ポトホト

我思う 故に我書く

色の話

2017-07-17 13:03:42 | 雑記
色と言えばオーラの色とか、すぐ思い浮かぶかもしれませんね。

私は自分のオーラが何色か視えた事がありませんが、昔は周囲の人から緑色とよく言われてました。

霊感とか無い人からも、私のイメージは緑とか、葉っぱとか言われてましたから、結構当たっているのかもしれません。

オーラの色は別として、個人的に好きな色は浅葱色、子供の頃は山吹色とみかん色が大好きでした。
※みかん色っていうのは橙色とは違います。 山吹色の明るさそのままにオレンジ寄りというか。

ただ、時によって気になる色というのがあって、このところは緑――若竹寄りの明るい緑が気になっています。
何かの色が気になるというのは、その色の持つ(示す)『気』が不足している証拠だと私は思っているので、そういう時はその色を思い描いて瞑想します。

自分の周りにその色を思い描くのです。

密度はその時々の好みで、質感も同じく。
霧状だったり水状だったり光状だったり、何でも自由。
でもってその中で深呼吸する。

普段は好きとは言えない色である赤とか朱色とかも時には好ましく感じる事があります。
そんな時は何かしら能動的なエネルギーが足りてないんでしょうね。
情熱とか?(笑)

そういう色瞑想なんかも面白いですよ。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 水晶 | トップ | フラット »

あわせて読む