3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

将棋電王戦をみて思うんだが・・・。人工知能と人を戦わせたところで、それだけのことじゃないか

2017-04-04 18:57:43 | 日記
将棋電王戦を見て思う。
人工知能と名人を戦わせてみたい気持ちはわかる。
名人は神だから、それを何としても負かしたいという気持ちになるんだろうが、
とはいうものの、いわゆる人工知能と人を戦わせて何が面白いのかと思ってしまう。

すごく早く走れる人と車でも競わせているような、
チーターと人を一緒に走らせるならわかるが。

とにかく、人と人が将棋をやるのが面白いのに、人工知能とたたかわせて名人を負かしたとかいって喜んでいるのもどうなんだと思うのである。

囲碁もそう。

人と人がいろいろな感情のやり取りを感じながら勝負をするのが面白いのじゃなかったのか。

錦織がロボットと戦っても面白くない。
フェデラーとナダルと戦って、年とっても技術レベルを上げて見事なラリーをする、そんなところに我々は人生を感じるわけで、
筋肉隆々のロボットと戦って、仮に勝ったとしても、負けるに決まっていると思うが、それが何かと思うのである。

人工知能の開発は素晴らしいと思うが、だからといって名人を叩きのめしても、そんなの何が面白いのかと思う。

本当に悪趣味な感じになってきたので、もう見ないのである。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.4.4のバルコニー便り ... | トップ | 道徳の教科書検定 検定で意... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。