酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってからプラモ作りを再開し自分で一人楽しんでいます。
気に入った作品と昔の音楽を時々紹介していきます。

タミヤ アルピーヌA110 2回目

2016-11-26 09:25:29 | 制作記
エンジンです。
簡単な構造です。
フラットアルミとクロームシルバーで塗装した後シャーシに取り付けプラグコードをつけました。




ボンネットの開閉が気になるのでボディを少しいじります。
サーフェーサーを吹いた後、後部ボンネットにヒンジをこの段階で接着しました、
さてスムーヅに動いてくれるかどうか?






動きました。
開閉も問題ないようで一安心です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タミヤ アルピーヌA110 1回目 | トップ | 松原正樹の「HUMARHYTHM II」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クラキン)
2016-11-27 12:02:04
プラグコ-ドがちゃんとプラグキャップに繋がっているところが凄いです。このプラグキャップ(黒っぽい部分)はキットのパーツなんでしょうか。
ボンネットフードの開閉も成功されて、完成後もフードを開けてエンジンをちゃんと見られるわけですね。
私のヨタハチなんか手抜きで脱着式です。(笑)
Unknown (酒好きオヤジ)
2016-11-27 18:20:56
クラキンさん

こんにちは
プラグコードのキャップはコードの先を艶消しの黒で塗っただけです。
ちゃんとした部品にするには小さすぎて目がついていけません(笑)

開閉はヒンジにだけ接着剤が付くようにしないと逆に固定されて開閉しないので気を使います。
まずは一つクリアといったところです。

コメントを投稿

制作記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。