3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

米国務省の人権報告書で日本政府によるメディア圧力が問題だと指摘される

2017-03-05 16:57:53 | 現代社会論
日本政府はメディアに圧力をかけていると指摘された。
これは忌々しき問題である。

先日も安倍首相が、大新聞の社長を読んで、中華をごちそうしたとか。
政治と癒着して甘い汁を吸う日本のマスメディア。
これじゃあ、アッキード事件といわれる森友学園問題も追及できやしないでしょうに。
政治権力とマスコミは常に緊張状態でなければ、よい社会は作れないんじゃないだろうか。

////////////////////////////////////////////////////////////////

「日本政府がメディアに圧力」、米国務省が人権報告書で懸念

TBS系(JNN) 3/4(土) 18:31配信
 アメリカ国務省が3日に発表した2016年版の人権報告書で、「日本の報道機関に対する政府の圧力強化」についての懸念が示されました。

 報告書では、去年2月に高市総務大臣が政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対して、電波の停止を命じる可能性に言及したことを、理由の1つにあげています。また、国連の担当者が特別秘密保護法も報道機関への圧力を強めているとして「日本の報道機関の独立性は、深刻な危機にひんしている」と意見を述べたとも記されています。(04日16:50).

/////////////////////////////////////////////////////////////////


損得ぬきにして闘うメディアに期待したいものである。
最後の砦、リベラルなメディアに期待するのみである。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月初めのバルコニー便り | トップ | 秀逸の「森友学園ニュース」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現代社会論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。