3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

安倍が国会で加計学園問題について説明するってよ 馬脚を現すか

2017-07-13 19:50:24 | 現代社会論
 安倍晋三首相は7.13、学校法人「加計学園」問題をめぐり国会で説明する考えを自民党の竹下亘国対委員長に伝えた。

 これを受け、竹下氏は民進党に予算委員会の集中審議開催に応じる意向を伝えた。自民党は当初、開催に難色を示していたが、首相の意向を尊重して対応を一変させた。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

安倍が説明するってよ。
どこまで歪曲させて説明するかが見ものだ。
特区だからとか規制にドリルなどというのだろうね。
このところ、静かだとおもっていたら、竹中たちから入れ知恵されていたのだろう。
予行演習も済んだので、出てきて説明するそうだ。

しかし、これで、ますます末路がみえてくる。
やめろコールがますます高まると思う。
今更、ウソ重ねて説明したところで、だれも信じるわけないだろう。
当日は国会議事堂に大勢人が集まってやめろコールのうねりが高まると思われる。

内閣改造などといっているが、安倍がやめなければ改造も減ったくりもない。

前川前事務次官を国会議員にという動きがあるとか。
確かに、安倍より理路整然として話ができるし、IQも高いのだから、いいかもしれない。
安倍の顔はもう見るのも嫌だとみんな思っている。
加計孝太郎も引っ張り出すべきである。
おシラスに引っ立てられる悪代官と悪徳商人たち。
内閣支持率ゼロをめざそう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐川理財局長の国税庁長官就... | トップ | 劉暁波氏、亡くなる  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。