医療用ウィッグを使い始めるときに起こる脳の錯覚とは? 長野県 乳癌 抗癌剤治療 医療用ウィッグ・医療用かつら by ヘアーサロン オオネダ

2017-02-12 07:52:31 | ご相談・悩み
おはようございます。大根田裕一です。


先日、お昼頃、某スーパーに買い物に行ったんですよね

急いでいたのとチョッとした買い物だったので、

空いているレジを探して直ぐに帰ろうと思って

その空いているレジに向かおうとしたら別の男性が先に行ったんです。

で、最初から何も持たずレジに居た若い男性と何やら話をして別のレジに移ったんです

どうしたんだろう?って思っていたら

若い女性と2メートル弱くらいありそうな男性がカートを押して走ってくるんです

そのとき、気がつきました

ていうか初めて見ました。

レジの順番待ちって言うのか、場所取り。。。

今でもその3人の顔を覚えています(笑)



さて、昨日は抗がん剤治療の副作用で髪が抜けてきたとき

どのタイミングでウィッグにすれば良いのか

を書いてみました。



今日は、ちょっと追記しますね



ウィッグにするタイミングですが

一番の問題っていうのかな?

髪の抜け具合?抜け方?だと思うんです



実際、病院で「髪が抜けますから。」

って言われても、

どのように抜けていくかまでは分からないんです。。。



なので、円形脱毛のように、大きくゴソッと抜けてしまう場合もあれば

今の髪型のままボリュームだけが減っているような

そんな抜けた方をする方もいらっしゃいます。



後のように、ボリュームが減るような感じの抜けた方の場合

自分の気持ち次第ではあるのですが

ウィッグを使わなくてもしばらくは自分の髪で過ごすことが出来ると思うんです



ただ、、、

そのとき一つの問題点があるんですよ

問題点って言って良いのか分かりませんが、、、



それは髪が少ない自分に慣れてしまうこと。



目?脳?が、元々、そのボリュームだったと

記憶がすり替わってしまうんです。



するとどうなるかと言うと

例えば、ウィッグを作るときは毛量があるので

ウィッグの毛量をそのくらいにしておいたとしても

実際に使うときは、脳が錯覚?をしているので

「こんなに髪が多くなかった」

って思って違和感を覚えてしまうんですよね、、、



そのために、もっと毛量を減らして欲しい

って思ってしまうんです



実際に、そういうことが多いんですよ

でもそれって、その方が悪いわけじゃあないですよ。

念のため



人間の脳っていうのか

目というのか

そういう仕組みになっているんですから



なので、毛量を減らすのではなく

自分の頭の中では違和感があると思いますし

直ぐに慣れることはないと思いますが

その違和感に慣れる時間も必要になってくると思うんです



正直、どのくらいの期間というのは言えないのですが

実際に、多くの方が、実感してくださっているんです。



この部分っていうのは

正直、僕自身もどうしたら良いのか悩むのですが

時間が必要なところなので

待つしかないんですよね



で、その上で

「もう少し(ウィッグの毛量)減らして欲しい」

とかあれば対応させていただくようにしているんです。



何しろ一度カットしてしまうと

二度と伸びてきませんからね、、、




長野県にお住まいで
『医療用ウィッグが必要になった』
そんなとき、先ずはお電話でご予約ください。
その際「医療用ウィッグのことで聞きたいのですが」と言っていただけば大丈夫です。
TEL:0265-72-5479

ホームページ
http://www.janis.or.jp/users/elevage/

お知らせ
松本のアトリエの場所ですが、「ニトリ松本店」ではなく「ニトリ松本高宮店」を目印にご来店ください。

←皆さまの応援、いつもありがとうございます。

ウィッグ生活に関するお役立ち情報はこちらをご覧ください
http://goo.gl/Vr4WY3

松本アトリエ アクセスマップ

オオネダ伊那店 アクセスマップ

Facebook(サロンページ)
https://www.facebook.com/oneda.ep

Facebook(プライベート)
https://www.facebook.com/yuichi.oneda.3


にほんブログ村 病気ブログ 医療用ウィッグへにほんブログ村 ←こちらもよろしくお願いします


2月のお休み

6日(月)・7日(火)・13日(月)・19日(日)・20日(月)・27日(月)

blogram投票ボタン←こちらもポチッとお願いします

ありがとうございました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

オオネダでは伊那市、松本市で抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために
医療用ウィッグで今の髪型の再現をするとともに、
今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。
また、脱毛前の自髪のカット、治療後の自髪のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正などの対応もしています。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗がん剤治療の副作用で髪が... | トップ | 抗がん剤治療の副作用で髪が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。