サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

現代の童話

2017-04-20 02:47:25 | 人生いろいろ
昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがいました。
お爺さんは公園でパトロールに、お婆さんはイオンにお買い物にいきました。

そこには川がありませんから、桃がどんぶらこと流れてはきません。
それでもお爺さんとお婆さんは、日暮れになると一日の用事を終えて夕食を取り、明日に期待して眠るのです。
そして次の日、朝の太陽に挨拶し、新聞を読み、テレビ見て、お爺さんとお婆さんの約束の一日を始めるのでした。
その約束というのは、自分の人生に対してぶれない。裏切らない。信義に忠実でありたい。という約束なのでした。
 Promise True

この日、ご町内の三水会というのに呼んでもらい、Nさん宅で奥様のお料理をいただき、飲みながら諸賢のご高説を拝聴することが出来ました。
かくいう私も、パトロールとか、魚釣りとか、カラオケとか、菜園とかで皆さんにはお世話になっているのです。Nさんご夫妻、Iさん、もひとりのIさん、Yさん、Hさん、Mさん、Nさん、それと私。
皆さん談論風発、話題錯綜、アルコールの進み具合とともに論理破綻もあったりして、楽しい夕べだったのです。
Nさんご夫妻、そしてご参会の皆さま、楽しいひと時をありがとうね。


東邦病院では八重の桜がありました。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家のネット環境 | トップ | この時期は春キャベツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL