小さな音風景

乾きゐる音を曳きつつ枯れ椿転がりゆけり風の吹くたび 
えとはいくかけたらよめたら・・

プチドライブ

2017年06月13日 | 小さな日記
梅雨とは言えど雨降らずお天道様が曇り空に隠れていたので少しドライブしてみました。

最初に向かったのは秋月、月の雫でパンをかいました。


山音ガーデンに注意書きがへびに噛まれて死にたくはないですよね!


月の雫の小さな蹲踞


月の雫から見た眼鏡橋


癒されますね、車は通行禁止


次に宝珠山に向かいました。宝珠山駅で一休み、丁度列車が到着しました。


前方に周りパチリ


アップでパチリ


小倉行きですね


なぜか見送りました、私は鉄道ファンでは決してありません。


線路側から見た駅の様子


駅の説明、福岡、大分両県にまたがっています。


ホームの案内板


ホームの連絡箱、いいですね、しびれますね、このさびぐあい。


待合室の照明―1 なつかしい


待合室の照明―2 これもなつかしい


待合室の照明―3 燕が巣を作り子育てをしています、よくある光景です。


駅の改札口、当然無人駅です。


駅の表側の看板


宝珠山村は東峰村に名前が変わっていますが駅名だけでも残ってて良かった、私の感想です。

ご訪問ありがとうございます。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« い草の香り | トップ | 黒南風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。