試してみよう!! からだの初期化

健康の維持・増進を図るための偏りのない、理想的な運動法を素人なりに考えていきます。

閑話休題36漢詩を読む ドラマの中の漢詩22 『宮廷女官―若曦』-10

2017-04-23 15:13:14 | 漢詩を読む
ドラマの展開を見ます。今回の主人公は、差し詰め第十三皇子で、なるほど“命知らず”と言われているわけだ、と納得させられます。

先に紫禁城での‘中秋の宴’において、若曦が毛沢東の詩を詠じて、危うく難を逃れ、逆に康熙帝から褒美を賜る場面を見ました(閑話休題32)。その後、宴の中で、康熙帝は、第十皇子に対して、「歳の頃もよし、明玉を嫡福晋に」とのお勧めがあった。

胸中に若曦への強い想いがある第十皇子は、言を左右にして何とか断ろうとする。宴の場が険悪な空気に包まれる中、第八皇子らのとりなしで不承不承ながら「お受け致します」と。皇帝の言葉は絶対で、逆らえば反逆罪に問われるのです。

第十皇子と明玉の婚約成立の機を境にして、若曦と第十三皇子は一見暗鬱な日々を送っているように見えた。特に、若曦は、以後、数日間は床に伏してしまうほどである。

周りの人々は、若曦が第十皇子を、第十三皇子が明玉をひそかに想っていたのではないかと訝る。若曦と第十三皇子の当人同志でさえ、お互いに相手に対して同様の疑念を抱いている。実際は、彼ら二人は、それぞれ別の悩みを抱えていたのである。

後日、第十皇子と明玉の婚儀の披露宴の折、「ともに傷心か!付き合え!」と、第十三皇子は、若曦を抱えて、馬に跨り、山中に入り、焚火を焚き、酒を酌み交わしつつ、飲み明かす。二人して婚儀の披露宴をドタキャンしたのである。

酔うほどに、若曦は、「私はこの時代の人ではありません。300年後の現代人です」と告白する。第十三皇子は「???」。話は弾み、第十三皇子は、若曦の話に完全に感化、洗脳(?)されたようである。

後ほど、第十三皇子が第十四皇子に向かって、「“自由と平等”という思想を知っているか?人間は生まれながらに身分の貴賤や民族の区別はなく、思うがまゝに人生を送れる。天子でさえ運命を決める権利はない。」と、語る。

対して、第十四皇子は、「有り得ない!儒教の教えに反する。反逆罪で、斬首に値する。すべては天子が決めるのだ」と一蹴する。第十四皇子のこの考えは、当時(清代)の、恐らく、絶対的な“思想”であったろう。

第十三皇子が、同時代人に対して吹聴することができる程度に、“自由平等”の思想を理解できた、という事実は、彼が“命知らず”と言われる所以の一面を表しているように思われる。

別の機会に、「楚の襄王に夢あれど神女に心なし」、と若曦が第十三皇子をからかう場面があった。対して、皇子:「自分が明玉を好きだと思っていたのか?」。若曦:「では何故婚儀の夜、つらそうにしていた?」;皇子:「母の命日だった。古いことで、陛下は忘れていた」と。第十三皇子が暗鬱な日々を送っていた理由である。

この若曦の引用句「楚の襄王に夢あれど神女に心なし」には解説が要る。この句は、戦国時代末期の楚の国の詩人、宋玉(ソウギョク)(BC290~BC223)の作品『神女賦』に拠る。この賦の内容は概略次の様である。

楚の襄王(第21代;BC298~BC263)と宋玉が“雲夢(ウンボウ)の裏”で遊んだ折、襄王が昼寝をした。そこで夢の中に、非常に美しく、身のこなしが雅やかで、高貴な感じの一女性・神女が現れる。襄王はすっかり虜になり、誘いをかけるが、神女からそっぽを向かれる。

つまり、先の句は、俗に“片思い”という意味で使われているようである。勿論、宋玉の『神女賦』の意味するところは別にあるようですが、その点は後に触れます。なお“賦”とは、“韻を踏む文”で、屈原以来発展した文学形式で、宋玉はその大家である由。

実は、宋玉には『高唐赋』と呼ばれる作品があり、これは『神女賦』に先立って作られたようです。この作品の内容は、後世の漢詩と深い関連があるので、少し詳しく見て行きます。

宋玉は、楚の国の政治家で詩人の屈原(BC343?~BC277?)の弟子と言われている。屈原は、王族出身の人で、外交の才に勝れていて、懐王(第20代;BC328~BC299)の信任が厚かったが、誹謗する者がいて、国から放逐された。

国を追われた屈原は、南方をさまよったあげく、洞庭湖に注ぐ湘江の支流、汨羅(ベキラ)川の淵に身を投じた。その命日は、旧歴5月5日、屈原を祀る行事で、わが国でも“端午の節句”として今日名残をとどめている。

宋玉の “高唐赋”は、かなり長い作品であるが、後の世ではその“序の部”が有名になっています。その概要は以下の通りです。

襄王が宋玉を伴って雲夢の裏の高唐(コウトウ)の館に遊んだことがあった。巫山の楼台の上を見上げると不思議な雲が掛かっていて、立ち昇るかと思うと、急に姿を変え、変幻極まりない。そこで襄王は宋玉に

「これは如何なる雲か?」 と訊ねると、宋玉は、

「これは朝雲(チョウウン)と申します。」と言った。さらに襄王は、「朝雲とはどういうことか」と問うと、宋玉は以下のように解説した:

昔、先王が高唐に遊んだ時のことである。饗宴のはて、少々疲れたので、しばらく横になって昼寝をした。うとうととまどろんで、夢とも現(うつつ)ともつかぬうちに艶(あで)やかな一人の女性・神女が現れた。

神女は、「私は巫山(フザン)に住む者ですが、高唐に来てみると、貴方様もここに いらっしゃると聞きましたので、参りました。 どうか枕をともにさせてください。そこで先王は、同衾してその女性を寵愛した。

やがて別れの時が来ると、その女性は、「私は巫山の南の嶮に住んでいますが、朝(アシタ)には雲となって山にかかり、 夕には雨となって山に降り、朝な夕なあなたの傍にまいります」 と言って、姿を消した。

不思議な夢から醒めた王が、翌早朝に巫山の方を眺めてみると、夢の中の神女が言った通り、巫山には美しい光をうけた朝雲が漂っていた。王はその神女を偲んで廟を建てさせてこれを「朝雲廟(チョウウンビョウ)」と名付けた、と。

興味を引くのは、夢見る王が、“高唐赋”では“先王”であり、『神女賦』では“襄王”となっている点です。宋玉は、「先王は、子孫繁栄、五穀豊穣で国を富ませ、一方、襄王は、その逆である」と批判する意図があったものと解釈されています。

後世、この“高唐赋”の序文を基にして、“巫山の夢”、“高唐の夢”、“朝雲暮雨”などの四字術語、または“朝雲”、さらには“朝”や“雲”、“雨”などの一字で、男女の親しい関係や情交を表現するようになっているのです。(本文はつづく)

上記の『 』で囲んだ部分の原文と読み下し文を参考までに下に示した。

xxxxxxxxxx
高唐赋 并序(抄)  宋玉

<原文(部分)>
昔者先王嘗遊高唐、怠而昼寝。夢見一婦人、曰、
「妾巫山之女也。為高唐之客。聞君遊高唐,願薦枕席。」
王因幸之。
去而辞曰、
「妾在巫山之陽,高丘之阻。旦為朝雲,暮為行雨。朝朝暮暮,陽台之下。

<読み下し文>
昔(ムカシ) 先王 嘗(カツ)て高唐に遊び、怠(オコタ)りて 昼寝す。夢に一婦人見えて、曰(イワ)く、
「妾(ショウ)は巫山の女也。高唐の客と為(ナ)る。君 高唐に遊ぶを聞く,願わくは枕席(チンセキ)を薦(スス)めん。」
王 因(ヨ)って之を幸とす。
去るに辞(ジ)して 曰く、
「妾 巫山の陽,高丘の阻(ソ)に在り。旦(タン)に朝雲(チョウウン)と為(ナ)り,暮に行雨(コウウ)と為る。朝朝暮暮(チョウチョウボボ),陽台の下。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閑話休題35漢詩を読む ドラ... | トップ | 閑話休題37漢詩を読む ドラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

漢詩を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。