TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

買いたい物は買ったった

2012-02-29 | 英国部屋


若いね、Shaun。

今日は都心でも大雪で、さくっと会社を休んだ。
いいの、今月はほぼ毎日12時間は会社に居たので…休息よ、休息。
で、家の前の雪かきをした。
雪はキライだ~~ホントカンベンして欲しい。
明日雪とか聞くとお腹が痛くなるもの…それぐらい家にとっては死活問題。

さて、ほぼShaun物で見たかった作品の輸入は完了。
まだ何作品か残っているけどさほど触手は動かず。
後は、来月発売される「Wreckers」が届くのを楽しみに待つぐらい~。

彼が過去にゲスト出演したドラマとかも色々と探してみたけれど、
落ちてないし、ましてや日本で放送されたこともなかった。
「Ashes To Ashes」という刑事物のシーズン2にゲストで出ているんだけれども、
これシーズン1だけ過去にwowowで放送されたことがあったらしい。
邦題を「キケンな女刑事 バック・トゥ・80's」って言うらしいけど。
どうーなのよ、この邦題。センス無さすぎませんか?
何故にシーズン1だけ放送とかいう中途半端な感じだったのかはわかりませんけど、
もうひとふんばりして頂ければ、Shaunゲスト回が見られたかもしれないのに、ザンネン。
このドラマって、ジョン・シムが主演の「Life on Mars」のスピンオフ作品だったのね。
ふーーんってことは「時空刑事1973 Life on Mars」を放送していたAXNミステリーで
放送権取得してくれてもいいのにねって思いました。

実はこのDVD-BOXは先月香港に行った際にHMVで見つけていた。
でもね、昔と違って今は圧倒的に円換算で買ったほうが安いわけですよ。
なので手に取ったけど元の場所に戻しちゃった。
たった1回のゲスト出演の為だけにBOX購入する気は無いな~ってことで。
また近々香港へは行く予定なのでその時に気が変わったら買ってくるかも……

ふむ…当分Shaun熱は冷めそうにないな……♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米物2つ

2012-02-26 | 米国部屋


ず~っと借りたまま放置していた米物2編を鑑賞。
1本目はSkeetがゲストで出た「CSI・NY」のシーズン6。
Skeetが珍しく犯人役。しかもサイコキラーでスカーフェイス。
いや~これが良かった!すんごく良かった!
正直、「LOLA」よりも何倍も良かったよ!
個人的に好きなウェービーな長髪だったし、顔はスカーフェイスのメイクだったけど
片側から見ればやはりキレイな顔だし。
なによりも、かなりイっちゃってながらも苦悩する芝居が真に迫っていて
こういう役をもっと見たいなーーって思った。
この「コンパスキラー編」は3回に渡る話だったのでシーズン6の中でも
かなり重きを置いた話だったのでは?

で、もう1本がJustinが出ていた映画「恋愛の処方箋」。



原題はご覧の通り。
Justinの主演作が日本版で出るなんて超珍しい!と思ってかなり期待して見たわけですが…
うーーむ…何ていうかどこに焦点を絞っているのかよくわからなくて。
グループセラピーで出会った男女なんだけど、そのセラピー部分がやたらと長くて
なかなか主演の二人の恋愛話に辿りつかなくて。
で辿りついても互いに好きになる過程が丁寧に描かれてないし、
かといって一目ぼれって感じでも無いし。
セラピーに来たメンバーについて描きたいのか、二人の恋愛話を描きたいのか
どれも中途半端な描き方でどうやっても尺が無さ過ぎるよって感じ。
益々、エステラ・ウォーレンが大味になっていたわ~

Justinは出演本数だけは多いんだけど、ほとんどがインディーズ系の映画。
後は、「WEEDS」。
それにプラスして舞台にも頻繁に立っていたりして、よく働いてます。
彼の演技には独特の間合いがあって、それってどの作品でも出ている。
わりと傍観者的な一歩引いている感じの芝居っていうのかな、
自分が中心であっても演技している感じがしないし、普通に会話している途中で
興味失っちゃったみたいなチカラの抜け具合を感じる。
ホント、独特。

もっと作品見たいんだけど、輸入物を買うほど良さげな作品は無い感じなのが残念。
やっぱりプライアーがスキ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月のCS放送

