日記

日記

春慶塗を買う

2015年11月08日 | 日記

きょうは、これを見るうちに欲しくなってつい買ってしまいました。

春慶塗です。蒸し器みたいなのがちょっと気にいらないけれど、蓋もついているので、ちらし寿司や、赤飯、和菓子など入れるのにいいかなと。

この字はなくてもいいのに・・・

春慶塗というのは木地が見えるよう薄く漆を描ける塗り方と、私なりに理解しています。漆塗りですが、明るく軽快な色が好きです。

20年くらい前、飛騨高山の旅館で、障子の桟まで春慶塗だったので驚いた記憶があります。

きっと高価な手わざでしょうが、地元では昔は職人さんが多数いたのかも。

高松でも家内工業的にキンマ塗りやっている家がちらほらありましたものね。

で、この器の値段は30円でした。公民館祭りの、福祉作業所のバザーでした。30円でも要らない人は要らないでしょうが、私は器関係には弱い。見た以上は買うしかなくて、30円払って、少しはお役にもたてたと思い、帰りかけようとしたら向こうから**さーーーん、と私の名前を呼びながら近寄ってくる人あり。

見れば数年間会っていなかった昔の友達。植物観察会の仲間で、その頃は毎月山へ行き、その他にも有志でオフ会をよくやっていたのです。

先月、私の絵を県立美術館で見て、電話くれた人です。私の絵が見られるかなとわざわざ駅近くの自宅から来てくれたそうで、絵を見てもらった後、我が家で2時半まで話しました。

きょうは夫がいなくて、掃除もしているという、一年に数回あるかないかの特異日。彼女は悪いと盛んに固辞したけど、簡単な昼ごはんも作って一緒に食べて、元気でいて、また会いましょうねと言って別れた。

いやあ、楽しかった。そしていい日でした。夕方、夫が帰ってきて、どこかへ食事に行こうと言い出したけど、最近は毎夕食のおかずを姑様に届けているので、おかずも作ったし、外で食べるなら化粧もし直して、靴履いて、バッグ持って、車に乗って・・・・ああ、考えただけでめんどくさい。

で、お腹がすくのを待ちながらブログを更新した次第。

賑やかな場所で華やかなものを見たり、おいしいもの食べるより、家で残り物食べてぼんやりしているのが年寄りにはふさわしいということで。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはこちらも

2015年11月05日 | 日記

織りの教室は、先生が建物を他のことに活用するので解散になりました。

織り機を各自で貰い、家で織っています。

最近はこれです。

組織図はエクセルで描きます。糸の通し方と踏み方が間違っていないか事前に確認できるので便利。

使っているのはこちらの織り機。四枚綜絖、織り機の長さが短いので、なんとか家に入り、部屋に収まりました。

派手な花よりも野の花に魅かれます。散歩の途中、道端で採集。エノコログサもきれいな草紅葉。

実はもう一つのブログあり。そちらで今は書いてます。こちらは自分では好きだったのだけど、ウッカリ固有名詞を入れたため、知り合いに検索され、そればかりか、大勢の前で披露までされて引っ越し。こちらは放置状態です。。

公開したものは誰に見られても、誰に広められても仕方ない。身に染みました。言うなという私が悪い。

それで別のブログでは固有名詞は用心深く避けています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立てると危険?

2014年10月22日 | 日記

携帯画像整理していて、そうそう思い出した。これです。

立てるって、何を立てかけるのとお思いでしょうが、これは立つという意味の方言です。

方言は方言と自覚している場合と、共通語とばかり思っている場合がありますね。

我が同窓生、当地で若い頃教員していて、

「宿題忘れた人、立てりなさい」と生徒に言うも誰一人立たなかったとか。T田塾数学科卒の才媛で、東京の水に洗われた人でさえこのありさま。で、なんか嫌になったんだとか。その後広大の日本語科に行き直し、日本語教師になった。

いえいえ、単語はどうにでもなる。イントネーションはよほど努力しないと直りません。直して標準語になるならまだしも、広島弁はなかなか言えません。私の言葉も他人様が聴いたらめちゃくちゃだと思います。

