さあ、踊りで更生だ! ~ 不良中年と呼ばれて。

踊り手の日々想う色々しのごの。ハット気づいたら、インド。
腹出し師日乗 vol.4 てとこ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DNA オブ ジャパーン!~卵ごはんと東本願寺とピコ太郎の年の瀬。

2016年12月31日 | ぐるぐるインディア!
<前回までのあらすじ>

あばよ。


ちうわけで、2年ぶりの晦日@ジャパーン。

ええですね、日本の年の瀬。
何がって、いまさらながらですけど道がきれい。
牛のフンフフーン♪などが落ちていない安心して歩ける道。

そして、だしの味。動物性蛋白質!
毎日卵ごはん。
安心して食べられる生卵。
プシュカルのみならず、インドでありえない生の卵。

夢の国ですよ、ジャパーン。

そして、2年ぶりの紅白歌合戦!
大して面白くもないが、見ずにはいられぬネタの源泉。
暖かい部屋で、蕎麦すすりながら

「なんでこの人出てんの?」

「この人、来年はいないよね。」

などと必ず言うのがジャパーンの風物詩。
何より今年は、プシュカルで旅人から聞いていた『ピコ太郎』を見られたのが豊作。

ピコ太郎?誰それ?

などと、プシュカルのゲストハウスの中庭で言っていたのは今月初旬。
旅人は鼻で嗤いながら「知らないのぅう?」と放言し

パイナポー、ペーン♪

<ここで貼っとこか> ピコ♪

平成のトニー谷か。

と、旅人はどこが面白いのか全くわからん謎のパフォーマンスをかましたのも記憶に新しい。
いいもん。もう知ったからアポーペーン。


しかし、今回は2カ月という短期滞在(当社比)だったせいか、帰ってきた感慨が薄い。
関西(実家ですな)とインドがあまり変わらん(当社比)せいか。
ナドト思っていたのだが

東本願寺の、あの八の字の、焦げ茶色の屋根!

これぞジャパーン!な感じの日本家屋!

あれを見た時初めて、あ~、帰ってきたなぁ、と思ったですよ。
なんだかんだ言って、DNAはジャパニーズ。
インドかぶれでもなんでもない、ジャパニーズ。

これで、いい。

<来年も夜露死苦!> 来年の抱負は 『ゴージャス☆』だっ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« けーる。 | トップ | 短い冬休み ~タール砂漠の果... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。