2012-02-22 | 英国部屋


上からTimの「Lie To Me」シーズン3。
これで見納め……段々ガラが悪くなっていったけどこの最終シリーズでは
どこまでいってしまうのか、カル~

Leeが準レギュラー化した「ホテルバビロン」シーズン3。
もうユニバーサルチャンネルでは何回も放送してるみたいですけど、
私は落とした物しか見ていなかったのでテレビでじっくりと日本語字幕付きで
見るのは実は初めて。
ついでにシーズン4も1~2話放送するようなので。

で、実は一番楽しみにしているMax Brownがレギュラーとなった「MI-5」シーズン9。
この坊主というか短髪頭が古装の時とはまた違ってステキですわ。

イヤーー楽しみだな~

Shaunがゲストで出た「ホワイトチャペル」のシーズン3は
やはりShaunがカギだった。(詳細は述べないけど…恐らくwowowでやると思うので)
っていうか2話目で撤収だったのが残念。
しかもまともに顔映してくれないしーーー
まあ、見られただけで良しとするか。
後は、「SILK2」でどんな役で出演するのかを楽しみに待つとしよう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The TAKE

2012-02-17 | 英国部屋


フレディは4年間の刑期を終えて出所した。
刑務所で出会ったオジーは刑務所の中からロンドンの裏の社会を牛耳っている。
フレディは出所した日、迎えに来たいとこのジミーを誘い一儲けしたいとたくらむ。
フレディの妻ジャッキーの妹のマギーは恋人であるジミーがフレディと組み裏の世界に
足を踏み入れていくことを良く思ってはいない。
オジーが収監されている間に台頭してきたシディーと組みセキュリティ会社へ
押し入るフレディとジミー。
ジミーの機転により大金を物に出来たが、フレディによって仲間を殺されていたシディーは
この襲撃の後にフレディを消す計画を持っていた。
既に察知していたフレディはシディーの手下の前でシディーを殺害。
ジミーはオジーの元を訪れ自分とフレディの後ろ盾になるように要求し、フレディと組み
裏の世界の顔にのし上がっていく。
賢く冷静なジミーに比べ、激情型のフレディは見境無く事を起こすため、
次第にオジーの信頼も薄らいでいき、いつしかジミーが全てを取り仕切っていた。
不満なフレディは同様にオジーに不満を抱くオジーの妹パトリシアと組み、
オジーを暗殺しようとするが、一命を取り留めたオジーの命を受けた
ジミーによってパトリシアは殺害される。
互いに殺しあう運命に向かうフレディとジミーだが、突然ジミーの子供リトル・ジミーが死ぬ。
実はこの子供はフレディにレイプされてマギーが生んだ子供であった。
自分の子供よりも愛しく接するフレディに嫌悪感を覚えるマギー。
事実を知らないジミーも誰よりも可愛がっていた。
リトル・ジミーが死んだのは自分よりも愛情を注がれているリトル・ジミーを
疎ましく思ったフレディの子供リトル・フレディの仕業と知り、その事実に衝撃を受けるフレディとジミー。
フレディに手をかけることに迷いが消えるジミーと、そんな運命に抗うフレディ。
リトル・ジミーの出生の秘密を唯一の切り札とするフレディだが…




英国のミステリー作家マーティナ・コールの作品をドラマ化。
マーティナ・コールは1作だけ日本でも翻訳が出ているだけで、ほぼ無名ですね。
英国では人気作家のようですけど。
ただこの作品はミステリーと言うよりかはハードボイルドな気がしますけど。

1980年代~1990年代の10年間のお話。
10年間を4話で通すわけですが、女性陣は髪形とかファッションで時を経たなっていうのが
わかるんだけど、男性陣の容姿がほとんど変わらないという。
まあ、Shaun演じるジミーは最初チャラい兄ちゃんだったんだけど、力をつけていくにつれ
シャープさと貫禄が出てくるのでそこは上手く演じていた感じ。
終始変わらないのが、ハーディ演じるフレディで。
常に顔のどこかのパーツから汁が流れているという細かい演出でジャンキーさを出してたけど
見た目もダメさ加減も10年間変わらず。

