TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

リベンジが面白い!

2012-03-31 | 米国部屋
ガブちゃんことガブリエル・マン復活!の「リベンジ」。
いやはや相当面白いですわーーー



エミリーと男子's。
皆さんイイ身体しております、ガブちゃん然り。
っていうかどういうシチュエーションって気も……
右から二人目のジャック役の人は「ロズウェル」(我ながら古い…)で刑事の息子役
やっていた人っていうのはわかった。
年齢がバッラバラな男子'sなわけですが、そんな中でもガブちゃん39歳には見えないよ!

昔からガブちゃんに注目していた者としては、一時期絶望の淵に追いやられたわけですよ。
↓の左側のお姿が正に茫然自失した時代。



これは無いっしょ!
右側の現在のお姿と比べれば明らかで!
っていうか現在のお姿は10年前の「プッシーキャッツ」や「ピンクモーテル」の頃の
個人的にガブ!ガブ!騒いでいた頃のビズに戻ってるわけですよ!
これってスゴイことだと思うんですけどーー
ただでさえ、見た目の老けかたが早い欧米人にしては、驚異的!
元々の素材の良さがあるにしてもねん、相当努力したんだよーきっと。



こんな小粋な姿が多いノーラン。拗ね顔がお約束。

ノーランとエミリーの薄ーい共犯関係はどこまで続いていくのかな。
ノーランが何考えているのかイマイチわからない前半だけど。
それにしてもどの出演者も麗しく眼福物のドラマですなーーー

アメリカではシーズン2がスタートするみたいですけど、どういう展開になっていくのか。
楽しみ~~。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

次から次へと

2012-03-29 | 英国部屋

ちょっと、60年代のピーター・オトゥールみたい。

さて、次から次へとお仕事が決まるShaunですが、次はコレ
ルパート・ペンリーと3度目の共演ですよ。
しかも今回は堂々のW主演!一気に出世しましたな…
ブレイク・モリソンは日本でも何冊か翻訳されてますけど、どれも90年代に書かれた本ばかり。
このドラマの原作となっている物は2010年に出版されたってことで、未訳ですな~残念!
「The TAKE」といい、惜しいところで日本では出てないのねーー。

しかし、ITVとのお仕事が多いな。
今までのドラマのほとんどがITV産。
今度やっとBBCの「SILK」にゲストで出られるって感じなのかしら?
未だどんな役だか詳細出てませんけれども(幾ら検索しても出てこないーーー)。

「Endeavou」の新エピソードは今年の後半から撮影ってことなので、
このドラマの方が今年中には見られそうかな?
恐らく夏頃に撮影して年末か年明けに放送のような気がしてます。
で、すぐにDVDも出るんだよ、きっと!

今年ブレイクしそうな予感~青田買い好きとしては理想の展開ですわん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役者としてのスキルって…?

2012-03-26 | 英国部屋


このShaunは映像で見ているお顔と違うのよね……ちょっと別人みたいに見える。
事務所の宣材写真なので最新ショットではあるんだけど。
っていうか顔の肉落ちすぎじゃね?

さて、Shaunはリバプール出身ってことで普段はかなり訛りが強いです。
役柄でもリバプールが舞台になっていたり、ダラムが舞台のドラマでは北東部の強い訛りや、
イーストロンドンが舞台の場合はコックニーで話していたり、
海渡って米国人を演じていたりで、
いわゆる「訛りなし」での台詞っていうのは聞いたこと無かったです。
でも「Endeavour」ではほぼ訛り無しでの台詞回し。
聞きやすい~鼻にかかった声質なんですけどそれすらも知的に聞こえる~みたいな
そんな印象なんですよ。
自分が感化され過ぎ?って気がしないでもないけど、やはりそのあたりって重要。

でも様々な地域のアクセントで話せるっていうのもスキルに入るんですね。
マネージメント会社のShaunのプロフィールには話せるアクセントが事細かに書かれている。
リバプール、マンチェスター、ランカシャー、オールロンドン、エジンバラ、ウェールズなどなど。
アメリカに到ってはミッドアトランティック、サザン、ウェストコーストって分けてある。
英国だけでもこんなに色々とあるのね~。まあ日本でもそれぞれ方言はあるわけですけど。
スキルには書かないよな~普通。
面白いなーーどんなアクセントでもイケますよっていうのは英語圏の役者にとっては
強みになるんでしょうかね。

