サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

菜園のレタス

2016-12-10 01:58:14 | 菜園・園芸
畑で栽培していたレタス。玉レタスのはずが巻かずにできた。

黒マルチに寒冷紗のトンネルを施してつくったので、葉は清浄そのもの。
ひとつ取ってパンに挟んで食べたら、葉はきれいな緑だが、とっても硬い。とてもサンドウイッチのようではないじゃないか。

何でだろう。生育が遅くて、畑に置きすぎたのかも。
土に腐植質が足りなかったのかも。
ほとんど水やりしなかったせいかな。

あくる日だか、家内は今度は「レタス・スープ」にしてくれた。
スープにすると、ほんのりチシャの風味がして、これは悪くない。
レタス・チャーハンという食べ方もある。家内はそう慰めてくれた。
畑のトンネルの中には、まだいくつもレタスの緑があります。まあ、これも硬くてもレタスはレタス。
八百屋やスーパーで買ったら、今、結構高いはずだ。

レタス系はいつでも栽培できるけれど、最高の栽培時期というものはあるのだろうと思うのだった。

畑では、春キャベツの苗をトンネル栽培で仕掛けている。これから冬に向い、厳しい環境になるのだが、これの後にはサツマイモを植えようと思っている。サツマイモは肥料過多が禁物。だからキャベツにだってそんなに肥料はやれないのだ。ここらが零細な素人百姓の辛えところよ。


『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコンは奥が深い | トップ | カジノと原発が国を揺るがす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL