サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

ボブ・ディランにノーベル賞

2016-10-14 19:21:46 | 文化
アメリカのフォーク歌手・シンガーソングライターのボブ・ディランが、ノーベル文学賞を受賞することになった。
ノーベル文学賞は従来から文学作品ー小説と決まっていたが、詩、そして歌手が受賞対象に選ばれたことは空前のできごとである。

彼の「風に吹かれて」という歌。私は詩は判らないが、メロディは知っている。
彼の一連の曲は、人間の尊厳が危ういのを憂うものとか、反戦の歌があったりする。

文学賞は、日本では川端康成、大江健三郎が受賞しているが、作家でない人の受賞は初めて。

宗教、イデオロギー、民族などの対立が世界各地で繰り返され、その状況は一向に改善されることもなく、人類社会は荒廃し、苦悩が果てしなく続いている。
そういう状況のもと、ボブ・ディランの詩はこんな世の中が少しでも変わってほしい。そういう祈りのメッセージなのだ。
ノーベル文学賞を選考するスェーデンアカデミーは、よくこの詩を選んだものだと思う。

こういう文学賞っていうのは、確かにありだね。
ジャンル:
歌手
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の芝刈り  | トップ | 街にギンナンの匂い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL