酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

Revell社 Chevy Impala Police Car 制作記 最終回完成

2017-06-14 04:17:21 | 制作記
シャーシは金属のシャフトを通しタイヤを直接つけるだけの単純な構造ですが、最後にボディと合体させる段階になってボディに付け加えた部品がシャーシと干渉してしまい手間取ってしまいましたがようやく完成です。
これでドアの開閉式改造の経験が一つ増え今後、またやるときの助けになると思います。

今回は改造が主体で全体の出来はあまり良くないですが(;^_^A












次回は「amt 1957 Corvette Convertible」
二つ目C1の予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Revell社 Chevy Impala Poli... | トップ | amt 1957 Corvette Convertib... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完成おめでとうございます (クラキン)
2017-06-14 05:36:39
完成おめでとうございます。
パトランプが付くと一気にパトカーになりましたね。
ドア開閉加工、お疲れ様でした。
下から三枚目の写真がいいです。
正に乗り込もうとしている警官の目線ですね。
パソコン、チラと見えている無線機のマイクなどが凄く効果的です。
ミラーフィニッシュを貼ったと思われるサイドミラーもいいアクセントになっていますね。
パトランプが綺麗に仕上がっていますが、カラークリアパーツが付いていたんですか?
次回は50年代ですね。
楽しみです。 
パトランプ (酒好きオヤジ)
2017-06-14 06:35:14
クラキンさん

こんにちは
今回は塗装の出来が悪いので次回のC1は頑張ろうと思います。
前回作ったのは53年型でしたが57年型は58年型への橋渡しになりますのでヘッドライトはまだ二つ目です。
ドイツRevell社の58年型もストックしてありますのでその内作りたいと思います。

パトランプはカラークリアパーツと中央の金属部分が付いていたのですがブリキのおもちゃに付いているような感じがしたのでクリアレッドとクリアブルーを塗装して金属部分はミラーフィニッシュを貼ってあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。