サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

ユーカリ・歌声喫茶

2017-06-18 01:12:15 | 身辺あれこれ
土曜日の午後、コミュニティセンターで地区の歌声喫茶があるというので、行ってきました。

地区の社会福祉協議会が主催する行事で、前から役員のTさんから勧められていたのです。
行ってみると、2階の大ホールに70人が集まって意外にも大盛況なのだ。
意外といっては申し訳ないのだが、参加者は女性が優位ではあるが、コーラスの伴奏にアコーディオン、ギター、キーボードと3人のアーティストが揃っている。
Tさんのほか、F奥様、N奥様も主催者側の係りとして、歌の本を配ったり、会費が1人200円、コーヒーやお菓子を呉れたりしているのでした。

司会の男性の前ふりがあったりして、順番に唄をやってゆきます。
上を向いて歩こう。だとか、月の砂漠。白いブランコ。など、次々と唄が進みます。

思えば、高度成長の頃、歌声喫茶というのが流行ったことがあります。
でも、私はかれこれ一度も行ったことはなかったのでした。
こうして私は老境に差し掛かり、始めて歌声喫茶に参加したのでした。

みんな高齢者なのだが、上を向いて歩こう。いいんじゃないですか。
千の風も出てきました。
私のお墓の前で、泣かないでください。年寄りばっかりでこの唄っての、ビミョーだね。

ちょうど2時間きっかり、盛会のうちにめでたくお開きとなりました。
N奥様からどうでしたか。と感想を聞かれますので、
コーラスよりかソロ(カラオケ)のほうが向いているかな。と、小声で応じておきましたよ。

こんなに盛況で、社協の皆さんも上機嫌みたいでした。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シブ5時 | トップ | 藪っ蚊には弱い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL