酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

amt 1951 chevy Convertible SUN CRUISER  初回

2017-09-22 16:46:13 | 制作記
このキットは50年代のアメ車のコンバーチブルというだけで買ったのですが調べてみると箱絵から見て60~70年代の映画スター、スティーブ・マックイーンが最後に出演した「ハンター」という映画に使われた車をマックイーンが引き取り、彼の死後、2014年にオークションに出された車のようです。
ボディカラー、車体の仕様がそっくりで何よりも箱絵の背景がオークションに出された時の写真そのまんまです。



マックイーンは車好きで「ブリット」でのマスタング、「栄光のルマン」でのポルシェ911が有名ですがこのコルベットも味があると思います。
ちなみに84,000ドルで値が付いたそうです。

最初はボディカラーは赤がいいかなと思っていたのですがスティーブ・マックイーンに敬意を表し黄色で行こうと思います。

ボディを見てみます。




後方に目立つパーティングラインやバリ等ありますがけっこう綺麗なボディです。
サンバイザー、ワイパーが一体型になっているので切り離すことにします。



あとインストですがA4サイズを少し大きくした紙を二つ折りにしたような貧弱なインストで色の指定もほとんどなく内装に至っては箱絵を参照しろとの指示がありますが箱絵には全く内装は描かれていません(笑)
この辺のいい加減さがamtあるいはアメ車全般の特徴であり、おおらかさですね。
我々に想像力を働かせてくれてボケ予防に最適です。



次は仮組をしてみます。











ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Revell社 '58 Corvette ROAD... | トップ | amt 1951 chevy Convertible ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クラキン)
2017-09-23 09:40:40
ネットで箱絵の元になった写真を見つけました。
電柱や隣のビルを省略してある以外はまんまソックリですね。
黄色塗装がポイントになりそうです。
頑張って下さい。
Unknown (酒好きオヤジ)
2017-09-23 12:30:38
クラキンさん

こんにちは
黄色は案外、難しいですよね。
白のサーフェイサーの上にしろを塗装しその上に黄色を乗せるつもりです。

コメントを投稿

制作記」カテゴリの最新記事