酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

amt 1957 Corvette Convertible 制作記 初回

2017-06-17 13:31:44 | 制作記


C1型と言われる初代(1953~62年)シボレー・コルベットは私の好きな車種で前回の53年型に続いてのキットです。
この57年型は58年型で「4灯ヘッドライト」になる前の二つ目ライトでちょっと愛嬌のある顔立ちをしています。

部品点数は100ピースくらいでしょうか。


ボディを見てみます。
バリときついパーティングラインがありますが全体的にはきれいなボディです。




ボディに接着して問題ないパーtを接着します。




部品の合い具合を見てみます。
フロントウインドウから


フレームはそうでもないのですがフロントウインドウのクリアパーツはぴったり合います。
幸先良さそうです。


次は仮組をやってみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Revell社 Chevy Impala Poli... | トップ | amt 1957 Corvette Convertib... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい時代 (クラキン)
2017-06-18 06:24:35
50年代・・・いい時代ですね。
大戦も終わり、まだ温暖化の認識もなく、何事にも大らかで希望に満ちた時代です。
車も大らかですね。
これだけの大きさで2人乗りで、しかもコックピットの前と後ろがほぼ同じ長さですよ!
伸び伸びとしたサイドラインもいいです。
フロントフェンダーサイドの塗り分けもお洒落ですねぇ。
貴殿がお好きなのも判ります。
フロントウィンドウのフレームの合いも良さそうに見えます。
制作、じっくりと楽しまれてください。
RE:いい時代 (酒好きオヤジ)
2017-06-18 08:38:05
クラキンさん

こんにちは
ホントこのころの車は好いですね。
C1は3台目ですが後一台、その後はC2まで行くかもしれません。

57年型はおしりの突き出しが特に良いです。
今では絶対にこんな車はリリースされないですね。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。