3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

2017.8.5 バルコニー便り  百日紅が美しく咲いている

2017-08-05 13:30:49 | 日記
内閣改造もあまり効果なく、依然として暗雲たちこめる現政権である。
そんなことはお構いなく、バルコニーの草花は美しく咲いている。
百日紅その1はずいぶんまえに咲いた。ピンクの小さな花を咲かせている。
百日紅その2が花をつけたのである。それはそれは美しいピンクのような赤のような上品な花。中央に黄色い花粉、風にそよいでいる。
昨年、義母が8月12日に亡くなり、その直前にこの百日紅を購入したので、なんとなく義母の最後の思い出に重なる花である。
秋の台風でぽっきり折れてしまってもうだめかと思っていたが、なんと今年は花を、しかも美しい花をつけてくれたのである。
百日紅に重なるなんて、美しく着物を着ている楚々とした義母をイメージするかもしれないが、実際は活動的な義母で、頭の回転が速く、リケジョだった。

ゼラニウム、日に当たって枯れてしまいそうなので、日陰に移動させたら、とても元気になり、それぞれ小さな花をつけている。

硬い椿の実、いくつもあり、椿油ができそうである。
椿がぐんぐん伸びて、つぼみのようなものをつけている。このつぼみが冬になると美しい花を咲かせるのだろうか。
夏のうちに早くのつぼみ、硬い硬いつぼみをつけている。準備万端な椿。

今日は、ビバルディの四季(夏、冬)をかけながら仕事している。

森友、加計学園問題、日報、いろいろ気になるが、市民として政治にきちんと向き合い、いうべきことはいい、不正はゆるさない、という姿勢を貫くことが重要と思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園問題 ますます疑惑... | トップ | 加計学園問題、および森友学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。