庭にいます。  -ときどき街中にも-

旧タイトル「街中の案山子」です。
庭にいる時間がめっきり増えたことから、タイトル変更しました。

映画『マンスフィールド・パーク』をみる。

2017-06-13 15:32:21 | 本・映画・テレビドラマ・絵・音楽
1999年製作のイギリス映画。
ジェーン・オースチンの長編小説を原作としている。
時代は1806年から始まっている。★★★★
ネット検索した情報では小説は1814年に刊行されたとある。
そのころの日本の女性作家は、、、俳句の加賀の千代女とか?…不勉強で知りません。

きっとイギリスのサッチャー元首相やメイ首相なども読んでいる小説なんでしょうね。

きらりと光る女性、まだ階級社会のルールではけむったい存在だったけれど、なぜか周りの男性たちも、彼女の聡明さ気づき、賢さを疎まない。
貴族の主バートラムはインドで事業をすることで長男と同行するが、繊細な長男は奴隷制の現実を受け入れられずに、スケッチにして持ち帰る。そのスケッチがさらりと画面にも写るけれど、性的虐待には耐えられない悲惨さ。オースチンも奴隷制度の告発という視点も書きたかったのでしょう。

それにしても主人公のファニーは聡明。翻訳したセリフを聞いているわけだけれど唸る。

そんな、理屈を通した生き方しかできない彼女が幸せをつかんでエンド、だからさわやかな映画だった。

宝石屋さんに行かなくても、自宅が宝石屋のようなものです。
60インチの大画面で連日チョイスできるのですから。
凄いご褒美をもらっているようです。

わたしとしては、いつものメンバーとの映画鑑賞会の候補作品です。

実は銀行の後に洋服屋さんに立ち寄ったのですが、手ぶらで帰りました。
なんだかほしいものがないのです。体形に合わないからでしょうけれど。トホホ






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一応提案してみました。 | トップ | 「淳之介さんのこと」文春文... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL