TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

海猿

2007-01-27 | 和室

今更だけど、「海猿」をレンタル視聴。
ずっと「かいえん」って読んでいた自分
わざわざ英語表記で「UMIZARU」って書いているのにね。

何故今、この映画なのかというと、
大口兼悟くんと斎藤工くんとMITTUが出ていると知ったから、遅いよ
いや~でも良い映画でしたよ。
W伊藤くんと研音の海東くん以外はほぼ無名の若者っていうのが
良かったのかも~
ここで、デカい事務所関係の子達がうじゃうじゃ出てきても
画面がウザいだけだしね…
正直、重要度はW伊藤と海東ぐらいなので、他のメンバーを
大写しにする必然性も無いし。
でも「その他」という扱いにしては、ちゃんと物語に
全員絡んでくるし、台詞も(少ないながらも)均等に
振り分けられていたし、何よりも団結力っていうのがこの
無名の子達によって真実味を与えさせたんじゃないのかな~という感じ。

そんな中、大口くんは工くんよりかは気持ち映される
頻度も台詞も多かったような…(まあ、大した差はないけど)
茶髪なので頭しか映らないところでも目立ってましたな。
180cmあるはずなんだけど、デカい子が揃っていたせいか
それほど大きく見えなかったよ…
いっつも、大口くんは舞台の上の「生」でしか観ていなかった
ので、映像っていうのがすごく新鮮!
もっと映像出ていいのにな~
生で観られるのは嬉しいけど、ドラマでも十分人気者になれそうなのに。
もったいないよ~。

工くんは今よりも幼い印象。でも引きで映してもすぐわかる
デカさっていうのは大切ですな。

肝心の映画は面白かった♪
なんか「ウソくさいんじゃないの?」とか引き気味で
見ていたんだけど、感動させてもらいましたよ。
でも、パート2の方はあの沈みゆく船での携帯電話での
延々の会話が嘘くさく見えたので、見ないつもりですけど。
それに、メンバー総入れ替えで肝心の二人は出ていないし…

大口くんにしても、工くんにしてもテレビの話が無いのは
本当にもったいないんだけど、所詮事務所の力が
物を言う世界で、致し方ないことなのねん
だからなのか、ドラマ化したにも関わらず第1話に申し訳程度しか
出てなかったし…
ま、配属先がそれぞれ異なるっていう設定上では
ムリは無い展開にしても~

とりあえず、3月の大口くんの最後の藍染隊長を楽しみにしてますよ。
しかし、「LIVE」は良かったよ~面白かったよ~
DVD速攻予約しちゃったよ~
(ただ、個人的にヒットだったのは"ギン"だったんだけど
今回、樂日もGETで今からテンション上げて挑みます

そういえば、徳山くんも4月に舞台…
ライダー人気に煽られて観に行く人急増かな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"しげる”じゃないよ"滋(しげ)”だよ!?

2007-01-24 | 和室
孤高の美形舞台役者「内田滋」くんがいつの間にか
アトリエダンカンからCUBEへと事務所を移ったとのことで、これは朗報だなと。
正直、あれだけ美形くんなのにダンカンの一押し森山くんに
押されっぱなしだったしね~事務所暦は滋くんの方が長いはずなのに
この先良いこと無さそう~って思っていたのでこの移籍は吉だと思う。

と思ったら、早速フジの深夜枠に同じ事務所の大倉くんと
出ていたりして、幸先良いじゃ~ん
それにCUBEはさとしさんや新太さんや生瀬さんなんかもいて
舞台的にもテレビ的にもかなりおいしい~事務所だと思う~
舞台もいいけど、やはりテレビでもあの美形っぷりを
見たいと思っていたので、これから楽しみだよ、ホント。

最初に見た人形のようだった
演劇企画集団THEガジラの「レプリカ」の美少年ぷりが懐かしい~
「バルコン」での娼婦役は広末にそっくりだったけど。
あれから6~7年経っても美形っぷりは変わらずに、男らしさも
増して、新之助にも何故か似てきてるし

この間の阿佐スパの「イヌの日」も、初演の伊達っちの時とは
また違った印象で、あのドロドロの中に一服の清涼剤のような
それでいて隠微な香りもする「オス」を演じていたし。
中性的でいながらも男の艶気を出す人になりましたね~

