東京蹴球日記 since 2005

フットサル・サッカーを愛する田舎育ち青年の成長を描いた自己満足日記

マンモス遭遇in豊橋。

2006年05月03日 | 時事ネタ
去年の愛・地球博で、多くの注目を集めたユカギルマンモスが
地元豊川市のお隣の豊橋市の自然史博物館で、期間限定で展示されてる。

豊橋市制100周年の記念イベントだそうで、
愛・地球博には行ったが「マンモス鑑賞4時間待ち」に
心折られて諦めた自分としては、この機会を逃すと一生見れないと思い
豊橋へ旅立ってきた。

豊橋自然史博物館は。動物園や遊園地と一緒になってるテーマパークで
実は子供の頃、何回も遊びに来てた。
最後に来たときから、たぶん12、3年は経ってる。
所々は見覚えあるんだが、
「あれ?ココこんなだっけ?」っていう場所が多かった。
年をとったわい。

肝心のマンモスには1時間待ちくらいで入れた。
万博みたいに、動く歩道に乗せられることもなかったので
マンモスはゆっくり見れた。
頭だけだったけど思ったより保存状態が良くて驚いた。
あれが氷河の下で何万年も眠ってたと思うとすごい。

ホントは写真に収めたかったが、撮影は禁止されてたので
同じ場所にあったレプリカを写真に収めといた。

ドラえもんフリークとしては、ここで頭が割れて
タイムパトロールの飛行機でも出てきてくれたら涙もんだった。

すんません。何のこっちゃ分かんないっすよね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京駅構内を全力疾走。 | トップ | TVで聞く俺の方言。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。