

ではでは、良いお年を。




真田紀行
『雑誌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特集・連載大賞2016! | トップ | きらら No.158 »
最近の画像もっと見る

きららキャラット」カテゴリの最新記事