できる人のIT活用事例

携帯電話やパソコンといったIT技術にどこか違和感がありませんか? 本当にその先進技術が生活の中で生かされていますか? 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHKオンデマンドでもう希望の番組を見ただろうか?

2008-12-04 | Weblog


KEY WORDS : On Demand TV : NHK On Demand : NHKオンデマンド : 厳しい利用条件


▲NHKオンデマンドの申し込みサイト 見たい番組が整理されている 

ついに実現かと期待をふくらませた

この12月1日からパーソナルコンピュータで古いNHKの番組が見れるというニュースは、前から期待していた。オンデマンドというから、こちらの注文どおりの番組が好きな時間にということだろうし、PCのみならず、PCとTVモニターをつなげておけば、大きな画面でも視聴できる。それにTVでは圧倒的に見直したい、あるいは見忘れた番組はNHKに多い。おそらくかなりのニーズがありそうだし、筆者のような録画予約などしないずぼら人間にはありがたい企画だった。

評判の悪いNHKの二重取り

これまでNHKのTV番組を見直すには、ビデオテープやDVDに録画した番組を購入するか、ときおりアーカイブからの蔵出し番組を深夜に見るくらいだった。このビデオやDVDは、NHKのグループ会社が製作し、販売する。一度お金を取って放送した番組をもう一度高価な値段で販売するNHKの二重取りは、評判が悪かった。予約録画する労を惜しんだ人間の弱みに付け込むのは、公共放送局のやり口とは思えない。この批判に応えるのが、今回のオンデマンド放送かと、実は筆者は思っていた。

懇切丁寧な番組の分類

番組は「見逃し番組を選ぶ」「特選ライブラリを選ぶ」「特集/オススメから番組を選ぶ」「ランキングから番組を選ぶ」「ジャンルから番組を選ぶ」「番組名/シリーズから番組を選ぶ」と懇切丁寧に分類して、選択できる。あまりあれこれ選んでいると、生活時間が食われてしまうので、「ジャンルから番組を選ぶ」辺りからスタートする。「特選」「オススメ」「ランキング」など余計なお世話は願い下げにしたい。視聴者にいろんな人がいるのをNHKはもっと謙虚に考えてほしいなあ。

▲会員登録は簡単に完了する

つまずきは手続きが終わってから

手続きはすんなりと進む。最初に引っかかったのは「デモムービーを見る(3分27秒)」。これが受信できないのだ。再現モニタ画面には、いくら待ってもムービーは姿を見せない。そこは軽薄派人間の常で、まあこんなこともアリかと、無視して先に進む。とりあえず注文する番組はイタリア語会話ヴェネツィア編にした。IDやPSWを設定しクレジットカードなどの手続きも終わって、諒解のメールも着き、いよいよストリーミング放送を待ち受けた。だがここでも番組は始まる気配がない。

▲デモムービーがまったくダウンロードできない

なんともあわて者の大失態

もうお察しであろう。最大の原因は、受信するこちらの環境が十分整っていなかったのだ。だいたいマニュアルの類はくどくどと書かれることが多いので、斜め読みする悪癖がついている。NHKが要求している環境は、「CPU」「JavaScriptの設定」「CookieとSSLが利用可能」「再生ソフトウェアバージョン」「回線速度」「OS」「画面解像度」「Webブラウザバージョン」……と多岐に及んでいる。この細かい要求はいいが、まさかこれほどとは思わなかった。

経済・地域格差に悩む人は置いてきぼり

「OS]くらいなら大概のユーザーが知っているが、他の「回線速度」「画面解像度」「再生ソフトウェア」「OS」「画面解像度」などの数値を正確に記憶しているだろうか。まして「JavaScript」「Cookie」「SSL」などどこ吹く風である。こうした環境は、筆者のようにわざと1世代遅らせてPCを購入し、長く利用するタイプ、さらに田舎に押し込められた人種にはむずかしい要求なのだ。東京で3D映像やアニメをレンダリングし、実写映像を編集したPCの類は、身の周りに置き、光通信と接続することさえできない。

▲必要なスペックを冒頭に大きく出してほしかった

恥ずかしながらわがPCの身上書は

念のために調べてみると、要求されたスペックで揃っていないのは、「CPU」のIntel(R) Celeron(R) M processor 1.40GHz、「回線速度」の受信最大速度7.2Mbpsである。他のスペックは、その都度バージンアップしてあった。CPUは古く安い機種だから、PCを買い換えるしか仕方がない。通信速度は田舎に来て10ヵ月、この8月にやっと無線が通じたPCカードタイプ。E-MobileだってFormのHIGH-SPEEDだって、要求の「12Mbps以上」に対し、「下り7.2Mbps」ではるかに足りないのである。

画像も届かずお金も返らず

うーん、「世界遺産100 第1期 全5巻セット」や「アインシュタインロマン 5.E=mc2」などあれこれ発注しなくてよかった。「デジタルコンテンツの性質上、返品・キャンセルには応じられません」(NHK)だから、画像も届かず、お金もむだになった。このままですますほかないが、もう少し打つ手があるかもしれない。その打開策は、話が長くなったから次回にしよう。田舎住まいの、古いPCユーザーの諸君、もうNHKオンデマンドのストリ-ミング放送を堪能しただろうか?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« docomo新製品ラインナップと... | トップ | ストリーミング配信がだめな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL