3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

下村博文も終わりだね

2017-06-30 13:13:41 | 現代社会論
こんなにわかりやすい贈収賄もないくらいである。
加計学園の法人秘書室長が文科省の認可で忙しくしていたころ、下村の事務所を訪ね、200万円を渡したという。闇献金が明らかになった。
政治資金規正法にもとづくものではなく、領収書は不明の怪しいお金である。

お金が届いた、もらった、加計学園の室長から、領収書もへったくりもあったもんじゃない。
もらったらおしまい。文科大臣だった時代。
イッカンノ終わりである。
さようなら下村博文。
あなたのような人が自民党都議連の代表なんかしているんじゃ、東京も終わりだと思っていたら、やはり、ぼろがでたよね。
苦学して群馬からでてきたのに、結局、お金に汚い人だったということでそれが命取り。
安倍の腹心の部下だから、汚れ役もやらないと出世できないとおもったのだろうか。
苦学して何をまなんできたのか。
清廉潔白ということは学ばなかったのだろうか。

加計学園も汚いやり方である。金を積んで、安倍の友達だっていって偉そうに、獣医学部を作るっていうんで、文科省に横車を押したのだ。

だいたい、規制にドリルなどといっているが、医師や獣医師、看護師などは命にかかわる仕事だけに粗悪品を乱造してはいけない。
だから、定員がきびしくある。それを安倍晋三は獣医学部をいくつでもといって、何を血迷ったのか、頭がおかしくなったとしか言いようがない。
取り巻きが相当バカなのか。ちゃんとした良識ある取り巻きはいないのだろうか。

文科省の規制はドリルで開けるようなものではなく、人や生き物の命を預かる仕事を大切にし、人材養成を丁寧にやるための規制なのだ。
民間議員の八田とか竹中など、人や動物の命をなんだと思っているのだろう。
経済特区じゃあないんだから。
よく考えてみよ。
なにが規制緩和だ。結局金儲けの話じゃないか。
世の中にはもっと大切な仕事があるんだ。
馬鹿な獣医がはびこってしまったら困るから、加計学園の獣医学部は認めないほうがいいと思う。
文科省の設置審の先生がたの良識のある判断を期待したいのである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田議員、暴言で秘書から訴... | トップ | 東京都議選2017.7.1 の安倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現代社会論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。