さあ、踊りで更生だ! ~ 不良中年と呼ばれて。

踊り手の日々想う色々しのごの。ハット気づいたら、インド。
腹出し師日乗 vol.4 てとこ。

肉曜日のジャポネスク。

2017年03月19日 | ぐるぐるインディア!
<前回までのあらすじ>

肉曜日だから~♪ るるるるるるう~♪


<ヨッ!> 久しぶりのふみよし。

最近あまり来なくなっていたのだが、チラッと遊びに来た。

推測だが、嫁のふみが卵産んだんぢゃなかろうかと。
交代で卵あっためているに違いない。

嘴黄色いジュニアを連れて、また来てくれぃ。


ちうわけで、1ヶ月ぶりの肉曜日だっ。
しかし、今日に限って母マスオ(プシュカルの樹木希林)が

(`・ω・´) うちで昼飯喰うていけっ。

とお申し出下さり、これまた想定外。
希林はベジタリアンゆえ、バカ正直に

(∩´∀`)∩ 今日はアジメールに肉食べに行きますん~。

などとは口が裂けても言えないのだ。

また、マスオハウスの家庭料理は旨い。
好みがあるので一般的にはどうかだが、旨い。

ラジャスタニー料理らしく、油ゆんゆんスパイスどっさり、炭水化物9割だけど。

なにも肉曜日にこんな展開にならんでも… 肉の怨念か。

<こちらは以前御馳走になった夕食> ここでは食事すら戦い。

チャパティとインド米と、野菜カレーとほうれん草のサブジ(カレー味の炒め煮)。
レストランでは食べられない御家庭の味。うまうま。

しかし、油断すると希林がやってきて

ホレッ(`・ω・´)つ 〇

すかさずチャパティを投げてくる。
断ると不機嫌になる。

もしくは、お玉ですくった米を皿に投げ入れてくる。
断ると不機嫌になる。

そして、粉もんと米のダブル攻撃は、確実に腹が出る。

<インド来て太るって、おまぃさんも通だねぃ> 本日のいつもの面子。

最近暑いから、日陰を探して地味に移動している。

さすが砂漠の遊牧犬。

<おば似なんですぅ> 手の角度をご覧ください。

上記の、お行儀の悪い雌犬ちゃんの妹さんと同じ角度。


こうして、やっと肉にありつけた。
味を楽しむ余裕もなく、ひたすら

栄養だ栄養だ栄養だ栄養だ栄養だ…

そんな感じで噛む肉。
マサラまみれの、レアもミディアムレアもない、よぉーく焼けた肉。

これもまた現地修行ならではの経験ではなかろうかと、噛みしめる肉。

<いーなー、何の肉食べたん?> 本日のお笑い母子。今日はハンバーグにしましょうね♪とか言ってる顔の母。

だんだんヒトに見えるようになってきた。


肉噛みながら見えてきた。
「現地で修行する」ということのエスプリが。

稽古そのものよりも、それに付随するサムシングが肝なんじゃないかと。


現地飯で無駄に腹肉つけたり

そのくせ栄養失調で苦しんだり

師匠の頓狂に振り回されてムキョーとなったり

クラスの、困った異邦人に呆れたり

現地の生き物に恋したり失恋したり

「現地ならではの想定外」で芸が鍛えられていくのではないか。


そして私に関して言えばだが。
インド化どころか、どんどんジャパニーズとしてのアイデンティティが深まるのを感じるのだ。
ジャパニーズとしてのプライドが固まってきた感、といふか。


たぶん、今迄よりも日本人らしくなって帰ることだろうな、と。


<ある意味エキス染み込んできたのかもしれぬ!インドエキス配合で、つづく。>





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 繰り返す、繰り返す、肉のさ... | トップ | 夜見る牛の哀切 ~昼の顔とは... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。