庭にいます。  -ときどき街中にも-

旧タイトル「街中の案山子」です。
庭にいる時間がめっきり増えたことから、タイトル変更しました。

昨日の東京都知事の記者会見。

2016-10-01 10:38:14 | 社会問題
就任後2回目の会見とのこと。

14時過ぎから1時間。民法がLIVEで放映していたので、9割方をテレビで見ることができた。テレビの効用ですね。

わかりやすい説明を順を追ってなさっていかれるところに、拍手。

さぞかし(時間的ズレ、担当区域差が入り混じった)処々からの弁解満載の説明もあったろうけれど、それを、パネル数枚ら整理に至るまでには、全体像の理解、状況把握がないとできないことだったでしょう。

新知事になったというのは、政権交代したようなものです。自分がやってきたことではないから、これまでの不始末も弁解なしで見ることができる立場にあります。もちろん、都の運営の当事者、代表者になったわけだから、暴くのは初めの一歩です。長年の政治家経験もおありの小池さん、これをどうかじ取りしていかれるか、興味深いです。

初の女性都知事。財政規模でいうとスェーデンの国家予算に相当するらしいです。
舛添えさんの辞任劇以降、一番最初に名乗りを挙げた候補です。覚悟、やる気は期待できます。

出る杭は打たれる。彼女への風当たり、バッシングはあふれていました。
すごいなぁ、と思います。
打たれる杭になることをヒヤヒヤしてしまう自分を知っていますから。
同世代の女性が、ヨーロッパの一国にも相当する都を率いて、目白押しの大プロジェクトに向かっていく。
勇気をもらえます。彼女に比したら米粒ほどですが。

副知事4人を含む、協議会(名称?)を立ち上げて、昨日の午前中も初会合を持ったとも話していました。
閣議のようなものです。国の閣議は、(小池さん苦笑しながら)役人が作ってきた法案・書面にハンコを押す時間と揶揄する人もいましたが、この立ち上げたチームは、各所で抱えている問題点を共有して、解決策を練るための集まりとしたい、と。
これが大事。ひとりで抱え込むのでなく、チームのほうがパワーも増すし、お互いに責任感も生まれます。

すごくすっきり。
東京丸が、難所を乗り越え、だれが見ても誇れるような航路で邁進していってほしいものです。
予算の増大は極力避けなければならない、なぜならば、それは、都民みなさんのお金なのだから。

ほーんと、すっきり。

ワタシ、都民でないから部外者なんですが、こんなにも怪物のような難問山積なのに、さらりと言ってのけられる小池女史に拍手です。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は監査役。 | トップ | 雨が上がって、庭。 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
間違いを正して下さって、、 (verdavojeto)
2016-10-02 06:56:41
ありがとうございました。
カナダには傘寿もヘッタクレもないので、姉に米寿ですね、と書いた気がするけど、返事が無いので傘寿と書いたかも知れません。
傘と言う字を分析しなかったのが間違いのもとでした。書き直すのも面倒なので取り消しです。

ところで、東京都知事、注目の的でしょうね。何やらオカシな人たちの後始末的仕事になって仕舞いそうな立場にあるのでしょ?頑張って欲しいですね、中傷その他邪魔はアチコチから入るでしょうから。
厚かましくて、ごめんね。 (案山子)
2016-10-02 08:29:41
素敵な墨書を話題になさりたいこともあって、つい、、、かしら、と思いました。笑

かつて、夫の母が「もう古希。古代希(まれ)なり、という年になっちゃった」と電話口でしゃべっていたのが、耳に残っています。私も、あと数年で、、、です。40代になったばかりの私には、聞き流すだけのことばだったのに。今になって、ズッシーンと。笑

小池さんの記者会見、すごいな、と思ってみていました。山積している問題の渦を処理しながら、きっと進んでいくんです。介護の愚痴を語っている同世代がいっぱいいる中で、同世代の小池さんアッパレ!です。抱えている荷物が重いほど、処理した後の達成感は大きいはずです。
活力をもらえます。
訂正 (案山子)
2016-10-02 12:11:12
古代ではなく、古来でした。雑→ワタシ

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL