あんこらな日々

毎日の記録の様なものに・・

坂の途中の家 角田光代

2017-06-17 12:37:33 | 読んでみました
「八日目の蝉」以来の角田作品です。

事実はひとつだけ、真実はその人の数だけ。
主人公の「里沙子」は
その後、どんな毎日を過ごしているのか
とても気になります。


どなたかも書いていらっしゃいましたが、
ぜひとも男性に読んでいただきたい一冊です。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝 | トップ | ランス美術館展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。