パソコンサロン通信

  パソコン市民IT講座 府中第2教室 パソコンサロン府中

■アマリリスの花が咲きました!

2017年03月21日 | 園芸部/生徒様ガーデン

先月、生徒様にアマリリスの鉢を4鉢も頂戴し、陽当りのいいベランダ近くの窓辺で育てていました。

育てるといっても、箱から出してごく少量のお水をあげて、陽がまんべんなく当たるように時々鉢を回してあげているだけ。

水やりも芽や葉っぱが出てからで、その後も2週間に一度の水やりで良いそうで、逆に大丈夫かなと心配してしまいます。

4鉢のうち1鉢だけはとても成長が早く、ぐんぐん背丈を伸ばしてついに大輪の花を咲かせてくれました(^^♪

今回咲いたのはアマリリス「エクスポーサー」という品種です。おしべの先の葯を取り除いた方が開花してから長持ちするそうで、写真に写っている葯は切り落としました。

アマリリスの花言葉

『誇り』『内気』『おしゃべり』『強い虚栄心』『すばらしく美しい』

アマリリスの花言葉は、ギリシャ神話に登場する羊飼いの少女アマリリスのエピソードに由来しています。羊飼いの少女アマリリスは、同じく羊飼いの少年であるアルテオに思いを寄せていました。しかし、アルテオは花が好きだったため、花を届けてくれる別少女に恋をします。彼を振り向かせたいアマリリスは、神様にお願いをして、ある日1本の矢を手に入れます。その矢で自らを傷つけ、流れ出た血からとても美しい花を咲かせます。その花の美しさに心奪われたアルテオは、アマリリスを好きになり、咲いた花はアマリリスと呼ばれるようになりました。

この神話から、花の美しさにちなんで「すばらしく美しい」、アマリリスが話好きであったことから「おしゃべり」、自らの血で美しい花を咲かせたことから「誇り」「強い虚栄心」という花言葉が生まれたといわれています。

次はどんな色のアマリリスが咲くのか、お楽しみに♪

パソコン、iPad、デジカメ、スマートフォンの基礎から活用まで楽しくできる! 東京都府中市 パソコンサロン府中

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■今日はひな祭り | トップ | ■TVer(ティーバー)ご存知で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。