治療家が首を寝違えた・・・

2017年06月09日 | 健康・病気
ちょっと前の僕の話ですが、首、寝違えました。
朝からもう全然首が回りません、しかも右の首が激痛!
原因はうつ伏せで寝てたからだと思います。(うつ伏せ寝は内臓を刺激して良いというのですが)
どういう経緯で治していったかご参考になればと思い、書き綴ってみます。

1日目。
朝起きてから時間と共に痛みが増してきます。
午前中は痛みと闘いながら笑顔を忘れず施術(笑)、あまりにも我慢できないので、お昼にバファリン飲みました。
ある程度痛みは治まってきましたが、首が回らない・・・。
炎症起こしてるので、なにも自己施術せず、とりあえず冷シップを貼って就寝。

2日目。
痛みはましですが、やっぱり首が回らない。
首を施術すると痛みしかないので、やはりまだ急性期。
肩が凝ってきたので、軽く肩をほぐす程度の自己施術をしました。
1日目と同様、冷シップを貼って就寝。

3日目。
痛みはほぼ解消。首もかなり可動域が戻ってきました。
しかし、首に違和感が残ってます。
ここで首を自己でできる範囲で施術、肩もほぐします。
ほぼ完治しました。


以上の事から、寝違えた~って時は・・・
☆炎症を起こしてる急性期(大体72時間以内)は安静にする、冷やす。
☆マッサージ等の施術は急性期が過ぎてから。
☆首以外の肩(鎖骨の上や首の付け根)も固くなってくるので、ほぐす。

たまにあるのが寝違えてすぐに「治せますか?」って問い合わせあるんですが、症状が出て2~3日経ってたら(急性期を過ぎてから)施術できますよってお答えしてます。
寝違えに限った事ではなく、捻挫や打撲でも急性期は冷やす&安静って事が基本ですので、ご参考にして頂ければ幸いです。

ライフメディアへ登録
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨時休診日のお知らせ | トップ | KOBA式体幹バランストレーニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。