剛と柔、静と動、愚昧と賢明と対照的な二人のキャラが演じる二人の個性や容姿にもマッチしていて
良い相乗効果をもたらしているように見えた。

それにしてもハーディはアクが強いな~
その存在感と、あのどうしようもないネジが何本取れてんだ?ってくらい
イッちゃってる演技の上手さは凄い。
正直、彼の隣に居るShaunはかなり頑張っているけど霞みがち。
かなり腹ボテだし、終始口空けてジャンキーっぷりを見せているんだけど
何故かセクシーに見えるというのが、ハーディをここまで人気者にさせた要因の一つなんでしょうか?
でも個人的には全く惹かれないのですが……

Shaunのこの手のシャープで賢くて残忍でって役は初めて見たけど、あのムダの無い
容姿からしてハマってた。
しかし、話数が進むにつれてどんどん痩せていってるんだけど、あれって役作りというよりかは
本人のプレッシャーの性でしょうか?
その精悍さが最終話に向けて冷酷で残虐になっていくジミーとシンクロして説得力あったけど。

日本ではまずDVD化とかCS放送とかはしないだろうな。
まあ、ハーディ人気が日本でも出たらどこかが買い取るかもしれないけど。
それにしても10年間を40分×4話でやるには時間が足りなさ過ぎ。
かなり端折っているんだろうな~って部分があった。
え、そんな話あったっけ?みたいなね。撮影はしたけどカットしたのかな~っていう部分とか。

でもでも、このドラマで一番カッコよいのはオープニング。
カザビアンの「Club Foot」が流れる中メインキャストのストップショットと
各シーンがカットインされて、メチャメチャカッコよろしいのですよ。
youtubeで探したけどこのオープニングは無かったーー残念!
是非見てもらいたかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Shaun Evans(ショーン・エヴァンス) その9

2012-02-12 | 英国部屋
もういい加減このタイトルは止めようかな……



2004年の出演作「華麗なる恋の舞台で」のShaun。
今よりもふっくらと肉付きよく、若々しい。
この映画、米国俳優が英国人を演じて、英国俳優が米国人を演じるという面白いシロモノ。
といっても、ベニングとShaunのみチェンジしているだけですけど。
お話自体が面白いのでオススメ。
ジェレミー・アイアンズが良い味出してます。



ホラ、こんなに可愛い~Shaun。
これが5年も経つと、



こんなに痩せてしまうわけですな。
これはこれでシャープでステキんぐなわけですけれども。
これは「The Take」のキャプチャ。
結局、完全版と一緒に注文しちゃった「The Take」。
この感想もそのうち書こう~~
只今超売れっ子状態の、トム・ハーディの魅力が全くわからないワタクシですけれども
このドラマ見てもやっぱりわからなかったよ!ってことがわかっただけででも良しとするか。
あ、ドラマはすごく良く出来ていて見ごたえアリ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッキン

2012-02-08 | 英国部屋


Leeのサイトをやっている頃は英国のマイナー俳優を好きな皆さんと
仲良くさせていただいてました。
その時に知った俳優の一人にマッキンこと、スティーヴン・マッキントッシュがいます。
当時、彼の作品をかなり見ました。
で、今回久々に今のお姿を発見!先週BBCで放送されたドラマ。
彼も年を取りましたな……でもこの特徴のある声は変わらず。
腺の細さも相変わらずで、品の良い中年になってますね。

昨日のGoogleのバナーがディケンズの生誕を祝うイラストになってましたけど、
ディケンズの作品「われらが友」のマッキンはサイコーです!
ホント、このドラマは名作だと思うーー
未だに見返したりしてる全く飽きない優れたドラマですわ。
それにこの当時のマッキンの美しさといったら……
これね、原作を読みたいんですけど既に絶版で、古本しかないんですよね~
書籍の題名は「我らが共通の友」。
ま、その前にビデオで持っている「われらが友」をDVDに買い換えるべきなんですけど……
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本でも見られる

2012-02-04 | 英国部屋
相変わらずLeeで検索され続けていますが、何故に?
10年前、Leeのファンサイトを立ち上げた当時では全く考えられませんでしたけど、
Leeが出演した作品が日本でもDVDでレンタル出来る時代になりましたね。
何とも感慨深いですな~
それだけ英国のテレビシリーズが日本語化される時代になったってことよね。
スカパーの普及も大きいのでしょう。
ってことで、何も無理して輸入しなくても日本で見られるLee作品を調べてみた。

