TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

Leeのこと

2005-10-30 | 英国部屋

元々、このblogは本サイトである「Who Is Lee Williams?」から派生してます。
なので、唯一リンクも貼ってあるのですが、ここのところこの本サイトのカウンターが
上がっている~
もう、1年近く更新していない半ば死んでるサイトなんですけど、
そりゃリンク貼ってあれば見てみますよね。

約、2年近く細々と続けていたサイトですが、当時は本当によく
出演作があったのですよ、Leeにも!
特に2003年は当たり年だったよな~(遠い目)
立て続けに良い作品に出演していて、様々な方の協力で映像を手に入れてました。
とにかく日本では公開作がほとんど無い!
主にテレビに出ているのも敗因ですが、それでも日本でディスク化しても良い
作品も多いんですけどね~、何故か縁が無い!
なので、未だにこの人を知る人は10人程度でしょうね
ドラマや映画は見たことがなくても、超トップモデル時代にMVには多数出演
しているので、ちょっと見たことあるかも~っていう人は多いかもですね。
日本にも1年ほど滞在してファッション誌にもよく出てましたし。
彼にとっては日本は正に「ロスト・イン・トランスレーション」の世界で
決して良い印象は無いようなんですけど
日本で見られるMVはSuedeの「Trash」PULPの「Babies」など。

で、ここ1年ほどは全くというほど彼の出演作の情報が入ってこなくて、
開店休業状態になった為、掲示板も廃止して、ま、管理人であるワタクシが
かなり色んな人、方面に浮気性であることも関係して、こうして
好き勝手に語れるblogを作ったわけです。
それにしても、本当にLeeの動向が掴めない!!
何かしら、ドラマなり映画なりの情報が入ってきてもいいものなんですけど。
imdbもまるで更新されないし…
何処行っちゃったのかしら、Lee
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

李冬冬=李振冬=阿部力

2005-10-23 | 台湾部屋

昨日放送された「花より男子」に出ていた阿部力くんで~す。

彼を初めて見たのは、香港の陳果監督が久々に李燦森を主演に迎えるというので
注目していた映画「人民公廁」で。
なんと、彼主役だったのですよ~!大抜擢!
おかげで阿森の出番が少なかったですけど
この頃は可愛い顔していたけどまだ垢抜けない感じでしたね。
でも陳果に見初められるっていうのは役者として(それも初めての映画で)すごく
ラッキーだと思うんですよね~

その後、台湾のカルト的偶像劇「米迦勒之舞」に出ているのを見たぐらいで、
台湾で活動しているんだ~(デビューは香港映画なのに)と思ってしばし
忘れていました

そんな彼の存在を思い起こさせてくれたのが、先月まで台湾で撮影されていた映画
「CATCH國士無雙」
我が“祐祐”こと楊祐寧と陳映蓉監督が再度がっぷり四つに組んだ作品に、
「李振冬」名で名を連ねているとは~それもかなり凛々しい姿で!
これは注目せざるえませんですよ。
娯楽NEWS番組で撮影風景を流していましたが、冬冬はラブシーンありぃの
アクションシーンありぃのでかなりおいしい役どころ。
なんといっても「17歳的天空(邦題:僕の恋、彼の秘密)」という名作を撮った
二人の新作ですから面白くないわけがない!
また、陳映蓉監督は女性なだけに「イイ男」のチョイスが上手いんですよね~
もの凄くツボを押さえていらっしゃる。
前回はDuncanで今回は冬冬だと読みました。

これからどんどん台湾偶像劇に出るのかしら~などと思っていたら、
「花より男子」に阿部力の名が!それも「美作あきら」!?
全然日本じゃん!と、色々調べてみたらホリプロ所属で既に
映画「大停電の夜に」も撮っていたのね。
なんせ、常に台湾・香港方面を向いているので案外、ドメスティック情報には疎いもんで…

で、昨日の「花より男子」ですよ。
つくしは合っていましたね~台湾版の大Sはああ見えてかなり良い年なので、
その点、真央ちゃんは実年齢に近いので相当マッチしてましたよ。
かなり可愛くて好感度大!
肝心のF4は、台湾版の本家本元(とあえて言おう)がかなり「老けて」見えたので
そういう点からすると日本版は原作に近く「若返って」いたような。
でもマッチしているかというと微妙~~~
ただ、原作に忠実に完璧な「F4」を作る為にオーディションをして半ば素人の彼らを
集めて結成させた台湾版とは端から出発点が違うので比べても意味が無いような。

美作はチャーミングでよかったかも。
4人の中ではちょっと老けてみえたけど、一番大人な役なのであれでいいかなと。
今後日本でブレイクするのか楽しみですわ!
ただ「第二の金城武」とかいう安易なキャッチは止めて欲しいけど、
見出しになりやすいのはわかりますが。

で、個人的には12月台湾公開予定の「CATCH國士無雙」が楽しみでしかたないです
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Without A Trace

2005-10-20 | 米国部屋
なんだかすっかりジャスティンの動向を追っている日々ですが。
今日、全米で放送の「Without A Trace 第4シーズン第4話」にゲストで出るそうですよ。
予告で一瞬姿が見られます。

日本では「失踪者を追え!」というタイトルでBS2で放送されましたけど、
果たして次のシーズンも放送してくれるのか定かではないですよね~
ホント、この局は途中で止めてしまうシリーズ多くて、その後をCSが
引き継いで放送してくれるパターンもありますが、さてどうなんでしょ?
まあ、第4シーズン放送までは少なくともあと3年以上?は待たなくてはいけない
んでしょうからねえ…

ってことで、第4シーズンの第1話、第2話を見てみました。
第3シーズンをスルーしているので話の筋がよく見えませんでしたけど、
ダニーとマーティンが襲われるところから始まるんですね~
このシリーズ、日本でも人気あったのかしら?
ダニー派とマーティン派にファン層が分かれそうな感じ。
何故、ダニーが関西弁だったのか理解できませんでしたけどね、放送中は。
ラテン系ってことでなまりを強調したかったんだと思えますけど。
それほど本人はなまっていないでしょ?
第4シリーズは重症を追ったマーティンが現場に復帰(今はデスクワーク中心)
出来るか、ダニーが襲われたことによる恐怖心とマーティンに対する
負い目を克服できるのか?ってところにかかってくるんでしょうか?
お調子者の(っぽい)ダニーが困惑している姿とか見せると喜ぶ視聴者も
多そうだし、実際2話ではそういう部分強調してたし。
まあ、まだわかりませんけど(っていうかどーでもいいですね)。

こんなに語るほど熱烈なファンではないので、知ったかぶっているようで
申し訳ないです…
なのでトラックバックとかしないで下さい
とにかく、ジャスティン見る為に復習したまでのことなので。

もう「Weeds」があまりにダメダメなので、(彼自身は悪くない…と思いたい)
この4話が楽しみですわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ、家族のいる風景

2005-10-09 | 米国部屋

以前、ガブちゃんの容姿の衰えについて文句を言いましたが、この
作品でのガブちん、良いじゃ~ん!
歌まで歌っているの(吹き替えだろうけど)?
黒髪っていうのが美しさと色白さを際立たせているし、
それにまだ細い~
それが全てですよ、私にとっては。

これ、ティム・ロスの情報を探っていて、偶然知ったことだったんですけど、
ガブちんが出ているとは知らなかったので…
太った姿見てから、ファン度が下がっていたのは確かですな。
でも作品見たら絶対、惚れ直すでしょ…
ヴィム・ヴェンダース監督で、主演と脚本がサム・シェパード。
その妻のジェシカ・ラングまで出てますよ。
シネスイッチ銀座で2006年陽春公開だそうです。

サム・シェパードといえば、大学の卒業論文に彼の戯曲を選ぼうとしたら、
「結論が出ないので止めておけ」と担当教授に止められたことがありますわ。
まだ、そんなに日本でも彼の戯曲の翻訳も上演もそれほどされていない頃
だったんですけど。未だに日本では彼の作品は上演されませんね~

さて、この映画のトレイラーが↓で見られますが。
その1がアメリカのサイトのトレイラー。
いかにもカントリー&ウェスタンの雰囲気でガブちんがかなり登場してきます。
その2はフランスのサイトのトレイラー。
これは音楽から雰囲気から同じ作品とは思えない感じ。
編集一つでこんなに印象って変わるのねという、まるで出演者が同じ
違う映画を見ているようですよ。
面白いので、是非ご覧あれ。

ティムは相変わらずひょうひょうとしていて、おっさん度が増しても素敵!
私の中では殿堂入りしているお方です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ろくでなしぃ~

2005-10-01 | 米国部屋

ジャスティン・カークのほかの作品が見てみたくて、
ただいま、絶賛米国で放送中の新作テレビシリーズ「Weeds」を見ております。

右のキャプチャがそんな彼の一部ですが、
う~んこれ打ち切りなったりしないのかなあ?
話的に面白くないと思うのだけれど…
ジャスティンはジャンキーで無職の、メアリー・ルイズ・パーカーの死んだ亭主の弟役。
日がな一日、大麻吸って、ぶ~らぶ~らしている居候。
でもチャーミングな可愛いろくでなしなんですけど

なんつうか、やっぱり普通のアメリカ男子ですわね、こうやって見ると。
「エンジェルス・イン・アメリカ」は人物像を作って「演じていた」ものだったのね~と思ったりして。
頭の先からつま先までちゃんと「ゲイ」に徹していたな~と改めて感心。
だからといって、「Weeds」の役が良くないことは無いのだけれど、
それだけ「エンジェルス」は懇親の演技だったのではないかなと、まあ作品の出来も良かったですけど。

ついでにゲストで出た「CSI:5」も見ましたが、一瞬でしたよ、出番…
それも女性殺しの疑いをかけられるトラック運ちゃん…
別に話の大筋にはあまり関係無い役で、まだまだ役柄には恵まれていないような。

この先「Weeds」を見続けるかは、PCの容量とも要相談ってことで

で、一番下のキャプチャした坊やは「Weeds」のルイズ・パーカーの長男役を
演じているハンター・パリッシュ君。
なかなか可愛らしい~金髪くんでし。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加