酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

MONOGRAM '56 Ford Thunderbird 2回目

2017-10-20 16:36:09 | 制作記
雨が続いています。
塗装の作業はなかなかできない状況です。

'56T-bird、仮組してみました。
思ったよりはパーツの合いはよさそうです。
バンパーもamtのコンバーチブルよりボディにフィットします。






なかなか姿形がスマートで上手くできればカッコイイ作品になると思います。
塗装が難関ですが・・・




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MONOGRAM '56 Ford Thunderbi... | トップ | amt 1951 chevy Convertible ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クラキン)
2017-10-21 08:32:42
パーツの合いが良さそうというのは良かったですね。
これだけで最初の関門がクリアできたようなものです。
どうも古いキット=パーツ精度悪いというのは成り立たないようです。
古ーーいキットでも、ビックリするくらいパーツ精度が良い物があります。
パーツの厚さと整形色のW効果でかなり透けてますね。
サフを両面に吹いて、裏側もちゃんと塗装した方が良さそうです。
メッキパーツはかなりきれいそうですね。
サフ (酒好きオヤジ)
2017-10-21 10:00:40
クラキンさん

おはようございます。
パーツの精度が良ければ他に時間を取れるのでそれだけでも素晴らしいですね。

裏表にサフを吹いて下地にアルミシルバーを吹くつもりです。
その後に直接、白を吹くかまたはもう一回サフを吹くべきか?
どうでしょう?
Unknown (クラキン)
2017-10-22 07:52:39
1回目の記事でパーツ表面のキズが多いと書かれていたので、1回目のサフ吹きでキズを補正して、表面を傷の無い滑らかな状態にしてから、もう一度サフを吹いて赤地が見えなくなるくらいにしてはどうでしょうか。
現物を観ていないので想像で書いています。
Unknown (酒好きオヤジ)
2017-10-22 11:52:34
クラキンさん

こんにちは
アルミシルバーを吹くのは染み出し防止にメタル系を下地にすると良いと読んだことがあるからです。
更にその上からサフが必要かは書いてありませんでした。。

コメントを投稿

制作記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。