じゃあ、ハイクラ~スのアクセントを話すShaunは?ってことで結局「プリンセス・カイウラニ」を
ポチっとしちまったぜ……
際限ないな…ズブズブとどこまでも落ちていくポチっと地獄…
お値段はね別にいいんですよ、安いから。
問題なのは収納場所なわけですよ…もうホント無理!
英・米・香・台・韓・日とそれぞれのお国のDVDやCDが増え続けていくわけで
しかも各国の連ドラのDVDとか買っちゃった日にゃ嵩張るBOXの山・山・山。
日本の物ならまだしも、輸入BOXは売りにも出せないわけで…そんなものがあっちこっちに詰まれてます。
ヲタ人生を辞める気は毛頭ないものの、ちょっとここいらで見直す必要は大有りだよね…と
思い始めて早20年…時が経つのは早いものですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lee撤収

2012-03-23 | 英国部屋
「ホテバビ」のシーズン3が終了。
面白かったーーたった8話だからあっという間でしたわ。




Lee演じるジャックが登場した2話目でいきなり支配人だったチャーリー(マックス・ビーズリー)
が旅に出てしまった設定で降板。
で、ジャックが支配人になったシーズン3。
っていうか、シーズン3が始まって早々で2名のレギュラー陣の降板ってありなの?
シーズン2で降板すりゃあいいじゃんと思うのは私だけでしょうか…
てなわけで、OPの映像も変わりましたよ。



支配人席に座るLee~

支配人になった初回は↑のキャプチャの通り新米支配人のてんてこまいの巻~
な感じだったわけですが、いきなり貫禄ついちゃいましたよ、ラス2では。




デコ上げ~の眉間に皺寄せる~の。
おーーこの姿をもっと見せてーーってところでシーズン3は終了。
一応、来週はシーズン4の1、2話も放送するのでLeeの生存確認はしますけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Wreckers

2012-03-21 | 英国部屋


DVDで「Wreckers」を見た。
ザンネンながら英語字幕が付いてなかった…
なので訛りが強いShaunの台詞がほとんど聞き取れなかったよ…
って思っていたらimdbの掲示板にも同じ事を書いている人がいて
やはり英語圏の人でも厳しいのか…とちょっと納得。
しかし…登場人物の誰にも感情移入が出来ない上に、女主人公の身勝手な
行動や言動を見ていてイヤな気分になる話だったわ。
ナンなんだろう~これは?
何を描きたかったのかしら?

でもってこの作品自体撮影されたのはかなり前なのかしら?とも思って。
というのもShaunがふっくらと肉付きが良いのよねーー
これと比べると今ってやっぱりかなり細々かも。
2年前ぐらいに撮影してやっと去年陽の目を浴びて、今年DVD化したって感じなのかな。

恐らく、↓に映っているのがちょうどこの作品を撮っている頃かと推測。
髪型とか無精ひげとかまんまだもの。
2010年の映画「プリンセス・カイウラニ」のインタビュー。



この映画のDVDはカイウラニ役の人がどうも……で購入を見送っているものの
上流社会の若者役という珍しい役なのでちょっとは心惹かれるものはあるのよね~
どーっすかなーーー
まあ、「Wreckers」よりかは見所は盛りだくさんな気はする……
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガブちゃん復活!

2012-03-19 | 米国部屋


こぶしゃんのところで教えていただきました。(ありがとうございます)
愛しのガブちゃんの最新作が日本のお茶の間で見られることを!
BS258に開局した「Dlife」にて「リベンジ」。
毎週土曜日のPM9:00が吹き替え版で毎週金曜日のPM11:00が字幕版。
しかも無料~

で、上の動画がこのドラマからガブちゃんのみを編集したファン向けPVですよ。
いやーーガブちゃんのビズが驚異的に復活していて感動ーー!!
もう、一時期どうしようかと思ったわ…あまりにも劣化していて。
このままフェードアウトかよってあきらめていたのに~
凄いなーーやれば出来るんじゃん!ガブぅー!
しかもやっとご本人の年齢がわかったわ…今39歳ですよ!
5月で40!でこのビズなら上等じゃね?

Leeも頑張れよーーって直近のお姿を見ていないので何ともいえませんけど。
そんな、Leeとガブちゃんは昔モデル時代に共演してたりします。



ウチの別館から画像引っ張ってきました。
(ガブちゃんについては別館をご覧あれ…約10年前に作ったページなのでネタは古いですが)

ガブちゃんの全盛期はやはり「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」だったと思う。
メジャーな映画だったし、役柄も大きかったのでこれでブレイク!って
期待していたら結局これ以降、これ以上の役にはめぐり合わなかったような…
あ、Timも出ていた「アメリカ、家族のいる風景」も良かったけど、黒髪だったしな…
やはりガブは金髪で碧眼なところが魅力だから。
個人的には「プッシーキャッツ」や「ケイティ」のマヌケなオトコっぷりがスキですが。

