3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

加計学園問題、および森友学園問題 記憶にないや廃棄したが許されるのか

2017-08-10 15:41:14 | 現代社会論
今回の安倍晋三を中心とする特区を使ったアンファアな新学部設置などについて、関係者すべて記憶にないとか証拠になる文書は廃棄したと答えているが、いったいそんなことが成熟した民主主義法治国家で許されるのか。
なぜ、国民はへらへらしているのだろうか。追及しないのだろうか。
こんなことは前代未聞、知らぬ存ぜぬで押し通せるものではないだろう。
天下を揺るがす大事件なのである。
内閣改造などで問題の焦点をぼかすようなやり方にまんまと乗せられてしまっていいのか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.8.5 バルコニー便り ... | トップ | 北朝鮮を刺激するトランプと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。