とりあえず、蜷川シェイクスピアは置いておいて、
6月のグローブ座が楽しみ♪それもスズカツ演出!!(よっぽど縁があるのね>自分)
しかし、V○の坂○主演で、チケ取れんのかよ…それが心配
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台

2007-01-16 | 和室
松尾くんが舞台に立つっていうので早速チケットを購入。
しかし、全く宣伝されていないのでかなりチケット余っている風だな~
どうして、公式ページでさえ宣伝しないんでしょ。
あの事務所はどうなっているの?主演なのにさ~。でも九段会館でやるだけに
かなり「戦争物」っぽい感じ
去年は松田悟さんが主演したみたいだけど。
毎年春には上演される芝居なのかな~
「<同期の桜>-君にめぐり逢いたい」という芝居。
前回いろんな媒体で当人が出て宣伝しまくっていた蜷川演出の「キッチン」
は結局降板という形で終わってしまったので、正直当日が来るまで心配。
あれはもったいなかったよな~成宮くんや須賀っちとの共演だったのに。
本当に顎関節症だったのかは怪しい…蜷川さんの伝家の宝刀が抜かれた
んではないかな…と疑っていますけど。
ま、何もトラブルが無ければそれに越したことはないので。
かなり前方の席なのでじっくりとあの色白の美しいお顔を拝見してきますよ。

先週の「パイルドライバー」の舞台挨拶は断念。
朝イチで並んで整理券もらっても上映時間は夜の9時過ぎって…
いくら遊んでたって体力持ちませ~ん
ま、あんまり盛り上がらなかったようなので行かなくて正解かな…
でも、とっちゅんと共演女優との話には興味あるけど
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカンダンスアイドル

2007-01-07 | 米国部屋
結局、お正月の「チーター・ガールズ2」のアンヘルくんは微妙でしたな…
ラテン系のホアキンくんの方がタイプ。
やはり踊れるってことは点数が高いですわ、自分の中で

ところで、やはりお正月と今日と集中放送していた
アメリカン・ダンスアイドル」これ、面白い!
今更なんだけど、どうにも毎週放送とか時間的にも
見ていられないので、こうやってまとめて放送してもらえると有り難い
今日の集中放送分で、TOP10まで絞られてたけど、
これで毎週放送している分に追いついたの?
今のところ、残って欲しい子達が残っているので嬉しいかも。
やはり基本がバレエにある人たちは強いかもね~
コンテンポラリーも日本だとモダンバレエ(ダンス)と呼ばれているものを
指しているのかな。
アルビン・エイリーとかノイマイヤーとか、近藤さんのコンドルズとかか
ジャズから入ってもその過程の中でバレエを習うか習わないかで変わってきそう。
ヒップホップしかない人はやはり基礎が無い分、審査が進めば進むほど
引き出しが無くなっていって難しそうに見えるけど。

でもこれで優勝しても「アメリカン・アイドル」の様にCDデビューとか
形に残ったり将来が保障されているものじゃないしね、
そこがダンサーっていうのは微妙な感じなんですけど…
セリーヌ・ディオンのツアーダンサーで1年間っていうのは
彼らにしては大変名誉なことなんでしょうか?
まあ、ダンサーというだけで想像もつかないぐらい居そうだけど、全米では。

バレエが専門のジェシカは「STC」のサラ・ジェシカにそっくりなんだけど…
しかし皆、若いのね…ドミトリーとか20台後半?とかに見えたけど、
ナタリーも老けすぎ…
日本ではベンジーが今のところ一番人気なんすね…

ダンサーといえば、マドンナのツアーを追ったドキュメンタリー
「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」に登場するツアーダンサー達は
一人を抜かして全員ゲイの華麗なダンサー達で…
その会話は全ておねー言葉で訳されているので可笑しいんだけど、
ダンサーとしてはそれはそれは美しく、魅力的な人たちなんですよね~
この映画大好きで公開当時やDVDになった今でもよく見ていますわ。
「VOGUE」のMVで踊っている人たちです。

だからね、ドミトリーとかもそうなのかな~とか思ったわけです。
「センターステージ」の監督が「バレエ学校でゲイではない男性ダンサーを
探すのは非常に難しいことだ」って語っていたのが印象的。
いいんです、ステキな男子はゲイでも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加