でもこの写真、ほのぼのとしてなんかよかった。島旅の最後のしめくくりになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケヤキの森を行く

2014年09月03日 | 日記
所用で外出。市内中心部、中央公園。

9月になって静かな木陰を歩くと、生き返るよう。

まだまだ涼しげな場所が有り難いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛毒、ヒョウタンボク

2014年06月23日 | 日記
道端で発見。たぶん、鉢植えで買ったものを善意で移植。
猛毒です。小さい子が遊ばないよう、くれぐれもご用心。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

驚天動地な一日

2014年03月14日 | 日記

未明2時過ぎ、地震で飛び起きる。初めガタガタッと小刻みに、ついでユッサユッサと大きく揺れる。べッドから出て、部屋の外へ出ると夫が二階から降りてきた。

停電してないので二人でテレビをつけてみる。震度5弱とかなりの揺れ。外でキンコンカンコンとチャイムが鳴り、地震があったこと、落ち着いてラジオなどを聞くこと、火の始末をすることなどを繰り替し放送している。たぶん揺れると自動的に動く装置であろう。

大したことないのでまた寝た。阪神淡路の時は長い間ユラユラと揺れたけど、今回は短かった。

しばらくして余震があったらしいけど知らない。かすかにサイレンの音がして、夜なのにカラスがたくさん鳴いていた。不思議だった。

朝起きたら公共交通機関は乱れていたので、織りの教室に車で行った。

で、ひょんなことからついにこのブログが教室の人の知るところとなった。もうここから夜逃げですかね。

リアル生活ではおかげさまで夜逃げしたことないけど、これはすたこらさっさと夜逃げに限る。といっても以前借りていた別邸です。よかったらお越しくださいね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

明日と明後日、親と旅行に

2014年03月11日 | 日記

で、このブログはとりあえず明日は休みます。

親と言っても、娘の歳が歳なので、高齢です。私がこんな性格なので、母親はそれに輪を掛けて我儘、我が道を行く人です。

ずっと長い間、反発することもあったけど、さすがにこの歳になるとその気持ちはちょっと押さえて、親と付き合います。だってもう長くないんだもの。後で後悔したくないという私の方の都合。同居する弟嫁にちょっと息抜きしてもらって、いい小姑と思われたいという、これまた私の都合。

それと出かけるの大好きな母親の利害が一致したのであります。

母は食べるの大好き、ホテルの朝食ビュッフェも山盛りにしたのを、すごいスピードでモリモリ食べて、恥ずかしいったらありゃしない。でも本人、全然恥ずかしがってないので、私がそう思うのも変な話。

旅行には荷物が多い。ミカンなど柑橘類は必須、その他よそからもらって食べ残したオカキ、お饅頭の類がゴロゴロと出てくる。娘に食べさせたいんだそうで。

じっとしているのが大嫌い。じっとしているとすぐ退屈して、勝手にどこかへ行ってしまう。10年くらい前、ちょっと外へ出かけたら部屋を閉め出され、宿の中を必死で探したら本人、澄ました顔で風呂に浸かっていた。曰く「じっとしとるんがもったいない思うて」

自分がじっとしていないので、人がじっと座っているのは大嫌い。娘のころ、家で本読んでるとよく怒られた。何をしなさいと言うわけではない。ただじっとしているのはものすごく怠けているように見えるらしい。

はい、本などはまず読まない人です。読まずに90年近く生きた人です。それで済んできたところが素晴らしい。まあ、本を読むのはいつの時代にもマイノリティ、母のようなのが普通の健全な生き方なのでありましょう。

フランスへ行くのは行ってない。言うとものすごく羨ましがるのは分かっているから。帰ってきてから言うかな。言わないと思う。

年寄りは自分の行く道だとよく言われるけど、曲がりなりにも息子一家と同居している母の姿は私の老後のモデルにはなりえない。どうしますかねぇ・・・・未だ一人暮らしのお姑様がとりあえずはお手本かな。

母と話すとイライラすることが多いけど、お姑様とは話がよく合う。だってもう40年以上の付き合いですもの。話戻すと、しかしイライラさせられるのはお互い生きているから。欠点のない人間はいなくて、いいところ悪いところいろいろある一人の個性的な人間、それがわが母の生身の姿ということであります。

仏様になるとみんないい人に昇格しますが、生きている人間はなかなかどうして。私もまた。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折り畳みのバッグも購入

2014年03月11日 | 日記
 

[ハピタス] HAPITAS HAPITAS H0002 H0002 109マルシェピンク (109マルシェピンク)

 

先日アマゾンで買いました。どうもパリ市街の地図のようで、面白いので。かなり大きな折り畳みバッグ。帰りに使う予定。

機内持ち込み可能のサイズのようです。ルフトハンザの場合、サイズは55cmx40cmx23cm以下で、重量は8kg以下という決まりがあります。他に小さなハンドバッグ一つ。

8キロの荷物って重い。帰りはほんとはリュックがいいんだけど、紐がビラビラするのと、私が背負うとどうしても買い出しスタイルになってみっともないのでやっぱりこれかな。。片側は、スーツケースのハンドルを差し込めるようになっています。実際はもっと鮮やかなピンクです。

出発まであと二週間くらいになった。でもあんまり準備していない。というかほとんどしていない。出したり入れたり詰め替えたり、ああでもない、こうでもないと考えるのがめんどくさい。前々日くらいに一気にやろう。

服も旅行用なんて、別に買ってない。飛行機の中はほんの普段着で。足元は穴あきスニーカー。楽がいちばん。お洒落しない。

飛行時間は長いけど、どの席になってもそれを楽しもう。ルフトハンザは食事はまあまあいいそうで。ただし塩辛い。以前ドイツへ行ったとき、何でもかんでも塩の単調な辛さで、口に合わなかった。

海外へ行くのも、PACさえあれば大丈夫とは先日読んだ浅田次郎の本。pass port /air ticket/credit card だそうです。

今回は手拭い持って行くつもり。かさばらずによく乾く。ハンカチ代わりに。あとは荷物の重さをはかる計り。それとスカーフ代わりに、本日そごうでフランス製のとっても薄い絹の服地を買った。W幅くらい、1.5m。くるくるとねじり首に巻くといい感じ。絹なので軽くて暖かい。服地の期末セールをしていて激安だった。

春はそこまで来ているはずなのにいつまでも寒く、きょうは風も冷たかった。早く春が来ないかな。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ勘違い

2014年03月10日 | 日記

gooブログ、きょうからも無料なんですね。実はもうひとつのIDで書いてたのが、きょうから消えるとばかり思っていた。さっきこわごわ覗いたら大丈夫だった。やれやれ。

このブログは月に僅かなお金を払って、何とかコースに加入している。アフィリエイトができるのと、アクセスランキングがちょっと詳しく表示されるしか私は把握してないんだけど、他にまだ何かあるのかな。

このブログ見てアマゾンで同じ品物買って、手数料が私に入ることになってるけど、今のところ成果はゼロ。でもさっき本注文したら、200点余りポイントがついて値引きしてもらってた。

あのポイントって何?

でもよくよく考えてみれば、私が手間かけてアマゾンの品物、宣伝してるんだから、売り上げにつながらなくても手数料が発生してもいいような気がする。初めはいい話と思ったけど、こたつでパソコンいじっていて、儲けるのはなかなか大変。

これからは買った品物、全部は公開しない。ほかにもっと有意義な時間の使い方があるはずなので。


 

昨日は呉へ「高円宮家の根付と宮中装束展」を見に行った。小さな作品に大勢の見学者、装束もなかなかに見応えがあった。我が家からは車で30分ほど、呉も近くなりました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「内田樹の研究室」が面白い

2014年03月10日 | 日記

http://blog.tatsuru.com/

共感しました。最近若い世代で、中国人や韓国人を民族的に差別する層が増えたそうで、まことに嘆かわしいことだと私は思っている。

その差別の根拠は何かというと「自分は日本人である」という、幻想と言ってもいいくらいの曖昧模糊としたもの。

もちろん私は日本人、このブログを読んでくださっているあなたもたぶん日本人。共通することは日本語の読み書き、会話ができる、身体的な特徴が白人や黒人特別できることくらいで、違っていることの方が断然多いはず。

私は私、あなたはあなた、自分は自分、人は人、世界に出て行っても、いや宇宙の吹きさらしに一人で立っても、自分は自分であると誇れる何かを持つ気概がないと、「日本人である」というただそれだけのことにしか自分のidentityとprideの根拠を見いだせない。それは如何なものでしょう。

いえいえ、もう言ってしまいましょう。日本の中では負け続ける人生で、誰にも優越感を感じることができないと。そういう層が若い世代に増えていて、近くの国の人たちをバカにするのだと。

そういった根拠なき強がり、漠然とした差別意識を自らの政治基盤としている現政権の長、表情が一本調子で何の感情も読み取れない。ちょっと考えれば、いえ考えなくてもその間違いのわかるような、破たんしきった理屈を持ち出してこの国をめちゃくちゃにしようとしている。私にはそうとしか思えない。DNAですかね。しかし、お坊ちゃまは祖父の代よりももっとたちが悪い。

憲法解釈の最高責任者は私・・・て呆れて開いた口がいまだにふさがらない。あなたも、小学校で三権分立を習ったでしょう?

行政の長が立法に口出しちゃいかんと言うことです。あまりに粗末で話にならん。と私はきょうも腹立たしく思い、それを表現するすべさえ持たず。。。。。悔しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書・あちらから移転

2014年03月10日 | 読書

 「夜明けあと」 星新一 2013-09-10
  「ヤマザキ、天皇を撃て」 奥村謙三 2013-08-31 
  「明治人ものがたり」 森田誠吾 2013-08-29
  「坊主のぼやき」 川西蘭 2013-08-25 
  「あの頃のこと」 吉沢久子27歳。戦時下の日記 吉沢久子 2013-08-23
  「女子と鉄道」 酒井順子 2013-08-22
  「絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか」 絲山秋子 2013-08-21
  「女ひとり寿司」 湯山玲子 2013-08-19
  「新しい人」の方へ 大江健三郎 2013-08-15
  「昭和時代回想」 関川夏央 2013-08-11
  「声の残り」 ドナルドキーン 2013-08-09
  「妖談」 車谷長吉 2013-08-07

  「とける、とろける」 唯川 恵 2013-08-06
  「岩盤を穿つ」 活動家湯浅誠の仕事 湯浅誠 2013-08-04
  「文士のきもの」 近藤富枝 2013-08-01
  「軽井沢の風だより」 早坂真紀 2013-07-29
  「夕映えの信濃追分」 日達良文 2013-07-22
  「百年前の山を旅する」 服部文祥 2013-07-06
  「誰かと暮らすということ」 伊藤たかみ 2013-07-03
  「福猫小判夏まつり」 佐藤洋二郎 2013-07-02
  「狭小邸宅」 新庄耕 2013-06-28
  「軽井沢の法則」 三善里沙子 2013-06-25
  「ダーティ・ワーク」 絲山秋子 2013-06-19
  「昭和三十年代演習」 関川夏央 2013-06-15

  「スモールトーク」 絲山秋子 2013-06-08
  イッツ・オンリー・トーク 2013-06-05
  「ニート」
  「海の仙人」
  「ラジ&ピース」 絲山秋子 2013-05-30
  「鎮守の森」 宮脇昭 2013-05-29
  「エスケープ/アブセント」 絲山秋子 2013-05-25
  「殿様の通信簿」 磯田道史 2013-05-25
  「北緯14度」 絲山秋子 2013-05-21
  「末裔」 絲山秋子 2013-05-18
  「絲的サバイバル」 絲山秋子 2013-05-02

