サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

カーシェアのクルマ

2017-06-14 03:55:47 | とある話題
私は昨年12月にマイカーを手放し、その以後は、必要に応じてタイムズ・カープラスというカーシェアリングを借りることにしている。

マイカーに別れたわけは、高齢となってそんなに遠出しなくなった。
クルマが古くなって、評価が下がっても維持費や手間がひとなみにかかるのが馬鹿らしくなったのだ。
でも、私はぼけたわけじゃない。運転は大丈夫、免許は手放さない。

それで、うちの近所にタイムズの駐車場が出来、なかにカーシェアの車が2台常駐しているので、乗りたいときには借りられるのである。
昨日も、ある病院に通院するのに雨が降ったため、小型車を2時間ちょいと借りて行ってきたのだ。

タイムズの車は、日産のノートと、スズキのソリオという小型車がいて、空いているのを使うことになる。昨日借りたのはソリオ。小型車。
乗り心地はどうかというと、やはり自分の車じゃないから、操作はさまざま。装備もさまざま。
オーディオとかカーナビなんか使うのは面倒くさい。使い方をいちいち研究するまでもなく、乗って、前むいて走る。そんな程度なのだ。勿論、ドライブのガイドブックや説明書は乗っているが、いちいち勉強していられない。乗って、走るならそれで充分と割り切って乗っている。

さて、そのソリオに乗った。小型車だが、私は以前三菱の3列シートのワゴンに乗っていたのと比べると、やや草臥れるのだ。
なぜか。

ホイールベースが短いので、路面のわずかな起伏に応動して、走行がぎったんばっこんになるねえ。

ワゴン車なら車体が長くて、フェンダーミラーが前方の左右にある。だからミラーを見るのは目線を動かす程度でよかった。今日のソリオは車体が短い。フェンダーミラーを見るのに首を右に、左に振らなくちゃならないのです。

だけど、これらは小型車として当たり前の宿命なんでした。小型車の枠内にいろいろ便利機能を組み込んでいて、恐らく燃費もいいのだろう。慣れりゃいいと思うのだ。どうせ、借りても遠出するわけじゃなく、ちょい借りなのでこんなものかな。

2~3泊するような旅なら、息子が誘ってくれるので、大型車でゆっくり楽しむことが出来る。
まあ、そんな、いい身分ではあります。また、適当に誘ってね。





ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏場の種まき | トップ | ロンドンのマンション火災 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

とある話題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL