サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

シブ5時

2017-06-17 13:04:32 | 文化
NHKでシブ5時という番組があって、これみるといつも唄のパクリということを連想してしまうのだ。

昔、「渋谷で5時」というデュエット曲があった。
鈴木雅之、菊池桃子が歌っていた。渋谷で5時。ある店では、これをもじって渋谷でゴチ。と歌っていた。渋谷のお店でご馳走になるというのをもじっていた。

そんな記憶があるもんで、「シブ5時」という番組の名を聞くと、あの唄のパクリだなあ。と思ってしまうのだ。
渋谷にNHKの本社がある。NHKでは、シブヤという名で、NHKのステータスを代表するとの意識があるのだろう。
でも、私は思う。NHKは、全国に親しんでもらわねばならない。
だから、地方の視聴者にとっては、シブヤという地名はNHKとすぐには結び付かないはずだ。

NHKは、民放とは違って、公共放送というのが特徴。だから、公共に奉仕しようとする意図がしっかりありたいのである。

世界のトレンドという意味で「セカトレ」という略称の番組がある。(BSだったかな)
安易に造語っぽくはしょってもらいたくないと思うのだ。

それと、も一つ。芸のない芸人にコメンテーターとかやらせてもらいたくない。
なぜか。公共放送だからだ。

NHKは、少なくともTVもラジオも背筋のピンとした放送内容を貫いて貰いたいのである。、
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃがいもからサツマイモへ | トップ | ユーカリ・歌声喫茶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL