広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青春だったのかもしれない

2016-12-28 06:00:34 | 日記
大輔は、亡くなった祖母が大事にしていた書籍の価値を聞くために、
古書堂を訪れ、推理で思いがけず自分の出生の重大な秘密を知る。
上野 キャバクラ

ワトソン的存在で、共に古書にまつわるミステリーに挑んでいく。
それをきっかけに古書堂でアルバイトをするが、幼い頃のトラウマから、
“活字恐怖症”となり、本を読んだだけで体調を崩すキャラクターだ。
今年は、ドラマ『GTO』同局系での主演が好評だったAKIRA。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失ってから気づいた | トップ | 見送らせてください »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。