3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

悲壮な時代に カレーラスを聞く

2017-04-25 12:36:14 | 音楽ノート
今日は、なんとなく、カレーラスの声が聞きたくなって、José Carreras:Passion を聞いている。
情熱的なカレーラス。
もうすっかり年をとってしまったのだけれど、往年のカレーラスはハンサムとはこういうものだというくらいまぶしいイケメンだった。
で、Close to Me (After the third movement of Brahms' Symphony No. 3)とかIf Tomorrow Comes (After the Largo from Dvorák's Symphony No. 9)、Panis angelicusなんか聞いて、うっとりしてしまう。
それがなんとも美しく、ほんと細やかな歌い方、上手なのである。さすがにカレーラス。

どんなときでも音楽は私たちを励ましたり、悲しみの淵から引き戻してくれるものである。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.4.23 バルコニー便り ... | トップ | 2017.4.25 バルコニー便り ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。