3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

2016.10 秋のバルコニー便り 2

2016-10-17 10:48:34 | 日記
今日は大雨であるが、雨のバルコニーも素敵なのである。

雨がガラス窓に振り付ける。
遠くの家々が雨に打たれている。

色づき始めた楓も雨に打たれている。

桔梗が元気なのが不思議だが、紫色のその花も可憐に雨に打たれている。
小さなつぼみを見つけて、うれしかったりして。

秋紫陽花が咲くかと思って期待しているが、枯れてしまって無理のようである。
手入れが足りなかったのだろう。
そのかわり皇帝ダリアがどんどん大きくなっているから、そのうち咲くだろう。
たのしみである。

雨のバルコニーもいいが、月の光が降り注ぐバルコニーも美しい。

先日は満月だった。
あの日の月はことのほか美しかった。

夜中に寝ようと思って、ふと窓の外をみると明るい。
おお、そうだ。今日は満月だったなと思い、バルコニーに出てみると、美しい月が真上から照らしている。
草木は眠っているが、月の光に照らされて美しい影を描いている。

なんて、不思議な光景だろう。
街灯の光ではない、月の灯りがこのように明るく真夜中に草木を照らす風景、今まで気づかずにいた。

秋のバルコニーで月を愛でる。
雨のバルコニーで雨の風景を愛でる。

自然は我々の心を和ませる。

バルコニーで自然に親しむことができるということ、幸せなことだと思うのである。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花はどこへ行った&悲惨な戦... | トップ | 女性の性が軽んぜられていな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。