わ~い嬉しいなーーーこんなステキなガブちゃんをまた目に出来るとは!
だからLeeも頑張れよ!(ってしつこい)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Endeavourシリーズ化

2012-03-18 | 英国部屋


念願の「Endeavour」のシリーズ化が決定だそうで!
ココに詳細が書かれてますけど。
2時間物で4エピソード。主要なキャストはShaunを始め続投のようですね。
ワーーイ!楽しみだ!
今年の後半から撮影に入るということは来年からオンエアってことでしょうから
かなり先の話になりますけど、この繊細なShaunがまた見られるのは嬉しい限り。
とりあえず、お仕事あって良かったわってことも含めて

そういえば、youtubeに「Wreckers」が全編落ちてます
DVD届く前に思わず見ちゃったけど……想像以上に暗いなーー
ホント、低予算映画って感じがした。
結局この映画自体はロードショー公開はされていない代物なのよね。
まあ、いいけど。
DVDで更にじっくりと鑑賞してから感想を書こうかな~書くようなことがあれば。

このブログ、夜中の3時とかに一気にアクセス数が上がるのは何故なんでしょうか?
日本時間ではないのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さめ

2012-03-15 | 英国部屋


米国映画「ドレッド 恐怖」の中のShaunはかなり背の高い人に見える。
共演のジャクソン・ラスボーンが実は小さい人だったからであって、
実際他の英国ドラマなんかで見るShaunはかなり小さめのお人。
177cmってことだから小柄な部類なのかな。
「Endeavour」の中でもよく見上げている構図を目にするし(苦笑)
カラダも華奢だし、非常にコンパクトなサイズなのかも。
とか言いつつも、実は胸筋は立派さまだったりする。
それは細身のスーツの上からも十分に確認できるぐらいで。

「ドレッド」の中でも脱いでいるシーンがかなりあって
お尻とかもモロに見せてくれちゃってたりしますけど(誰得?)
細々って感じでもないし、筋骨隆々というわけでもなく、
イイ感じに筋肉ついて締まっているおカラダをお持ちなんですよ。
別に筋肉フェチなわけではないんだけど、Shaunの作品見ると脱いでいるシーンが多いな~と思って。



「ドレッド」のShaunはこんな感じ。一番上の画像も同じ。
一応、米国人の大学生という設定……
わりと見る作品によって微妙に印象が変わる人でもある。

映画自体は………ですが、Shaun入門編としてはオススメしますよ。
一番自然なShaunが見られるのは「BOY A」だけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lee登場

2012-03-11 | 英国部屋


HotelBabylonをやっとテレビで見る。
やはりPCのチッコイ画面で見ているのとでは雲泥の差だわ。
でもってやはりこのドラマは面白い。
1話完結で英国ドラマにしては皮肉が効き過ぎずに最後がホッコリするし。
しかしホテルのセットはチャチな感じがしますけどね。
さすがにロケで実際のホテルを使うのは難しかったにしても
一流ホテルには見えないんだよな~どう見ても「セット」な感じがミエミエで。
あ、これってわざとそうしているのかしら?
それともセットじゃなかったりするのかしら?
まあ、どっちでもいいけど。

で、肝心なLeeはこんな感じですよ。



この回が情けな顔だらけなのは仕方が無い。
採用されるかされないかの試用期間中に上客とはいえワガママな客の相手になって
しっくはっくする話だったので。
怪しい~日本語話すし。
前にも書きましたけど、やっぱりスーツ姿での立ち姿は美しいのですよ。
顔が丸くなっていようとも。

今月はこのLeeを堪能させてもらいますわ~
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

完全版とカット版

2012-03-04 | 英国部屋


「Endeavour」の完全版とカット版。
当初購入したのは「カット版」なわけですが、これがamazon.ukでは「完全版」よりも
値が高いっていうのは何か訳があるのでしょうか?
完全版が£7.99でカット版は£13.99。
まあカット版は既に完売なのでセーラーからの買取になるわけですが
ナンなのレア物ってことなの?

確かになんでこんなカット版を出したんだろう~とは思う。
デンプシーという記者(パパラッチ?)が登場するシーンが全部カットされて
いるので、その性で需要なカギを握っているはずの
役人の扱いが中途半端なまま終わってしまうわけですよ。
でも完全版ではその部分が全部繋がるのでオチがちゃんとわかるし、
モースの過去に関する部分にも触れられていた。
カット割りも微妙に変わっていたりするシーンもあったりで、
ますます謎だわ~

ま、いいけど。
シリーズ物にならないかな~何回見ても飽きないので困る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加