  「袋小路の男」 絲山秋子 2013-04-24
  「不愉快な本の続編」 絲山秋子 2013-04-22
  「日本の軍隊」-兵士たちの近代史- 吉田裕 2013-04-08
  「ばかもの」 絲山秋子 2013-04-06
  「いまも、君を想う」 川本三郎 2013-04-02
  「未亡人読本 いつか来る日のために」 河治和香  2013-04-02
  「依存症の愉快な人たち」 漆田公一 2013-04-01
  「妻の超然」 絲山秋子 2013-03-30
  「遍路みち」 津村節子 2013-03-27
  「上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安にこたえてください」 上野千鶴子 古市憲寿 2013-03-19
  「京都人は変わらない」 村田吉弘 2013-03-18
  「震災日録 記憶を記録する」 森まゆみ 2013-03-16

  「人はなぜ太るのか」 岡田正彦 2013-03-14
  「わかれの船」 宮本輝編 2013-03-11
  「たまらん坂」 黒井千次 2013-03-09
  「紅梅」 津村節子 2013-03-04 

  「小説家の内緒話」 瀬戸内寂聴聞き手山田詠美 2013-03-03 
  「四十の手ならい和心暮らし」 横森理香 2013-02-19 
  「黒いマナー」 酒井順子 2013-02-19 
  「ホームレス歌人のいた冬」 三山喬 2013-02-12
  「官邸の100時間」 木村英昭 2013-02-09
  「フリーター、家を買う」 有川浩  2013-02-07
  「紫式部の欲望」 酒井順子 2013-02-05 
   自分が自分でいられる場所 2013-02-01 
  「日本人の叡智」 磯田道史 2013-01-19
   二つの寝殿造り 2013-01-01 15:26:59
  「山家集」 宮柊二訳  2012-12-29 
  「京都山家集の風土と風景」 名古屋茂郎 2012-12-28

  「西行」 高橋英夫 2012-12-24
  「西行物語」 桑原博史訳注 2012-12-19
  「江戸・東京の中のドイツ」 ヨーゼフ・クライナー 2012-12-12
  「びっくり先進国ドイツ」 熊谷徹 2012-12-09 11:40:59 
   軽井沢の建築事務所で働きたい・・・「火山のふもとで」を読む 2012-11-05 
   ドイツの歴史から学ぶもの・・・「ドイツ史10講」 2012-11-04 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「パリわずらい江戸わずらい」 浅田次郎

2014年03月09日 | 読書
 

パリわずらい江戸わずらい

小学館

四年間にわたってJALの機内誌に掲載したエッセィを一冊にまとめたもの。

飛行機の中で読むのは、退屈しのぎがまず目的。たまたまあれば読むものだから、重すぎてはいけない。しかし、あまり無内容では却って退屈がつのると言うもの。そのあたりのニーズをよく考え、読みやすくて、ちょっとだけ心に引っ掛かる兼ね合いがうまくクリアされている。

世界ペン大会に出かけたり、小説の取材に出かけたりと外国旅行をすることの多い浅田氏は、海外旅行を自慢するのではなく、いかに体に負担を掛けずに旅をするかということや、よく旅をするからこその視点もあってなかなか面白かった。

しかし、昔の日本人は旅館しか知らなかったけれど、今のホテル形式は全世界のスタンダードになり、たいていの人はホテルで宿泊するのに戸惑うことはない。時代も進んだなあと思う。

今となっては日本の温泉旅館の方がちょっと怖かったりして。料理などは同じ値段でもピンキリですし。

表題のパリわずらいと言うのは著者はパリへ行くと必ず体調を崩し、3日くらい寝込むそうで。江戸わずらいは江戸時代、江戸へ来た人は白米を食べて脚気になることが多かったそうで。徳川将軍も脚気で亡くなった人もいるとか。

と言うように軽く楽しめる本です。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お金をかけない暮らしハッピーテク」 若松美穂

2014年03月09日 | 読書
 

節約のカリスマ・若松美穂の お金をかけない暮らしハッピーテク

ベネッセコーポレーション

 

