明日はきっといいことが☆

人生の半分以上をジャニーズと共に過ごしてます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

少年倶楽部4月21日観覧

2014-04-21 23:39:57 | A.B.C-Z

去年から毎月応募していた少クラ観覧がやっと当たりました。

なかなか当たらないから諦めていて希望休を入れてないという事態。

店長に聞いたらまだシフトが完成していないから大丈夫とのこと。

 

観覧は無料だしなかなかないチャンスだからこれはいかなきゃ!ってことでトシキ担と観覧決定。

長いことジャニヲタやってるけど実はNHKホールは初めて。近くには何度も来ているけど中に入るのは初で緊張しました。

番組観覧もいいともしか経験がないからどんな感じなんだろーっていう不安もあって。

しかもこれハガキには座席が書いてなくて入口でハガキと引き換えに座席指定券をランダムに渡されるんですね。

いただいたのは3階の最前列でした。

3階とはいえ1番前は見やすくてありがたいです。

 

1時間の番組だからそれを2週分一気に収録して大体2時間くらいなんだけど春からMCがふみきゅんとあきとくんに代わってまあ収録押しますよね(笑)

19時スタートで21時15分くらいにはなってたかと。

この放送は5月分でオンエア済みなので内容に関しては放送のとおりです。

私の目的はえびちゃんだったんだけどはじめの方ではっしーが出てきてジュニアと砂のグラス歌ったっきり他のメンバーが出てこなくてまさかいないってことないよね?な雰囲気に。

後半5人揃って一安心。

20時過ぎるとちびっこジュニア達は出れないから大人のえびちゃんは遅い時間なんだね。

MCのふみきゅんが話す内容が昭和の私たちにヒットしすぎて友達も「ふみとの感想がほぼうちらと一緒なんだけど。。」って。

えびちゃんは5Ringsと孤独のランナウェイを披露。

5RingsはMステでうたったときのパフォーマンスの感じで衣装は赤チェックジャケットのやつ。

孤独の~はゴールドのキラキラ衣装。この曲紹介の時に「孤独な」って誰かが間違えちゃって撮り直したなー

そうそうこの曲のスタンバイしてるとき舞台暗いんだけどその中でトゥクトゥク聞こえて最初マイクチェックしてるんだなって思ってたらそこから自然にボイパに変化した!

やってたのはっしー!!

あまりにうますぎて会場がわ~って沸いてそのまま曲に入る流れかと思ったら「。。。っていうね」って切ったはっしー(笑)

 

クオリティ高すぎなボイパ練習wwwwwwww

 

 

収録の最後が青の時代でまたしてもリアルタイム曲。ここでもかっこいいいいはっしいいいいいいいいいいいってなってた。

 

セクゾンとかセクボって普段行く舞台とかには出てないしなかなか観れないからここで観れてよかったな。

ほんとセクゾンキラキラしててアイドルなんだよ。

アイドルを観たいならセクゾンが一番おすすめというほど。

健人先輩キャラぶれしなくて素敵ですし。

 

また観覧行きたいけどしばらく当たらないだろうなーー

楽しかった!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHOCK3月6日昼公演

2014-03-06 23:16:07 | 山本亮太

母との久しぶりの観劇です。

2階A列で見やすかったなー

 

亮太が加入してから3回目の観劇にしてようやくニューホラのアクロが見れた。すごい高いところで跳んでいて感動。かっこよかった!

新しい感情もう一個。

ソリタリーの黒スーツ、赤手袋かっこいいいいいいいいってのは前からなんだけどその前にやってるタップの亮太の顎から首にかけての異常な艶感!!なんなの!!!

今回もまあところどころ涙したわけだけど1年前の以上な緊張感と震えるほどの感動に比べると少し落ち着いて観れるようになってた。自分が。

それでもジャパネスク最後のタツミの演技や夜の海はもちろん感動。

そして今回大きく変わったコンティニュー。

コウイチパートと他のメンバーが違う歌をうたい重なってできるハーモニー。

今までも毎回ここで泣くほど好きなんだけど更に重厚感を増して物語の重みを感じた。

 

カテコで亮太が手を振ってくれてお母さんが沸き上った(笑)

「ちょっと!今あの子手振ってくれたよね!あんた知り合い?」って。偶然です(笑)

 

そして幕間での母上トンチキ発言。

「A.B.C-Zはやっぱダンスうまいね」ってwww

ヤラチームの4人(マツ、こっしー、亮太、岸くん)をえびちゃんだと思って観ていた模様。

友達に報告すると「はっしー随分ちいさくなりましたね」だの「あー。はっしーの偽物いるもんねえ」だのいいたい放題のお返事ありがとうww

それ、我が自担です。。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2幕いろいろ

2014-02-02 01:07:48 | 山本亮太

その前にプレゾン学園の追記。

トラジャが先輩に遠慮なく突っ込んでくるのもここの魅力。

しかも先輩がすべった場合のフォローもしっかりしてて感心。

 

あ、思い出した!26昼だったかな?

クリスマスにいいこにしているとプレゼントをくれるのは誰でしょう?

っていうクイズ。

亮太がなぜかサムゲタンと回答→小さい声で「寒っ!。。俺、寒っっ!!」で終了ww

 

この前だったか後だったもう一度今度は「堂本光一くん」と回答。

みんなから「えーーーーもらってんのかよ!」と総ツッコミ。

そいえばステスクの記事に「光一くんにはお金しかもらったことない」って書いてあったな。

こっしーが「お金じゃなくてお年玉っていえよ」ってwwwwwwww

どっちなんだろう。

 

 

さて2幕。

 

1幕のワッチュアネームでかっこいい繋ぎからの情熱の一夜。

これシースルー衣装のせいでとあるところがすっごい気になってそこばっかみちゃうっていうのだけネック。

友達に話したら「私も気付いた。。気になるとそこばっか見ちゃうからもう見ない。。顔みてあげて!」って返された(笑)

25夜のが自分が見た中ではダントツの超情熱の一夜だったことだけご報告。

ジャニの伝統曲ですね。

 

ぜいまどのハニービート。

こたくんと亮太が隣りのことが多くて双眼鏡片目ずつ見れるお得曲。

林先生をセンターにサイドできゃっきゃするぜいのちびっこ2人がかわいい。

 

