酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

グンゼ産業 トライアンフTR2 制作記5

2016-09-30 11:45:22 | 制作記
このところ天気も好いのでクリアを吹きました。
まずエンブレムを貼りましたがモールドが切ってないのでマスキングテープを貼って位置合わせしました。



2回吹いて墨入れし3回目を吹いてあります。



ボディとシャーシ部分を合わせてみました。




合体後



これから内装に入ります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ラーセン・フェイトン・バンド

2016-09-28 16:13:32 | ミュージック
ラーセン・フェイトン・バンド
(Larsen-Feiten Band)
ニール・ラーセン(Key)とバジー・フェイトン(g)、フュージョン界の2人が結成し1980年にリリースしたアルバム、「Larsen Feiten Band」です。


商業的にもまずまず成功して評判も良かったのですが、私が魅かれたのはジャケット写真。
このかっこよさはただ者では無いと思ったらNorman Seeff(ノーマン・シーフ)の撮影。
この人リッキーリージョーンズのこのジャケットも撮っているしローリングストーンズ等も手掛けています。。



中身に関しても素晴らしい内容でこのアルバムもよく聴きました。
単純なフュージョンではなく黒っぽさを含んだファンキーなR&Bのような何とも言えないリズム感があります。
冒頭の「Who'll Be The Fool Tonight」から体が自然と動き出してしまいます。

ラーセンのオルガンとフェイトンのギターとヴォーカルが正に融合(フージョン)して独特の世界を創っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グンゼ産業 トライアンフTR2 制作記4

2016-09-27 15:47:38 | 制作記
久しぶりに晴れたのでボディの塗装をやります。
選んだ色はタミヤの”コバルトグリーン”赤もいいと思ったのですが最近、赤ばかり使ってると思い実車にも多いグリーンを選びました、
それと前に使った残りがあったのが一番の理由です(笑)



エンブレムが出来ました。
一応”TR 2”の文字が読めるので良しとします。
これ以上は私には無理です~


ル・マン仕様の説明書に書いて無いフロントグラスです。
両サイドのクリアパーツは手作りです。
ロードカー仕様車は他の資料を見て作っていくしかありませんので一部想像が入っています。

サイドミラーは付けようか付けないでおこうか?
実車ではどっちもあるみたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「エアプレイ」が1980年にリリースしたアルバム“ロマンティック”

2016-09-24 18:21:27 | ミュージック
これから音楽のことも少し書いていきます。

まずは今までに聞いた中でどうしても外せないものの一枚。

スティーリー・ダンのアルバム「彩(aja)」のギター・ソロで有名なジェイ・グレイドンと当時売れっ子プロデューサーのデヴィッド・フォスターの二人が意気投合し、組んだグループ「エアプレイ」が1980年にリリースしたアルバム“ロマンティック”です。



私がこのLPレコードを買ったのは。もう新しい音楽をあまり聞かなくなった80年頃を何年か過ぎてから会社の友人に勧められてです。
彼とは音楽の趣味があってよくカラオケに行って洋楽の曲ばかり歌ってましたが残念ながら6~7年前に亡くなりました。。。
その彼が「これはいい!!!」とビックリマークを3個も付けんばかりの薦めようで、それならと買ってきて針を落としたとたん今度は僕の方が「これはいい!!!!」とビックリマークを3個も4個も付けんばかりに狂喜乱舞(ちょっと大げさ)でした。
そしてその後、AOR(Adult Oriented Rock)にはまっていったのでした。

全10曲どれも好いですが、個人的好みではピアノが印象的な「貴方には何も出来ない」、軽快な「彼女はウェイト・フォー・ミー」lEW&F(アース・ウィンド&ファイアー)もカヴァーした「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」あたりですか。

とにかくこのアルバムはAORの金字塔と呼ばれるくらいの名盤だと思います。
いまでも時々聞いています。
そして聞くたびに死んだ友人のことを思い浮かべます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グンゼ産業 トライアンフTR2 制作記3

2016-09-22 17:25:48 | 制作記
長い秋雨のおかげでボディの塗装が滞っています。
工作室を持たないアウトドア派のプラモファンは晴れの日を待つだけです。
その間に内装関係やその他できることを少し進めます。
まずはダッシュボード。
ウッドブラウンにクリアレッドを少し加えて筆塗りです。


デカールのメーター部分だけを切り取って貼り付けクリアパーツを上から被せます。
大きい方のメーターにはステンレス針金をリング状にして貼り付けてあります。


ハンドルです。


ボンネットに飾るエンブレムです。
元々小さいエッチングパーツを塗り分けるのは大変でまず赤のスプレイを吹き付けその上からセミグロスブラックを筆塗りしぺーパーで削っています。


これから仕上げるつもりですが目が疲れるので大型の拡大鏡でも買ってこようかと思います。
最近歳のせいか目が霞みます(笑)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加