・アッシュ&スクリブス ~ロンドン邸宅街の殺人~(原題:Murder in Suburbia)
4話目にLeeがゲスト出演しているはずなので「2」をレンタルするとよろしいかと。

・THE TUDORS ~背徳の王冠~(原題:The Tudors)
34話目、35話目に出演しているので「vol.17」「vol.18」をレンタルするとよろしいかと。
ただ、CSで見ていた時には34話目しか出ていなかったんだよな~
異教徒を信仰している役でエドワード・シーモア(Max Brown)に助けを求めにくる役。
ピアノとか弾いていて、磔されてシーモアの名前を出すように暴行されていた。
まあ、あんまり期待して見ると「エ?これだけ?」って思うでしょう。
ただ、このシリーズ自体が面白いし、ヘンリー8世演じるジョナサンが
魅力的なので全38話通して見ることをオススメしますわ~

・フォーサイト家~愛とプライド~(原題:The Forsyte Saga)
Leeが登場してくる「TO LET」は「4」「5」ですね。

これだけか……少ないな……
で、あともう少しメーカーさんガンバッテいただきたい!のが「ホテル・バビロン」。
これシーズン1のみがDVD化されてましたよ。
まあ、CSで放送されているのでそのうちなるんじゃないかな~とは思いますけども。



キャプチャしておいてupしていなかったホテル・バビロンの画像。
ほらやっぱり角度によっては顔の幅が気になるきーー

案外、最近登場してきたShaunに関しては日本で見られる作品が多いかも。
今後の放送も期待できる作品が多いし、DVD化されてないけどCSで放送されたので
確保済みの作品もあるし。
そうそう、Shaunのエージェントってわりと大手なのね。
ロバート・カーライルとかヨアン・グリフィズとかスティーブン・フライにヒュー・ローリー、
エマ・トンプソンにティルダ・スウィントンなどなど。
Leeがイマイチなのはやはりエージェントの問題なのかしら?





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Shaun Evans(ショーン・エヴァンス) その8

2012-02-01 | 英国部屋

この顔スキ♪

フラっ~とamazon.ukを覗きに行ったら、何と!
「Endeavour Complete Edition」なる物を発見!
これって、先に発売されたDVDの完全版なんですとーー
どういうことよ!私が買った版は9分間もカットされていた版なんですよ(怒)
なんでそんな中途半端な物を先に発売すんだーー!
89分物と98分物!ドラマの中の9分間ってかなり重要ですよ、そりゃ。
しかもテレビ版は98分物だったっていうのに……
amazonのレビューにはご丁寧に消失した9分間のエピを書き込んでいる人もいたりして。
そうなのよね~実際、犯人探しは出来たんだけど肝心な伏線の部分が
あやふやなまま終わってしまったので、これは連続になった時に解いていくのかい?
とか勝手に解釈してましたけど、なんだよ!ただカットされてただけじゃん!
しどいな~~、どういう販促だよ~~
既に89分版は売り切れになっているし、なら最初から完全版を出せよ!
ってことで、まんまと悪徳商法に引っかかってしまったかのような気持ちで
完全版をポチっとしましたとさ。いいカモだよなーー

話変わって、「ホワイトチャペル」のシーズン3の1話目を見た。
過去2シーズンはwowowで放送されていたとはいえ、未見なので
よくわかっていませんが、昔起こった有名な殺人事件を現代で模倣した事件を
解決していくお話なのね。
で、シーズン3も200年前に起きた殺人事件とまるで同じシチュエーションで
起きた事件を扱っていた。
これ、恐らくwowowで放送されると思うので詳細は書きませんけれども、
何とも不気味ですわ~
要所要所にカットインされるシーンにゾワゾワさせられるというか、
なんとも気持ち悪いのですよ。

で、お目当てのShaunは大工さんでした。
1シーンのみの出演だったけど、多分あと2話分も出ると予想しておく。
この程度の扱いでは出さないだろうよ、ちゃんとフルネームのある役だし。
っていうか鍵を握っているんじゃないの?と期待もしておく。
とにかく1話は冒頭部分に過ぎないので今後の展開が気になるところ。
かなりオカルトチックな話ではありますなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加