流れ的にというか一番盛り上がったのはさすがのふぉーゆー。

A.RA.SHIで最後「for..........ゆ~」で締めて会場をひゅーひゅー沸かせたまま翼とやらっちが登場するの。

会場を最高に沸かせた状態で次に繋げる素晴らしさ。

この状態で出てくる翼とやらっちも気持ちいいだろうなって毎回思ってた。

あああああああふぉーゆー好きだなあって多分みんな思っちゃう。

つまりふぉーゆーのライブが見たいっていう結論。

 

お祭り忍者。

朝日くんがいるときといないときで亮太がしょうちゃんに肩車されるかひとりぼっちになるか。

両方見れたのは嬉しかった。

 

ラストは星屑のスパンコールから変更になった想。

これはずっと亮太だけ見てたんだけど途中で下唇をグッと噛んだ時があって気になってみたら左目から涙ツツーって

これ一生忘れないくらい印象深かった。

 

そしてパーティーがおわっても。

鉄骨の一番上のお部屋で雄大、亮太、うみんちゅ、しずやが毎回やってるのは「君だけに」の指パッチン。おわるとお互いタッチし合う。

その後下に降りて踊るんだけど白シャツが外に出て来ちゃうらしく何度もズボンにしまう亮太。

そんでサスペンダーひっぱってペーンって何回もやってるw

 

ユニットごとの紹介の最後は翼でセンターで江田くんとドヤ。

ここに江田くんがいるのが謎なんだけどかわいいしおもしろい。

エダッキー&翼ですかね。

 

カテコでガイズプレゾン。

初日にガイズがなくてみんながすっごい凹んでたら翌日から追加されたくらい最近のプレゾンを象徴する曲。これがなきゃプレゾンじゃないよね。

 

フルではやらないけどサビからがっつり踊ってくれます。

さっきの白シャツ衣装だから違和感も否めないけどこっちもアリだな。

なんかイケナイことしてる感みたいなww

 

 

総括すると25夜がすごい盛り上がってて楽しかった!どれも楽しかったけどセンターはやっぱり見やすいし夜だからこその会場の沸騰のようでね。

「今まででいちばんすごいくらい盛り上がってる」ってやらっちも言ってたし。

 

あ、最初の客席登場の時に亮太がA列で歌ってて手を出した人にタッチしてたんだけどスルーしそうに見えてガシって掴むのを上からみてひいいいいいって勝手になってた。

通り過ぎそうなとこで腕だけ戻す、しかも顔は見ないってとこに変に萌えた←

 

 

楽しみ方は人それぞれ。今回も満喫できて幸せです。

回を重ねるごとにかっこよくなる亮太の次のお仕事はSHOCK。

私のまわりの山本担さんが揃いも揃って骨抜きにされている最中に次は何してくれるんだろうって期待を膨らませながら帝劇へ~

1週間経過しても「りょーたかっこいいかわいい」をくりかえすみなさんとわたし。

2月3月もキラキラ魅せてね☆

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PLAYZONEinNISSEI

2014-01-31 22:34:41 | 山本亮太

冬のプレゾン行ってきました!

今回は25日昼夜と26日昼公演に入りました。

地上には降りれなかったけどお友達のお陰で人生発のGC階で観劇できました。

あと2公演は2階。3公演で上手センター下手といろんな角度から観れてよかったです。

もう日にちも経ってしまったし覚えてる事だけここに残す感じで。

 

25日昼。GC階上手にて。

オープニングでThey武道が登場するのがGC階なんですが私から一番近かったのが林しょーちゃん。

扉近くの人と楽しそうにやりとりしてていいなーって。

下手の方では江田くんと亮太がハイタッチしてた。

以下は3公演のミックスで。

25日夜2階最前センター。26日2階下手にて。

 

ゆーえんみーえんふー。(You&Me&Who)

Roadto~の変更曲なんだけど懐かしかったな~

ステージ登場の亮太のアクロを3回とも見逃してるのは自分を責めたい。。。

そのかわり3回ともケジメをばっちり踊ってやったわ。

亮太も「あれかわいいでしょ。自分でも気にいっちゃってんの!」というハッとしてGoodはかわいさのかたまり。

夏と冬の最初の頃に「サッと引き」の歌詞を「サッと弾き」と勘違いしてギターを弾く振りをしていた亮太がやらなくなってた(笑)

誰か教えてあげたのかな。

 

亮太がいないときはしょーちゃんと江田くんを堪能。

2人ともここ1年でものすごいかっこよくなって目が離せないよThey武道!!

LOVEYOUONLYの「きーみがー」のとこでふたりとも客席を指差すのかわいい。

追加曲のどうなってもいい~It'sBADに2人は出てるけど亮太がいないのがほんとに残念というか山本担としてちょっと悔しい。

昼公演の後にこの話友達ともしてて「翼の後ろの空いてたとこにいてほしかったね」って。

まいったネ今夜の寸劇はやらっちの想い人の弟が亮太という設定。

亮太が弟だと知ったやらっちが「こんなにチャラい弟さんがいたんだ」と。

その後亮太に顔を近づけて言う台詞が毎回違う。

25昼 顔をさわって「もちもちしてるうううう」

26昼 「ここにニキビできてるかわいい~」

いずれも照れる亮太。

亮太も最初は敬語なのに最後はけて行くときは「早く!姉さん待ってるから」でタメ語に。

 

寸劇というか2幕でやったプレゾン学園のコントが毎回おもしろくて。

始まる前に翼が雄大にむちゃぶりするんだけど全てに対応する雄大が誇らしいのです。

25昼は嵐の翔くんの誕生日だったからコンサートで観客を煽る翔くんのモノマネ。

これすっごおおおおおおおい完成度高くてすごい盛り上がった!

「上のほーう。下のほーう。調子はどうだ?」「あらっすい~ あらっすい~ あらっすい~スクリイイイイイイイイイイム!!!!!」wwwwwwwwwww

似てる!似すぎている!!

その逆に26昼の相葉くんのモノマネが似てない(笑)

「もりあがってんのおおおおおおおおお!?!?」ってやつです。

25夜はタッキーと翼の振りというか動きモノマネ。激似!!

