サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

事務がワープロだった時代

2016-10-18 12:48:19 | 文化
今を去ること30年前、あのころは事務にパソコンがまだそんなになかったと思う。
女子事務員がいて、書類とかはその人に頼んでいたと思う。
事務機は、ワープロだったんじゃないかな。

もちろん私は、書類をつくるときは、鉛筆書きの下書きを事務員に渡して、作ってもらっていた。
30年前というと、バブル爛熟のころだった。
しばらくするうち、バブルは崩壊し、長銀、日債銀、北海道拓殖銀行や山一証券がつぶれたのだ。

私もそのあたりからワープロを操作して、書類を作成できるようになったと思うのだ。
ワープロには、別売りでインクリボンがあって印刷できるようになっていた。
それから少したつと、パソコンが良いんだと言われるようになって、勉強しはじめたんだっけ。
勉強と言っても、いじってて判らぬところは女性に聞く。教えてもらうくらいな程度だった。

そんなころ、作った資料データはフロッピーディスクに保存するようになっていた。
今やフロッピーなんてのは探してもない。
こういう時代に応じた事務処理の変遷は、辿ってみると面白いだろうと思う。
けれど、今のウインドウズ10時代から見ると、子供だましみたいなレベルだったんだ。
『会社の上司や同僚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼食はさつまいも | トップ | 佐倉のコスモスフェスタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL