TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

インタビュー

2017-11-14 | 韓国部屋

やった!やっと1紙のみイ・ウニョン(ウンヒョン)のインタビューが掲載された!ってことで超久々に超訳してみました!
(だって今後も注目されるかわからないんだもん……)
しかし、ハングルの訳は初めての挑戦!(繁体字の訳は慣れたもんですが)

「イ・ウニョン(ウンヒョン)、天使のようなイム・スヒャンにびっくりした」

俳優イ・ウニョン(ウンヒョン)がドラマ「恋の花が咲きました」で妹役で呼吸を合わせた
イム・スヒャンに対して称賛を惜しまなかった。

イ・ウニョン(ウンヒョン)は最近OSENとのインタビューで
「イム・スヒャンとは今回の作品で初めて会った。都会的なルックスなのでクールかと
先入観があったが、撮影が進むにつれて全く違うということが分かった」と話し始めた。

「本当に気立てが優しくて人に配慮することが出来て、スマートな芝居をする俳優だった」として
「天使のようなとても良い妹だった」と付け加えた。

また、母親役の俳優ユンボクに対しても
「自分が台本を読んで苦しくて詰まる部分がある度に先生にお尋ねした」として
「実の息子のように教えたいただいたし、話をきいて道が開けた」と伝えた。

「恋の花が咲きました」でイ・ウニョン(ウンヒョン)はイム・スヒャンと二卵性双生児の
兄であり、人間性の良い生まれつき善良なム・スヒョク役を演じた。
劇中ではナム・ボラと夫婦役として呼吸を合わせた。

イ・ウニョン(ウンヒョン)は「ナム・ボラと夫婦としてあれやこれや生きる姿を
たくさんお見せしたかったが、実際は家族間の葛藤がとても多く描かれた」とし
「一緒に住んでからいくらも経たないうちに家を出て行ったために、夫婦としての
美しい姿をたくさんお見せ出来なかったのがとても残念」と伝えた。

引き続き「ボラは性格がとても気さくで正直だ」とし
「顔も本当に小さくて人形のように美しく見えるが、表現が躊躇ない友達のようなので楽しく撮影できた」と話した。

彼は「2年ぶりに出た作品で自分には格別な意味のある作品になった」としながら
「長時間休んで出会ったドラマなので大いに感謝したい。このドラマを通じて俳優としての
糸を放さず、難しい時期を持ちこたえることができだようだ」と明らかにした。

最後に「今後多様な役でご挨拶したい」として
「カメラの前でその瞬間、瞬間に偽りのない真実を見せる俳優で立てるよう努力したい」と伝えた。


なるーー。
そうか、劇中ではボラが「天使」と言われていたけど実際にはグンファの方だったのね。
確かに、ボラちゃんは実生活ではあんなに多兄弟がいる中の長女なわけだし、見た目と違ってざっくばらんで豪快な面も見える。

しかし、やはり2年間お仕事なかったのねーー(無かったのか、あえて役者をしてなかったのか)。
是非ともこれから役者として大成してください。
演技力は申し分ないわけだし、30代後半なら演じられる役の幅も広いと思うし。

でも、やっぱり前歯は自歯の方が良かったと思うけどなーー

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イ・ウニョンのCM

2017-11-12 | 韓国部屋

 

 

2016年のCM。
ドラマ出ない間はわりとCM出ていたようですわ。
最後のナレーションはイ・ウニョン(ウンヒョン)自身ですね。

うん、格好良いーー♪

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完結

2017-11-11 | 韓国部屋

終わりました…韓国での放送は「恋の花が咲きました」。
本当に今週で完走できるのかよーーという声多数の中、見事ゴール。
っていうか最後、かなりの駆け足で端折った部分も数あれど延長したところでグズグズな展開は免れないと思うのでムリクリ収めた感じ。
でも、正直もっと他に展開の仕方はあったんじゃないの?っていう気がしますけど。
失敗作なんじゃないかなーー。演者は良いの、演者は(これも何回目だか)。

結局最後はドヒョンが見事主役の座について、これでもかの画面占有率を誇っていました。
いや、ちげーだろ…ってツッコミもさぞ多かったことでしょう(苦笑)
しかも性格がブレブレで…結局どうしたかったんだよ。

KBSでは正にこれから鬱展開に入っていくわけですが、1か月の辛抱ですから。
もう何回同じセリフの応酬やカット割りが続くのか~と若干飽きてくるとは思いますが、その苦痛の先にはこんな素敵な光景が待ってます(ネタバレ過ぎ!)

 

ムグンファを演じたイム・スヒャンは演技が期待したほど良くなかったと記事に書かれちゃってましたけど。
「常に憂鬱そうな仕草やキョトンとした表情ばかり」って書かれていて、安易なシチュエーションと繰り返されるセリフ、
大して練られてない話じゃ演者も可哀相だよと思ってしまいましたけどね。

ウニョンとボラのカップルは本当にお似合いだった。
主役二人に比べると、キスシーンは1回きりですがとにかく抱き合うシーンが多い。
しかもウニョンがデカいのでガバッと覆いかぶさる感じでのシチュエーションが多くて、小さなボラがスッポリと収まる感じは
見ている方としては可愛いな~と見てましたが。

しかしボラは良く泣いたなーー。こんなに毎回毎回涙を流すドラマも無いだろうよってぐらい。
鼻が赤くなってくるとあの大きな瞳からポロッ、ポロッと涙がとめどなく溢れてきて、演技だとしてもスゲーなと。

次のウニョンの作品が楽しみですが、まずは次のオファーあるのかな~というのが心配。
それぞれのキャストが新聞でインタビューとかされてるのに、未だウニョンは取り上げられていない…
かなり注目浴びたと思うんだけどな。

ユ・ハジュンもそうですけど、次の作品が続かない人のファンになることが多いのかなーー自分。
ハジュンはIGでしか生存確認出来てない状況ですわ(悲しい……) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合掌

2017-10-31 | 韓国部屋

キム・ジュヒョクが事故で亡くなったそうで。
ココで何回か取り上げたことありますが、実際「テロワール」以降はほとんど作品を見てなかったので…
ファンと名乗ってよいのか微妙ですが。
悲しいですわ…
自分が好きだった役者さんがまだ若くして突然亡くなるのは昨年以来二人目ですが。
昨年の大陸の子は自死だったので、それはそれである意味あきらめがつくというか…本人が自ら望んで行ったことであるならば
そこは尊重すべきだよな…という思いに至ったのですが、突発的な事故や事件に巻き込まれた結果だと残念としか言えないです。


しかも、若い女優さんとラブラブで、出演作もかなり続いていたりして、絶頂期だったのに。
KBSを契約してますが、正直彼が出ていた「1泊2日」は見てなかったです。
あくまでも役者として演じている姿が好きだったので、素の姿を見なくてもいいよな~という感じでした。

昨夜KBSのニュースで事故当時の映像が流れましたが、ベンツのG-Classでどうやったらたやたらあんなんにペチャンコになるんだよってぐらい
原型を留めてなかったのでどんだけスピード出していたんだよとか、そもそもブレーキを踏む前に意識無くしてたんじゃないの?
とか色々と想像させられる車体になってました。
しかし、韓国って本当に交通事故多いですね。
よくドラマにそういうシチュエーション出てきますけど、リアルな世界の方がよっぽど多いんじゃないのって感じ。

「プラハの恋人」「テロワール」「愛なんていらない」「春香秘伝」はDVD持っていたりするのである時期まではファンといえますね。
「テロワール」を久々に引っ張り出して見ようかな。
素敵な作品を残してくれてありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ちあがったようです

2017-10-26 | 韓国部屋

無事に打ち上がったようです。
残念ながらボラちゃん一緒には写ってないけど……真ん中はギュリ姉ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120話で終了だそうで

2017-10-25 | 韓国部屋

予定通り「恋の花が咲きました」は120話で終了だそうです。
さすがに延長は無かったのね…視聴率悪いもんね。
しかし、後12話で収拾つくんかい。

そして、ここにきて主役が入れ替わってるよーー
本来、ムグンファとテジンを中心に話が進むべきだと思うんですけど、もはやドヒョンを主軸として話が展開してますわ。
この作家は何を描きかったんだろうか……
本国でのリアタイ検索でもドヒョンが主役かよ!どうしたテジン!みたいな呟きが多くて笑える。
まあ、みんなそう思うよねーー

懐かしい写真。
「一途なタンポポちゃん」の時のイ・ウニョン(ウンヒョン)とユン・ソヌ。
このツインタワー好きだったわ~

ウニョン演じるジュノは報われない役でしたけど、スーツ姿とワイシャツになった時の胸筋ぶりが素敵でした。
そして意外と後半になると出演シーンが増え、キスシーンもあったりしましたよ(誰向けのサービスだよ……)

そして今のスヒョク。
あまり変わらないすね~若干垢抜けた感じはあるけど。
そして瞳が相変わらずキラキラしてるーー

このドラマ終わったらまた消息不明にならないで欲しいなーー
タンポポちゃん後の3年のブランクとか再現しないで欲しいわ。
小さな子供もいるんだし、せいぜいお父さん稼がないとね♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い感じなんだけどね~鬱展開へ

2017-10-20 | 韓国部屋

毎度おなじみKBSの「恋の花が咲きました」。
ホノボノ路線も今日まで、来週からは「鬱展開」が約1か月半ほど続きますーー(基本、スヒョク&ボラ目線)
ボラ可愛いよな~あんなに好きなのにね~本心を隠せざる得ないのが可哀相。

ってことで、韓国での本放送は残り15話(120話なら)となりましたが、未だ着地点は見えず。
やっと真相が見えてきて、本来ならココから本筋が始まるんじゃないの?って感じなんですが、後15話で収束すんのかよ!

で、お気にのイ・ウニョン(ウンヒョン)ネタ。

まつ毛が長いんすよーー毛量はそれほどでは無い感じですが、長さがね~かなりある。
ついつい、そういうディテールに目が行きがちです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょこっとだけ その2

2017-10-05 | 韓国部屋

KBSで絶賛放送中の「恋の花が咲きました」(毎回これを書く)。
やっとそれぞれのカップルが互いを意識し始めて、恋模様が進展していくか~という感じですね。
ここからはわりと幸せモードが続くので見ていて楽しいです。
但し、これは日本での放送分でのお話。

さて、ここからは現地放送分について毒を吐きますので、気になる方はスルーしてください。
(意外と、「恋花」での記事のアクセスが多いのでちょっと気にしてみる)

スヒョクことイ・ウニョン(ウンヒョン)はコロコロと髪型が変わります。
左上から時系列に右下が最新の髪型。
デコだしでおお~ハンサム度増した!と思ったら速攻前髪パッツンされてしまいました。
これはやはりデコ出すと年相応(35歳)に見えてしまうので、設定上29歳となってる手前少しでも若く見させようという意図かと。
でも、正直顔が大きく見えるから前髪パッツンは止めて欲しいのよね。

で、本題突入。箇条書きで参ります。

・この作家はそもそも120話を書き上げるほどの力量があるのか?同じシチュエーション、同じセリフが何回繰り返されるのか
・はい、振り出しに戻ったー。このカップルのすごろくに「上がり」はあるのか?
・甲斐性なしと一緒になれば自ずと先は見えていたはずだけど、そこは愛があれば何でも乗り越えられる!を実践中
・結局、ひき逃げ犯は父親なのか息子なのか早い処「悪縁」とやらを証明してくれよ
・何でもかんでも人の性にしてヒステリックにわめきちらすこの姉はパーソナル障害だろうか?オマエが一番いらないわ
・放送中にも関わらず自歯からセラミックに前歯を入れ替えた潔さよ!キラキラと不自然に光る白さと若干デッ歯気味になったのなんて気にしない♪
・とうとう視聴率が20%を切って、16~17%に。この時間帯でその視聴率では失敗作なのでは?
・残り20数話、着地点は見えてるのか?

