As time goes by.

好きな俳優や映画の話。腐女子、ヲタ話。画像無断転載禁。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS 三丁目の夕日

2005-11-16 23:24:16 | 日記
監督:山崎貴

主演;吉岡秀隆


見て来ました!見る人から見れば意外かもしれませんが、私は吉岡秀隆氏も堤真一氏も案外好きだったりします。個人的に今回のはかなり大ヒットです☆
あ、今回のはネタバレはちょっとなんでそのまま書かせて戴きます。なんとなく。駄目だったら、見ないで下さいすみません。

で、内容☆くは~!!!って感じで、かぁわいんですよ、堤@鈴木社長も吉岡@茶川氏も!!!そして、かなり泣かされました。満足な内容☆

ってか、私は~かなり偏った趣味の持ち主なんで世の中的には、ずれててあまりあてにならないかと思われますが・・・かわいいです(爆)因みにオダジョの可愛いとはまたちょっと別です。

因みに堤が鈴木さんっだったり、吉岡氏の処で預かる子供が淳ちゃん(淳之介)だったりするのは狙いなんですかね?凄く微妙で判る人にしか判らないような・・・(笑)でもそれは抜きにしても良いっ配役だと思うのです☆
堤氏は最近、社長キャラが多いですが…ツボです。凄くキレたら怖いキャラなのに可愛い処が(爆)基本優しいし(笑)吉岡氏はね~ヨレヨレした作家の役なんですが、ああゆうヨレヨレ感は凄く好きだったりします。変かな~私???でも好きなんで(笑)(だから、実はドラマのDrコトー先生なんてかなりツボだったりします(爆))
あ、今回は小雪も良かったですね~自然で不思議にあの時代にすごくマッチしてたのです。見直してしまった・・・(失礼)いや、凄く良かったんです!!ラストサムライの小雪より、ドラマなんかで見たりする小雪より、ずっとずっとよかたんです。あの、小雪は好きだな~☆


あ~…この映画もまた見たい映画の一つだな・・・見た後のこの感じは、かなり私が好きな映画の分類だ・・・~☆(←何)個人的にはオダギリとデップ関係意外の映画では今年はこれが一番の映画です!!!


問題は・・・後ろの席のオバサンがマナー悪かった事!!ですけどね(苦笑)
ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリック☆ | TOP | LIFEカード »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ALWAYS 三丁目の夕日 (さびしさの方程式)
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきた。 物語の設定は昭和30年代の東京の下町。 昭和30年代といえばうちの両親が産まれた頃で、もちろん僕らも生まれてないわけだけど、レトロな