キミはつーやつーや♪ってね。

 

プレゾン学園の司会はトラビスジャパン兄組が日替わり。

25昼 ヒロキくんのシャツキミドリさん(自前の緑のシャツで登場)

25夜 ヒロキくんの香取線香さん(10代最後の誕生日プレゼントはヒートテックでした)

26昼 みゅーとくんのミスターモリックさん(サングラス着用。名前噛むw)

 

このコントがおかし過ぎてずっとみていたい感じなんだよねー

 

亮太の設定がIQ20000の生徒会長レッツ。(レエエエエッツ!ってかっこつけながら言うけど手がゲッツ)

江田くんが数字の申し子ゴー。

レッツ&ゴーの仲間スパイのスー(こたくん)とパイ(池たん)。

プレゾン学園の先生林くん。林先生のアドリブが毎回感心する。

 

26日にこのコント中大変な出来事が。

福ちゃんがしずやの頭ぐしゃぐしゃにした後顔を掴んでがちでチューwwwwwwwwwww

しかも2回。

「みんなごめん」って福ちゃん。会場悲鳴。

しずやはまっしろになり。。。。。なんだかすごいことするんだなこの場面は。

 

 

変更点でいちばん好きだったのがアンダルシアから変わったワッチャネーム(What'syourname?)

アンダルシアもかっこいいけどわたしこの変更すごい好きだったな。

衣装もドットのシースルーシャツかわいい。

少年隊のファイナルで観て(DVD)いつか生でみたかったこの曲やったのは嬉しかった。

「あ!な!たーが ほ!し!い!」で終わるラストのとこ。全員床にうつ伏せになって片手を差し伸ばすような振りがめっちゃよかった。これで1幕締めたのが個人的にすっごい気持ちよくって。直後に感想とか言わないのに思わず横の友達に「かああああああっこいいいねえええええ」って言ったくらい。

今回変更したとこ全部好き~って2人で言ってたなあ。

 

2幕のいろいろはまたそのうち。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHOCK梅田@9月21日昼公演 追記

2013-10-04 00:24:57 | 山本亮太

しばらく間があいてしまったので内容かぶってたらごめんなさい。

亮太的リョウタポイントを引き続き。

 

確かあれはハイヤーの時。踊ってる途中で自然に衣装のフードが頭にかぶっちゃってこれどうするんだろ?って思ってたら曲のリズムに合わせてバッと取ったのがすごいかっこよかった!デキジュですね。

千秋楽のシーンはみんながわいわいしてる中ウチに投げちゅーしてふられ、タツミに投げちゅーしてふられる。

脚立に乗ってるとこもウチはユウタばっかりかわいがるしリョウタぽつーん。

そんな時にこっしーがリョウタに手を差し伸べてくれて脚立降りるのをサポートしてくれて「王子様はこっしー」が決定。←私の中の話。

衣装に関していえばやっぱりダントツであの黄色チェックのが似合うなって思う。

あれ誰よりも似合うと思うし実際亮太には黄色がすごいイメージに合ってると!!これも私の中の話。

この衣装を選んだ人に金一封を差し上げたくなる。

1幕はラストのハードな場面、ジャパネスクが今回すっごおおおおい力入ってたようにみえた。

コウイチとリョウタが対刀になる時にとても大きい声で怖いことばっか言ってる。

この台詞は毎回違うの?アドリブ?

レポを総括するとだいたい「もう終わりかよ?来いよ!」的な感じなんだけど私が聞き取ったのは「おい!来いよ!!ぶっ殺してやるよおおおおおおお!!!」だった。

ガラ悪(ry...いやいや怖いけどかっこよかったよ。

今まで聞いた中で一番大きい声。スイッチオンされてる。

階段上でアハハーって高笑いするわっるい顔のリョウタを見ながら一瞬真田看守長がよぎった。

 

そして2幕のウチの告白。ウチの言葉に対して「おいウチ、嘘だろ。。嘘だって言ってくれよ!」というリョウタ両手がぎゅっと力入って小刻みに震えてた。

それを双眼鏡ごしに確認した瞬間私が震えた。

終盤の夜の海。黒い衣装のラメが動くたびにキラキラして真剣に踊る姿が綺麗。

この曲のリョウタが好き過ぎてそこにリョウタがいるだけで自分にとって価値のある曲。

帝劇でここで泣きすぎて記憶飛んでたから今日は絶対ちゃんと観る!って決めてたのに結局のところ途中でダメになる。

ラストはカテコ挨拶でニコニコ。たまにやってる前歯で下唇噛んで笑う表情があったりとかとにかくかわいい。

かっこいいかわいいかっこいいかわいい、が交互にやってくるので忙しい。

 

あと美波里さんがカテコで投げちゅー!

それを受け取った福ちゃんがポケットにしまった。自分のポケット指差して「ここに入ってるんですよー」とジェスチャー。

もういっこ追加。コウイチ復活のところ。

リョウタ「こーちゃん(はあと)」

コウイチ「おーリョウタ!お前相変わらず踊っても髪型崩れねーな」

たしかに。。!!!

 

 

今回覚悟を決めて13年ぶりに大阪へ行き、地理音痴な私が迷いながら1人で梅芸まで行った奇跡の物語がこんな感じ。

亮太に対してこうなってしまったのは「もうどうにでもなれ!」という気持ちとか「やばいな」っていうのとか色々だけど今を楽しむ私の大切な時間だからこれでよし。

次は嵐につくのかキンキにつくのか。今年もしかしたら最後のナマりょだったかもしれない。

大阪に行く事を決めた理由が二つあった。

亮太が腰を痛めてからなくなったコウイチ復活の連続バック宙。ないのは知ってたしむしろやらなくて安心したってのもある。

それより直すのが先決だし痛みはまだあるだろうし。

みんなの感想で元気だって、笑顔だって聞いてたけどそれを自分で確認したかった。

もう一つはやらっちやTheyのメンバーがいない現場での亮太が気になったから。←余計なお世話www

今までのお仕事にはほとんどやらっちかTheyのメンバーがいて支えてくれる人がいたけど、今回はいなくてしかも地方公演でって心配もちょこっと。。(大人だから平気だろうが)

でもこーちゃんもふぉーゆーもいてそんなの全然大丈夫だった。

とにかく楽しそうにしてるのがなにより良かった。

2曲くらい途中センターで踊るとこがあって、このSHOCKという素晴らしい舞台のセンターに!亮太が!!最前列ドセン!!!

ってなってそれでまた泣ける。

ホントに私の涙ダムの貯水量が危ういくらい何度も涙腺を刺激されて、またしても凄い疲労感で「これ私、マチソワは絶対に無理だわ」と思い知らされた。

ちょっと重いことも書いちゃったけど観劇できてよかった。

これ行かなかったらきっと後悔してたな。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHOCK梅田@9月21日昼公演

2013-09-22 19:33:08 | 山本亮太

じつは。。昨日EndlessSHOCK大阪公演に行って来ちゃいました

大阪公演が決まった時にみんなには「大阪は行かない」ってあんなに言ったのに結局行ってしまったので好きなだけ笑って下さいという気持ち

亮太出てても行かないって決めてたのは場所が大阪だったから。

私の中で大阪ってなにか大切なことがある時にしか行かない場所だったから。

過去に行った回数は3回。相葉くん誕生日のキンキコン、Jr.単独コン、嵐デビューコン。

全て相葉くん絡み。私にとって特別な存在の相葉くんの大事な仕事の時に行く場所って言う風に自分で勝手に仕立て上げて大阪をハードルの高い場所に設定してしまってたのです。

距離的に東京、名古屋に比べて遠いっていうのももちろんあるんだけど。

 

でも大阪初日の幕が開いて連日レポで亮太の頑張ってる姿が流れてきてやっぱり気になってしまったのです。

でも行くなら日帰りで昼公演じゃないと無理だなって思って。

そうなると行ける公演が少なく探すの大変かもなって思ってた矢先に女神様が登場しまして。

21日昼のチケットをお譲り頂ける事になった次第です。

しかもその女神様はツイッターを開始してから最初にフォローさせてもらった方だったけどずっとお会い出来なくて今回この機会にようやくはじめましてができたのです。

これも亮太くんが引き合わせてくれたんだとポジティブにとらえてます(笑)

そして23日は亮太の事務所入所12周年。少し早かったけどこの時期に亮太の仕事が見れてよかったな。

 

ではレポ的な感想。メモとってないし記憶をたよりにかいてるのでざっくりですが。

 

まず光ちゃんの舞台に対するぶれない感じが今回もすごく伝わってきて、座長とはこういう人がなるべきなんだなというのを実感。

見た目は王子なんだけど中身がブラックなアドリブももちろんあり。

「会場が変わっても若い女子がいねえな。」「しょうがねえじゃねえか。それなりの金額するんだから」ってwwwwwwwwwwwww

でもその金額を払ってでも見る価値のある舞台ですよ。

そのアドリブのあとに別のシーンで福ちゃんが「(チケ代)ちょっとさげようか。。。」ってかぶせて会場拍手!!!

こうちゃんはやっぱり別格だったよ。長い間舞台の真ん中に立っている意味がわかる。動きひとつとっても飛び抜けているし舞台がナマモノであることを実感する。すごく舞台が好きなことがわかる。

舞台誌のインタビューで「亮太は個人のダンスの才能はすごいけど、それをまわりと合わせていくってところが必要」とか「いろんなことに対して器用だと思ってた辰巳が実はそうじゃなかった」とか書いてあって亮太や雄大の苦手なところも把握して意見を出してくれてることも後輩にとって勉強になるなって思う。

そういえば2幕のフライングで帝劇では2階席に降り立つところが梅芸では1階に脚立みたいなセットを組んでそこに着地だった。

私2階の一番後ろだったからそれをみれるかなーって思ったりしたけどそうじゃなくてちょっと残念。

 

 

それと雄大がどうしても好きなんだけど亮太が出てる事によって前より見れなくなってしまい(自分のせいだけど)おいしいポイントとか沢山見逃してるんだよなって思うとそれも残念。

雄大の一番いいなって思ったシーンはコウイチに渡した刀が本物だったことを自分のせいだと己を責めるその表情が本当にせつなくて泣いた。なんで、なんで気づかなかったんだろうって俯きながらの顔がすごく心に突き刺さった。

 

今回も帝劇でも思った事。私が感情移入してる先がリョウタでもコウイチでもリカでもなくユウタなんだと思う。ユウタの演技、特に泣きの演技が毎回本気で顔真っ赤にしてボロボロなのを見るたびに私の涙ダムの貯水量がゼロに近づく。

 

あと大好きな美波里さん。美波里さん登場しただけで涙目。

やっぱりかっこいいし元々の発声とか基礎が完璧だから存在感も抜群だし声のトーンがすごく響く。

タツミが「びーちゃん」と呼んでてやだかわいい!と萌えたよ私が。

このくらいまできてようやく亮太の話。

 

隣りのおねえさんと双眼鏡を覗くタイミングが全く一緒だったからきっと同じ人を好きなんだろうなって思ってたんだけど結局声かけれなかったなあ。それから近くのおばちゃんが「亮太くんていうクルクルクルクル回る子が出ててね踊れる子だから光一ソロコンにもついてたのよ~」ってお友達に説明してらして。ありがたい。

亮太に関してはほんとかわいいだけじゃなくなったねって。

ウチ、リョウタ、ユウタでやる曲の時は笑顔でその後のソリタリーでは一気に表情をかっこいい系に変化。この切り替えがハッとした。

亮太のダンスの魅力は表情込みだと思うからまさにこういうことだなって。亮太に惚れ込む最大のポイントはここだよねってフォロワーさんも言ってた。

でもソリタリー後に出て来た時にシャツの裾が出まくってて必死にしまってる仕草はやたらかわいい。ベルト付近をこそこそ。。。。。

 

振りに関しての萌えポイントがもうひとつ。

 

NewHorizenの「約束が全てかなえられる時♪」のとこ。振りがフリーらしくみんなそれぞれのアドリブで踊るんだけど亮太は「約束が」の歌詞に合わせて右の小指をピッと立てて「全て叶えられる時」でその手をぎゅっとグーにして自分の胸にトントンってあててた!!!笑顔つきで!

ここすっっごいかわいい!!!!!!!!!!!

サビもなんだか楽しそうに「やがってーみえる にゅーほらいずんっ」って口ずさんでるし。

ただこの最後にリョウタの見せ場であるアクロバットがあるんだけど興奮しすぎて見逃したwwwwwwだって早過ぎて追えないwww

アクロ(バック宙かバク転かロン宙?)が決まると「よっっっしゃあああああ!!!」って3階まで聞こえる声でちゃうっていうあれを聞き逃してまじエンドレスショック。。

 

続きはこの後の記事にて~

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PLAYZONE2013

2013-07-31 23:28:19 | 山本亮太

7月25日、26日と今年もプレゾンに行ってきました。

2009年から毎年恒例だった誕生日プレゾンは今年は仕事の都合で泣く泣く断念。

亮太に会えない誕生日なんて意味ないわーーーーーー!!せっかく5年目の節目プレゾンだったのにいいいいいいい。。。っとなっていた私に友達から朗報。

「25日って確かTheyの名前復活記念日だよね?その日入らない?」

 

おおおおおおおお!!!!!!!そうしましょうそうしましょう。それがよろしゅうございましょう。←単純

という経緯です。

というわけでプレゾン番長、夏は江田に浮気、すっかり山本の人(私)の3連で青山へとっつにゅ~

ちなみに名前復活記念日っていうのは、去年竜くんが辞めてしまってTheyの頭文字のTを失いプレゾン開幕直後からしばらくHey!Guysって名前で活動していたのです。

私が見た7月22日もそうやって紹介されててなんだか違和感だったんだけど一年前の7月25日にThey武道という名前が戻ってきてその名前で紹介されたんです。

2012年7月9日から25日まで超短期で使用していた名前なんだけどたしか9月の少年たちのおしらせもHeyだったような。

 

もちろん一年後の25日になにかやったわけではないし完全にこちらの自己満足なんだけど(笑)

いやいや本当に名前戻ってきて嬉しかったから。(ぬんぼ担だったけどぜいはずっと好きなので)

そしてグッズが充実してた。

オリフォトとステフォ2種類出てたから番号必死で覚えたよー

「パンフレットとオリジナルフォト8番とステッカー8番とステージフォトの11番と34番下さい」って暗記バッチリでお姉さんに伝えましたよ。

グッズの裏側の番号の確認してからお姉さんが一気にバッと表にひっくり返して亮太!亮太!亮太!って状態で「全て山本くんでよろしいですね?」って言うもんだから恥ずかしかったでーす///

 

 

さて、今年のプレゾンの感想ですがなにから書いたらいいんだろ。

とにかく楽し過ぎて言いたいことが多すぎる。個人でポイント書いちゃおうかなー

そういえばプレゾンって毎回1公演しか入ってなかったけど今回初めて複数入ってるんだよね。

しかも2日続けて。

今回の遠征すごい充実してたなーって満喫できたなって思う。ただ帰って来るとき寂しさがハンパ無い。

まだ行きたい!!って思える舞台です。

あー下書きしてからアップした方がよさそうなんだけどテンション上がってる今(夜中だから)一気にバーーーーーーっと書いたほうがいいかもな。

てなわけで個人感想。というか紹介を含めた印象。

【翼】座長だしダンスも歌も素晴らしいとわかっている、わかってはいるんだけど毎年ほとんど見れなくて唯一挨拶とソロの時の記憶が。

タッキーのソロを翼バージョンにした「愛 革命」最初は違和感かなって思ったけどそうでもなくて伸びやかで心地よかった。Liarでお辞儀の際にカンパニー全員を見守るように見つめ客席をゆっくり見渡して敬意を表すのが今年も健在でよかったです。

【優馬くん】みんなのアイドル、みんな大好き優馬くん。「よく遊びよく学べ」で亮太と雄大にチュッチュチュッチュなげちゅーを飛ばされても比較的冷静な印象(笑)というかまわりいっぱいいるからね。

でも言葉の端々からこの子が愛される意味がわかる。

やらっちとパフォーマンスした「水の帰る場所」かっこよかった。

【やらっち】ダンス番長やらっち。私が一番好きなのは「まいったネ今夜」の♪銀色のリムズィンに~ってとこ。あそこは絶対声を感じたいから目を閉じて聴いてました。

ダンスは「水の帰る場所」の椅子を使用したパフォーマンスが素敵。椅子をあんなに自由自在に使ってスムーズに動けるのはやらっちだから成せる技。

優馬くんと絡むところも葛藤みたいなものを感じてとても心に響くダンスでした。

 

~トラビスジャパン兄組~

【みゅーとくん】お友達が夏の浮気枠にしているためなんとなく気になってみてしまう子。長身で手足の長さが異常!プレゾンカンパニー内ナンバー1の抜群のスタイルを誇りセンターに立つ華があるなっていう感じ。「LOVE YOU ONLY」で最後に扉閉める時「ばいばーい」って言って閉めてくのが生声で聞こえてかわいかった。

【のえるくん】髪型がまずびっくりした。のえるくん真面目なイメージだったから襟足に大胆なメッシュが入ってて2009年の亮太とすごくリンクして勝手に親近感だった。ダンスはガツガツ系なんだけど普段はおだやかな印象。

【しめかけくん】しめちゃんが客席降りすると香水の香りがすごいするーっていうので有名。美白な美少年で私の好きな感じのお顔。一見華奢だけど腕の筋肉が大変なことになってる。江田くんと女子力を競える唯一の人。キレイに踊る印象。涼しげ。

【ひろきくん】私トラジャはしめちゃんが一番すきなはずなんだけど目で追ってしまうのは実はひろきくんだったりする。笑顔かわいい。ハイタッチの時も「いえーい」っていう風に気さく。

 

~トラビスジャパン弟組~

【しずや】うちのプレゾン番長のお気に入りであり周りの友達やフォロワーさんがしずや推しの人が多いせいで呼び捨て(笑)しずやもいい匂いを漂わせながら客席にやってきます。26日は前髪を上げてピンで留めてたのが新鮮だった。

【うみんちゅ】ほとんど見れてなくて申し訳ない。髪の毛すごく切っててさわやかになってた。たまにみせる笑顔かわいかった。

【あらんくん】ハイタッチのサービス精神がすごいなって思いながらみてた。届くところまでとことんやりますよ!ってくらい奥の方まで手を差し伸べてた。汗ボタボタ流しながら懸命に両手でタッチしていてアイドル要素抜群。

【朝日くん】じゅ、じゅうよんさい??!!!カンパニー1若い昭和顔。髪型とかもそんな感じなんだけどそれゆえもの凄く目に入ってくる。姿勢がよくて基本に忠実に踊るイメージ。

 

~MAD~

【池田くん】池田くんが毎回見れないのはとなりのこたくんを凝視してるからwwwベテランだしいろいろできるのに見れない自分でごめんと本気で謝りたい人。

【こたくん】大好きこたくん。基本、出番が亮太とかぶってて見逃すシーンが多かったりしたんだけどトロンボーン姿かっこいいしセーラー服かわいいし幕が閉まる直前に頭の上で作るダブルピースにやられる。別名こたうさちゃん。窓のなかでは亮太の次に好き。

~ふぉーゆー~

4人ともに言えるけどホントに恐れ入りましたって毎回思う。ふぉゆは客席との一体感を作るのがとてもうまい。ふぉゆを知らないひともここにきたら絶対虜になるだろうし連携プレーはみんなのお手本。キャラがしっかりしてるし確実な笑いがとれる。

かと思うとめちゃくちゃかっこいいパフォーマンスで「これがふぉーゆーだ」っていうのを惜しみなく出してくる。引き出し何個あるの?っていう。

ふぉゆの「A.RA.SHI」前にある小芝居もよく出来ているし毎回少しずつ変えてるのがいい。ここだけでもプレゾンの価値すごいあると思う。

【雄大】相変わらずいやらしく踊る天才。客席に向ける呼びかけもひとりひとりをしっかり見ていて人の心をがっちり掴んでしまう屋良3兄弟の次男。「情熱の一夜」で後ろから前に出て来る時さりげなく亮太の肩をポンって触ってて亮太は下向きながらニコってなってます。どの現場でも亮太のことを気にしてくれてる印象。2人で目が合うとお互い極上のスマイルを向け合っててかわいさのかたまり。

【こっしー】王子様。お金持ちキャラが定着。ふぉゆの中ではクールな印象だったけどやるときは全力でふざけたりする素敵な人。みんなのお兄さんって感じ。

【福ちゃん】福ちゃんの歌い方って言葉をひとつひとつ大切にしているようですごく素敵だなっていつも思う。あったかい歌声。福ちゃん発信で話しが流れることも多くて器用な印象。

【ザキさん】2階席に唯一登場してくれるありがたいお方。松崎コーナーとよばれるシーンがあるほど重要な人。動きが機敏。ふぉゆコーナーでは2階から降りる前に歌う曲がいろいろあって25日はアンダルシア。26日はWITH LOVE。2階A列の手すりのとこで激しく動くからザキ汁が1階にぼとぼと落ちてます。ご利益ありそう。

 

~They武道~

【江田くん】今回も女子力満点なんだけどムキムキな腕は健在。25日は木曜でドラマ「ぴんとこな」放送だったからそのネタを。

タオルコーナー(翼、やらっち、優馬くんのMC)にて。

「この舞台のセンターに立った瞬間にあやめちゃんは俺だけのものだ!」という台詞を言い放って捌けたのが25日。

26日はタッキーのうちわを持って登場。翼がそのうちわを持って「どうも。タッキー&翼です」とやったあとそのうちわを自分の顔横に持って行った江田くん。「どうも。タッキー&つよしです」。まあT&Tですけど。。。「それ言いたかっただけだろ」とやらっちに言われる。

先週末はえだにゃんが復活したようで羨ましいわたし。

【しょーちゃん】今のしょーちゃんの髪型がすごくかわいくていい。赤系の茶色で短めカット。さわやかで似合う。ぜい3人とも今の髪型が男子高校生みたいだっていわれてるけどほんとにそんな感じ。

しょーちゃんはとにかく歌がすごい。クリエも感動したけど歌でみんなをひっぱってるのが素敵。心地よくてずっと聴いてたい声の主。ぜいのセンターにいる時は両サイドを女子力江田くんとぶりっこ亮太に挟まれてるけどうまくいろいろかわしてるのもかっこいい(笑)

【亮太】全てにおいて好きだと思える人。かっこよさとかわいさの割合が絶妙なバランス。今の髪色も髪型もめっちゃいい。盲目な私@2013夏。

特にゾワっとしたのはGuysの時。ぜいのパート(サビのとこ)が始まる直前にセンターにいる亮太がサッと両手を出したらサイドにいる江田林がほぼ同じタイミングでパチン!ってタッチして震えた。これがThey武道だってとこみせつけてやろうぜ、な気合いがすごい。

踊り終えて後ろに下がる時に再び江田くんとタッチして亮太の肩を抱きながら捌けて行く江田くん。

こういうの!こういうの!もっと下さい!!という希望。

上記が25日。26日はしょーちゃんとタッチしてから江田くんにもタッチで順番にしてた。

そういえば25日は1階の下手だったから最初の登場が見切れたりアンダルシアでは福ちゃんや池田くんなど長身の皆さんに埋もれて亮太を何度も見失ったけど26日は2階だったから視界良好でバッチリ。

2階だとかぶるものがなくてストレスフリーな面はいいな。星屑のスパンコールが2階からだと星型になってたし。客席登場の時の置いてけぼり感は否めないけど。

あと亮太が群舞の中心に立っていると躍動感があってその群舞の心臓部分を担ってるって言って下さっていた方がいてとんでもなく嬉しいお言葉だなって。

亮太らしさ抜群にでてるけど数年前みたいにすっごいガンガン踊ってる感じではなくていいなって思ったから。

ガッシガシ踊る亮太もかっこいいけどみんなと合わせて行く協調性とか感じられてやっぱりこれは経験値だよね。

星屑とかGuysとかはかっこいい系ガッツリでくるけど「Honeybeat」や「よく遊び~」は本来のかわいさ全開で飽きない飽きない。

あの青いフード被って出てくるとみんなにドラ○もんみたいって言われたりタキシードだと七五三とか言われたりするけどもぜーーーんぶかわいいもん←←

 

これ多分永遠に続くからここでいったんおわり。

思い出したりしたらまた。

 

 

最後に。完全に山本くんに引き戻されてしまったので25日から山本担復活しました。

一度好きだった人をまた改めて好きになるなんてジャニ人生初めてです。イレギュラーです。

「それだけ亮太くんが魅力的ってことだよ」って友達には言われております。そのとおりです。

 

ということで25日は私の記念日にもなってしまいました。

そんなご報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やらぜいクリエ続き

2013-06-12 22:03:47 | 山本亮太

MCのお話。

SHOCK博多お疲れさまっていう流れで

しょーちゃん「あなた演舞城観に来てくれなかったですよね?」

亮太「SHOCKが延びちゃって。。。」

しょーちゃん「延びてませんよね?なんなら帰って来た日に会いましたよね?毎日明日行く、明日行くって結局来ませんでしたでしたねえ」

SHOCK大阪公演が9月にあるということで

しょーちゃん「ま、演舞城来てくれなかったけど俺は大阪行くけどね。自腹でね。そのかわりホテルの部屋泊めてね?」

亮太「いいよー

なんだい結局仲良しかいww

で全く喋らない江田くん(笑)

 

話しを振られても、江田くん「りょーちゃん。俺なに喋ったらいいかわかんないよ。。。」

最年長しっかりしてwww

そしてなんと!上手ボックス席に私の大好きな前田美波里さんが来ておりまして!!

マイクで話してくれました。

「私はダンスが好きだから屋良くんの振り付けが難しいのもよくわかるんです」とか「もうすっごく楽しい」と言っておられて感激。

なにより美波里さんと同じ公演を同じ上手側から見る事ができて私は!それが!嬉しくて仕方ない!!

亮太のエピソードも。

「山本くんはSHOCKの本番に遅刻してきたことがあって5分前に来たんです。それでお化粧もヘアセットもしないで前髪をピンで留めて出たんですけどそれがもうかわいくってねえええ」

って

私達の知らない裏話を美波里さんから聞く事ができてありがたや~

この話、博多かな?って思ったけど帝劇の時に友達が「今日りょーたんデコ出しだよ。かわいい」って言ってたなって思い出して、東京のことなんだなって。

それから「山本くんは江田くん、林くんといるとずいぶんのびのびやってるわね。SHOCKの時は居心地よくないのかしら~?(笑)」っていわれると「そ、そんなことないですよおおお」とあわあわな亮太。

美波里さんホントにありがとうございますううううううううう

 

公演中はちょっと前のめりになるほどノリノリで盛り上がっていてくれた美波里さん。好きです。

 

 

そしてSHOCKのパロディを全力でふざけながら本気でやるやらっちとTheyと後藤くん。

亮太の持病のヘルニアが悪化してショーの継続が危ぶまれるという内容のパロ。

 

セットはあの階段が!

しょーちゃん「やまもとおおおおお、そんな体じゃ無理だよ」

亮太「離せよ!!続けるんだよショーを!!」

やらっちが腰痛用コルセットを亮太に渡す。

コルセットを腰に巻いて「Show must go on!」と叫ぶ亮太。

 

もうこの寸劇ずっと見てられるなにしろ曲も同じだしライバル役は本物(やらっち)だし忠実なんだけどコウイチ役が亮太っていう。

笑いすぎて涙でた。

 

余談ですが翌日にやら担な友達と「あのコルセット私も持ってる」「あ、私も」っていう話しになった(笑)みんな腰には気をつけよう。亮太のヘルニアも良くなるといいね。

それで思い出したけど今回のクリエで亮太があまりアクロバットしなかったのはやっぱりそういうことだよなーと。

後藤くんがバック宙できるってことでステージで披露したんだけどそのあと後ろのほうで江田くんに亮太が耳打ちしてて直後に江田くんがアクロバットして盛り上がってたなって。

自分が今出来ないから江田ちゃんやっちゃって!的な耳打ちだったのかも。

 

そうそう階段落ちはさすがにやらなくてヨロヨロしながら階段を下るんだけど手すりを探そうとする亮太にしょーちゃんが「手すりないぞ」とか「そろそろその辺で落ちた方がいいんじゃないかな?」って小声で助言するのがおもしろい。

結局最後まで降りてから床に倒れこんだところにお医者さんの後藤くんが登場して亮太をお姫様抱っこで連れていく。

 

しょーちゃん「屋良さん、They武道は去年一人いなくなり山本までこんなことになってしまって。。これから俺たちはどうしたらいいんですか?」

やらっち「。。。そんなこと。。今決めるな」

 

お辞儀して捌けるしょーちゃん

 

このくだりはプレゾン2009!!!!!!!!!

(実際はやらっちと北山くん)

 

私が初めて観た思い出だらけのプレゾン再び

やらっちのソロ。裸足で踊るバレエ調のダンス。

力強くて、でも繊細でやらっちにしかできないあのパフォーマンスをまた生で見れた喜びで今度は感動の涙。

自分がやらっちをすごく好きだった頃の懐かしい感じとかふわっと浮かんできました。

 

そんな感動に浸っているうちにどんどん進んで行くこの公演。

やらっちと亮太のタップ対決で亮太が勝って「すたあ山本」って書いてあるピカピカの法被を着てセンターのお立ち台で歌おうとするも阻止されて歌えない亮太。

曲がかからないというオチwww

ここでひとつ疑問が。しょーちゃんの法被の後ろなんで『岩』なの?ひーくんのなの??

 

 

やらっちが今まで振り付けをした曲を亮太セレクトでかけてそれをやろうっていうコーナーもあり。

亮太「それでは今からCDをかけますので」

客席「えwwwwwCDwwwwwww」

やらっち「お前、ライブでCDかけるってなんだよwww」

亮太「???」

客席(ちょっとあの子わかってないwwwwwww)

亮太「それではCDをかけまーす!」

 

全員爆笑

 

もうそれでいいよ。それでいこうという客席の一体感(笑)

 

13日夜のセレクトは優馬くんの『ミッシングピース』

やらっちが歌い普段はスノーマンが踊っている振りをTheyが。

 

これすごいレア~

 

すの担の友達が「Theyのミシピ良い感じに力抜けててよかった~なんかスノよりエロかった!」と言っておられたよ。

ありがたいお言葉。

 

2曲目は嵐の『One Love』

これは実際に踊っている振りだけどクリエでみるとまたちょっとちがった印象。

贅沢言うと13日昼のふぉーゆーと踊った『小悪魔ジュリエット』も見たかったな

 

ラスト近くでやらっち担さんがみんな歓喜の涙を流した『エンドレスサマー』とか舞闘冠の『Nowandforever』とかひとつひとつにメッセージ性があって本当に胸に響くというか届く公演だったなって思います。

 

通路のお立ち台で挨拶の時にやらっちが「今の髪型雄大っぽくない?兄弟なんでね」って言ったら亮太がちょっと拗ねてて(笑)「お前なに嫉妬してんだよ」って言われてました。

亮太「えーーー?そんな嫉妬とか。。。今こんなに愛し合っているのに」って。

 

サラッと言う一言がわりと爆弾な三男。

 

ホントはまだまだいっぱいあったんだけど思い出したら小出しで書きます。

今回はライブハウスジャニーズ銀座っていう公演だったけど私が一言で言うなら【びっくりハウス@クリエ】って言う方がしっくりかな。

いろいろありで次はなんなの?!っていうワクワク感があるしこんなこともやるんだっていう新たな発見とかそれやります?な流れとか。

この余韻で早くも1ヶ月。

次はプレゾン。

 

夏も、もうすぐそこですね。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリエ5/13夜公演

2013-05-30 23:51:16 | 山本亮太

ようやくここに書こうと思います。完全に山本さん寄りの偏った感想ですが。。。

 

やらっちとThey武道、そして直前に知った後藤くん出演のクリエ公演。

とても楽しみにしていたものが目の前にある事実に始まる前から自分が緊張。

映画館でおなじみのカメラ男さんが出てきてあのno more 映画泥棒の動きをします←やらっち

 

そこでこのクリエ公演中の注意事項の説明あり。これが守れない場合は江田剛の付き人になってもらいます。というお達し。

むしろだいたいの人がなりたいとおもうんだよね、うん、と思っていたら開演!

 

幕が開いてキラキラのメンバーがそこにいました。

 

 

おおう亮太の髪型の謎が解けた!半分金髪ってこういうことね。

ってところで個人の挨拶。

 

「どーもー!みんなの山亮だよーう。今めっちゃ幸せ

 

って!なにそれ。かわいすぎるんだけどもおおおおおおおおおおおおお

 

最初から亮太が亮太すぎてニヤニヤしちゃう←

そのせいで他メンバーの挨拶の記憶がないというぽんこつ脳。

挨拶だけでも息切れ状態なのにそこから聴きたかった曲たちのオンパレードでもういっっそがしい!!

Lovesick、情熱の一夜、グレイトフルワールド。。。

特に画面でしかみたことがなかったグレイトフルが嬉しくって。

 

塚ちゃんと歌っていたラップの歌詞「舞って舞って高く舞い上がって思い描いて2人進んでく。行ける!未来!限界もなく!」ってとこが亮太ソロパートだった

ここ結構カットされたりするから聴けるのレア。

貴重なものを拝見できて感無量でございます。

 

さてTheyコーナーのお話。

なにしろここの選曲が個人的に神セトリすぎてほぼこの記憶で埋まっている私の頭。

Theyの衣装はちょっとつやつやした白の上下に黒シャツ。

歌舞伎も少年たちもそうだったけどなぜかサテンぽい艶感のある衣装が多いよね。

 

最初は嵐のワイルドアットハート。この曲は去年の歌舞伎で4人で歌った最後の曲。どうしても竜くんを思い出さずにはいられない林担の友達と目が合ってしまった><

歌のパート割りは歌舞伎とほぼ同じだった。振りは嵐のと同じ。

リードがしょーちゃん、「駆け抜けたその先に」が亮太、「俺たちは求めない」が江田くん。

 

そこからキンキのスワンソング。

これ少年たちの時みたくしょーちゃんのサビからだと思ってたらAメロからで歌い出し亮太だった。

で、スワンソングの決めのとこからしょーちゃんが江田くん→亮太って1人ずつ手で触ると動き出すっていう演出。

そしてしょーちゃんのソロ大野智さんのソロ曲two。

みんなが望んで望んで叶ったしょーちゃんのソロ。

聴いていて心地よくなるしょーちゃんの声にクリエが包まれてた。

「ふるえるほどおおおおーーーーーーーーーーーー」の伸びがあまりにも良くて会場から「フーーーーーー!」って声が上がったの鳥肌だった。

しょーちゃんのソロをダンスで支えたえだりょも良かった。

 

ラストは嵐のYes?No?。

 

これほんんんんんんっっっっとに誰がやろうって言い出したのか本気で問いたい。

この曲思い入れが強過ぎて!

嵐の曲を歌ってくれるJr.はいっぱいいるんだけどだいたいシングル曲が多いんです。

このYes?No?は嵐が爆発的に売れる前の2005年に出したアルバム曲でOneコンのオープニングの曲。

このオープニングが過去のコンサートで1、2を争うほど自分的に好きな演出ですり切れるほどDVD再生した思い出の曲。

 

嵐の曲で一番好きなのは?って聞かれたらこれだろうなっていうくらい。(なみさんには2009年にこの件でメールしてる(笑))

しかもOneコンは横アリのセンターで妹と一緒に盛り上がった記憶が鮮明でそのあとお母さんと合流してパスタ食べたとか横浜に泊まったとかいろいろわんさか出てくるくらい(笑)

妹とカラオケ行ったら絶対これ歌うし!という鉄板曲なのです。

それを自分達のコーナーに入れてきたTheyってなんなのもう!!嬉しいいい

 

実はこの曲いつかだれかやってくれたりしないかな、自分の好きなユニットがやってくれたらいいなーってずっとずっと思っていて、それを叶えてくれたのがThey武道で私はその場で硬直でした。

ネタばれで知っていたから心の準備はできていたけどイントロ聴いちゃうとぞわぞわ~ってなる。

多分嵐のバックにつきはじめたのが2005年あたりなのかなって気がするからそういう思い入れが彼らにもあったとしたら嬉しい。

振りは違うとこも少しあったけどわりと忠実で千手観音も3人でやってました。

泣きそうだったけどこれ私一度しか見れないしちゃんと目に焼き付けなきゃって思いと、ここはやっぱ楽しまなきゃって思いで気がついたら手が上がってました。

潤くんから相葉くんにかけてのパートと翔くんのラップ部分が亮太パート。

「向かってくる風 髪束なびかせ~」の翔くんパートをセンターで歌ってる亮太見てたら過去のこととか走馬灯のようにばばばーって。

「Yes?(yes)No?(no)」のコール&レスポンスも一緒にできたことも信じられないくらい。

そして終盤のサビ前「いつまでも わーすれーずにー キミがのぞーんでる 明日へ~」で亮太の「手えあげろ!!!」が

既に私の手はあがっております(笑)

 

ここがこのクリエにおける私の絶頂だった。

嵐の記憶からずっと閉ざしていた青春の小箱の蓋を8年ぶりに開けて新たな小箱を用意してきたThey武道がかっこよすぎる。

亮太もしょーちゃんも江田くんもかっこよすぎる。

 

こんなことがあってますますこれからもずっと見て行きたい、応援したいという気持ちがぐっとあがったのです。

 

それにしても「みんなのやまりょうだよーう」って言ってた亮太と「手えあげろ!」って叫んだ亮太がなんともギャップ男子すぎて萌え転がります。ごろんごろん。

 

ここまででいったんアップ。

寸劇とかまだ書きたいことがあるのでそれは次回。 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

追い討ち

2013-05-27 22:56:05 | Weblog
昨日、次の更新でやらぜい感想書きますって言ったけど全くまとまらないので次回(ToT)

お昼頃に舞い込んできた嬉しいお知らせ。


プレゾンサントラ発売ヽ(^0^)ノ

更にグラコンDVD発売ヽ(^0^)ノ



わーいヽ(^0^)ノ


2つとも7月3日発売なんて!

嬉しいけど資金難(*_*)

グラコンはいつだろうってちょっと待ってたよー

サントラは初日に発売!

ガイズやRTPZ、星屑のスパンコールなど25とな(゜ω゜)

既に夏が楽しみでならないよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加