と、モロモロと残念な感じ。
演者は頑張ってるんだよーー。スヒョクは格好良いよーーとだけ言っておこう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユン・ソヌのドラマも見てました

2017-09-24 | 韓国部屋

「また会った世界」。
奇しくも、「タンポポちゃん」役者が同時期にドラマに出ていましたね。
イ・ウニョン(ウンヒョン)は絶賛放送中の「恋の花が咲きました」。
で、ユン・ソヌとキム・ガウンは「また会った世界」で兄弟役。
キム・ガウンは何気に売れっ子ですけど、ユン・ソヌは「麗~」に出演するまで2年要したし、イ・ウニョンに関しては3年何してたんだ…
って感じだし。
なかなか、ドラマに出るのって難しいんですな~って思っちゃったわ。
見飽きたってぐらい売れっ子もいるのにね。

「また会った世界」は一言で言えばファンタジー。
まあ、若干ミステリーの部分もあったけど大半はほのぼのモードで話が展開してました。
12年前に殺された高校生がその当時の姿のまま12年後に蘇ってきて、当時のGFや同級生や兄弟たちと再会して
殺人犯を突き止めていきながら、現代という時間の中で新たな青春を生きるというお話。
普通に考えれば、死んだ人間が当時の姿で目の前に現れるって信じられない話だけど
わりとすんなり皆受け入れているのが不思議……
だって気味悪いじゃん、そんなの。

ユン・ソヌは一人兄弟とは縁を切ってとある人物の経済的な助けのおかげで脳外科医にまでなった人。
その素性は病院関係者や恋人には伏せており、兄弟ともまったく連絡を絶っている。
秘密を抱えているせいか、何を考えているのかわからない、感情を表さない役でしたけど、
彼女と居る時はほんわかムードを出していて、上手いな~と。
いや~相変わらずハンサムですわ。品が良い感じは変わりなく。
「麗~」は古装だった為「今」の感じが味わえなかったので、このドラマではその姿が見られて満足ですよ。
そうそう、妹であるタンポポちゃん、じゃなかったキム・ガウンに平手打ちくらってましたけど(苦笑)

この役はオーディションで勝ち取った役だそうですが、正直出演シーンは全話通してそんなに多くはないですが
わりと話のキーになる役なので存在感は抜群。
主役の一人であるアン・ジェヒョンの下手さと比べちゃうと、もっと出演シーン増やしてよ~と思ってしまいました。
そのうち、日本のCSでも放送されることでしょう。

大きな事務所にも入ったことだし、今後もっとドラマや映画で見る機会は増えそうなので楽しみにしております。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「恋の花が咲きました」が放送開始

2017-09-09 | 韓国部屋

 

日本のKBSで水曜日から放送開始しました。
前半は本当~にホノボノしていて微笑ましいエピが多くて楽しめるんですけどね。
今現在本国では75話まできましたが…ですが…


ココからは多少ネタバレになるので~とあらためて断っておきますが。
何も具体的な事は書かないので、あれですが。

ここ1か月ぐらいは正に鬱展開で…放送直後の本国のリアルタイム検索では
これ以上見てるのは辛い…とか、この鬱状況をどうにかして~とか多い(爆)
いや、ホントにこのやり取り1か月前もしてたよねーーという不毛な展開が多く、
ほとんど話が前進してない感じ。
「輝け、ウンス」の視聴率が30%近くいったのに比べると、20%前後で停滞しているのも納得。
ループ状態では見てる方も飽きてくるでしょ、しかも明るい兆しが見えないので余計にね。
かといって、韓流お得意のドロドロな極端までの悪を描く展開でも無いので何とも……
演者さんは魅力的な人ばかりだし、ミニマムな出演人数なので話があっちゃこっちゃに
飛ばないので見やすいんだけど…そこがいけないのか。
と言いつつも、毎日すんごく楽しみにしている自分ですが(笑)

ナム・ボラは日本人ウケする可愛らしさなんですけど、この娘のインスタとか見てると
ちょこちょこと反日的な発言多くて…
プロモで来日とか絶対に無さそうーーって思いましたわ。
お気に入りのイ・ウニョンは本国の方々のツイだとヒョンビンに似てるーっていうのがわりと多くて。
似てるのかな~じっくりとヒョンビンを見たことないのでわかりませんけど。
イム・スヒャンは他の作品の方がキレイだな~と思いながら見てます。
警察官なのであまりメイクしてないっていうのもあるかもですが、ちょっとほうれい線が気になる…
と思ったら、同じように本国の人も思っている人居るらしく書いている人いました。

と、長々とネタバレっぽく書いてしまいましたが、日本でこの鬱展開が放送されるのは
11月~12月くらいになるので、それまでは今のホノボノ感を堪能してください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加