酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

amt 1951 chevy Convertible SUN CRUISER  3回目

2017-10-01 13:17:35 | 制作記
内装をやります。

全体的に黒を基調としているのでシートとドアの内張はセミグロスブラックを吹きました。
ダッシュボードは白とシルバーが入るのでクレオスのグランプリホワイトを吹いた後、マスキングをしてTS-13ブラックを吹き、さらにマスキングをして最後にメッキ風シルバーを吹いてあります。



マスキングを取ってスイッチ等に筆塗りしメーターにリングを付けた後です。
相変わらずデカールは付かないので針だけ浮かびあげるつもりが上手くいかずメーターに陰影を付けただけになってしまいました。



ハンドルを見てみると内側のリングが太すぎるので削ろうかと思いましたがジャンクパーツを探すと使えそうなメッキのリングが見つかったので切り取って交換することにしました。
なんでも持っているもんですね(笑)





こんな感じになりました。



コクピットのパーツを集めたとこです。


次はシャーシを組んでコクピットと合わせます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« amt 1951 chevy Convertible ... | トップ | amt 1951 chevy Convertible ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クラキン)
2017-10-01 17:40:36
懐かしいクラクションボタンです。
昔はこれが凄くお洒落に見えましたね。
ジャンクパーツも見事にマッチしています。
流石です。
クラクションボタン (酒好きオヤジ)
2017-10-02 02:34:46
クラキンさん

おはようございます。
本当はボタンの上にロゴマークのデカールが入るとこなのですがこのメーカーは何故か一切この類のデカールを付けないのでいつも困ります。
なにか理由があるのでしょうか?

その他諸々の試練を乗り越えるのも楽しみの一つですが(笑)

コメントを投稿

制作記」カテゴリの最新記事