半月くらい前に読了。著者は1972年生まれなので、私の子供の世代と言ってもいい年齢。

今風の専業主婦の暮らしぶりが伺えて面白かった。若い頃はお金が潤沢にあるわけではなく、時間もなかなか取りにくい。

その中で工夫して生活を楽しみ、家族に感謝を忘れない。簡単なようでなかなかできることではない。

幸せとは毎日、何の心配もなく暮らすこと。あの日何をしていたか、あとになったら思い出せないような一日の中にこそある。そのことを気づかせてくれる本。

勉強も、仕事も暮らしの基礎があってこそ。それを支える妻であり、母。卑下することは全然ないと思う。

もちろん世の中へ出て素晴らしい仕事をする女性もたくさんいますが、ここまで合理的に家庭を運営できるなら、子供が大きくなって仕事を始めても全然大丈夫だと思った。

ああ、若いころ、こんなこと思いつきもしなかったなあ。いつも焦燥感に駆られ、とんがっていた私。過ぎた日を思い出し、しばしいろいろなことを考えた。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

航空会社が決まった 

2014年03月08日 | 旅行

電話で問い合わせたら、ルフトハンザだそうで。やれやれ。

航空機会社にもお国柄が。以前イギリスへは大韓航空で。サービスよかった。

KLMはちょっと。。。。ものすごく節約してる感じ。CAは愛想はよかったけど、食事、飲み物は必要最小限。まあエコノミーのしかも一括運賃ですから、荷物扱いされなかっただけでも良しとしなければ。

今回はドイツ系だから、過剰なサービスはなくとも、必要不可欠なところはきっちりしていることを期待したい。何しろあのドイツですから。フランクフルトは大きな空港だった気がするけれど、ヒースローよりは小規模だった印象。

フライトスケジュール

関空10:50・・・・・フランクフルト着14:50 発16:30?・・・ニース着18:00?  夕方に着くなら今回は楽かも。

パリ たぶん10:40・・・・フランクフルト着12:00 発13:20・・・関空7:10 乗り継ぎがタイトな気がする。としたらパリ発はもう一便早いのかも。などと考えるのも楽しいけど、だいぶ旅行モードになって嫌味な女になっております。ごめんなさい。

問題は座席。ルフトハンザホームページから関空発の機材座席表を見たら、やっぱり3-4-3で、ツアーなので席の希望は言えない。というか個人手配の片道のエコノミー運賃より安い旅費で、フランスへ10日間行って観光と宿がついてるんだから、そもそもどこに座りたいなんて贅沢。まだ満席になってないようで、もしかしたら勝手に席替わってもいいかも。期待薄ですけど。

今回は旅行行くと言ってるのは、夫、長男夫婦、友人は三人だけ。お稽古ごとの教室(織り、絵付け、水彩画)では内緒にしている。

この私のことである、JTBに事前に届けたパスポートナンバーが間違っていて、あえなく空港から引き返すということも無きにしも非ず。無事出国手続きを終えたら、関空から先生にメールしよう。

荷物も必要最小限。服装も普段着で。お土産もあんまり買わない。写真もそうたくさん撮らない。

現地の空気感、それを感じたらいいかなと。マンホールのふたの絵柄や、ごみ収集のスケジュールとか。美術館では無料のパンフを貰ってくる。お土産を小分けするときの袋をそれで作る。ってせこすぎ。

最初のニースで本屋に行き、植物図鑑を買いたい。木と野草を見ていたら幸せな私。ましてや異国に置いておや。

合言葉はDo you have a guide illustré aux plantes?って英語とフランス語がごちゃまぜやんか?

Y at-il un livre d'images de plantes こちらがいいみたい。

今回はあちらでは夏時間に替わり、こちらでは消費税率が上がる。もうお、帰って来たくない。

帰国の日は県人会のお花見。行こうかな。。。。休むのは宮島のいつものお宿。

今月22日、14:00〜地元テレビの一時間番組でその宿が紹介されるそうです。あの賑やかなやなぎさわしんご氏ともう一人お笑いタレントが出演。こちらも楽しみです。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小物入れ

2014年03月06日 | 日記

今朝、GSでバッテリー交換してもらった。その間に事務所で楽しい小物入れを発見。

一枚の厚紙に切り込みを入れ、布でくるんで作っているらしい。布ならいくらでもあるので作ってみたい。と思いながら、午後からは買い物、書店などへ出かけ、晩御飯にやっと間に合うように帰宅した。

作るのはまたいずれ。乞うご期待。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加