サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

七百余所神社参道のけやき並木

2017-10-10 00:54:00 | 自然観察
八千代市村上にある七百余所神社(シチヒャクヨショジンジャ)は鎌倉時代に創建されたという古い神社だが、これの参道に立ち並ぶけやきの並木は、どれも樹齢400年以上といわれる古木なのだ。


随分と星霜を重ねたけやきだが、活力を秘めた樹皮はますます盛んな活力を示している。


けやき並木のずっと向こうには、神社がある。そしてその先には、古墳の塚があって、このあたり昔からひとつの聖域だったのだろう。


道の向かいの民家には大きな柘榴の木があり、赤い実がたくさんぶら下がっていました。

秋ですねえ。
ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七百余所神社のお神楽 | トップ | ヤマザクラの紅葉・落葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事